ご利用の皆様へ

治療法 Pick up

当センターでは多岐に亘る心疾患の診療を行っています。
各疾患について当院で受けられる特徴的な治療法を詳しくご紹介しています。

TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)

大動脈弁狭窄症(心臓弁膜症の一つ)に対する新たな治療法です。これまでの治療法と異なり、開胸して心臓を止める必要のない場合がほとんどの治療法です。身体的負担の大幅な軽減により、高齢の方や合併症を持った患者さんで従来の手術は難しいとされていた方でもTAVIが可能な場合があります。

MICS(低侵襲心臓手術)

主に心臓弁膜症に対する新たな治療法です。通常、心臓手術の場合は胸の真ん中の胸骨を切開して手術を行いますが、胸骨を全く切らない、もしくは半分だけ切って行う手術がMICSです。創が小さくなり、身体への負担も軽くなることで、これまでより早期での社会復帰が望めます。

カテーテルアブレーション

特定の不整脈に対して、主に局所麻酔で足の付け根の皮膚から血管を介して心臓に挿入したカテーテルで治療を行う方法です。不整脈はその種類によっては無症状にも関わらず、重症度が高く発作性の危険な不整脈の場合もあり注意が必要です。

ハイブリッドEVT

末梢動脈疾患に対する新たな治療法です。従来の治療法である、外科手術(バイパス手術)と血管内治療(カテーテル治療)のメリットを組み合わせたものです。手術時間が短縮や身体的負担の減少、入院期間の短縮などが望めます。

MICRA(リードレスペースメーカ)

心拍数が遅すぎる“徐脈性不整脈”で失神などの症状を伴う場合、従来はリードと呼ばれる電線がついた永久ペースメーカの埋め込みが必要でした。このリードレスペースメーカとは、リードがないカプセル型のペースメーカで、体内に埋め込むことで、ペースメーカ本体を意識せず生活することが可能です。

心不全緩和ケア

心不全は良くなったり悪くなったりを繰り返しながら進行していきます。進行すると、呼吸困難や倦怠感、不安、抑うつなどのさまざまな症状を伴い、生活の質を損なってしまいます。心不全緩和ケアでは、心不全の治療は継続しながら、生活の質の維持や改善のために多面的な治療を行っていきます。

PTSMA(経皮的心筋焼灼術)

強い息切れや失神などを引き起こすこともある『閉塞性肥大型心筋症(心筋症の一つ)』に対する治療法のひとつです。カテーテルにより分厚くなり過ぎた心筋を減らす治療法です。開胸せず、身体への負担が少ないほか、ペースメーカの植え込みが不要などの特徴があります。