当センターについて

部長あいさつ

心臓血管外科 部長 内田孝之

内田 孝之

 当科は、1988年に現在の名誉院長 田中二郎を初代部長として開設以来30年間、心臓・血管に関する外科治療全般を行って参りました。その間、現在の特任副院長 安藤廣美が第2代部長、そして現在、私、内田孝之が循環器病センター長と兼任して第3代部長を努めさせていただいております。
 当科での治療領域は、心臓・大血管・末梢血管にわたります。心臓では①弁膜症に対する弁形成術、弁置換術、②虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)に対する冠動脈バイパス術、左室破裂など心筋梗塞合併症の修復、③不整脈に対するペースメーカや植込型除細動器の植込み、また心房細動の外科的心筋焼灼術が主な手術となります。また、大血管では腹部胸部の大動脈瘤に対する人工血管置換術あるいは大動脈ステント内挿術、大動脈解離に対する緊急人工血管置換術を行っております。さらに、末梢血管では下肢静脈瘤に対するレーザー治療(日帰りも積極的に行っております)、静脈抜去術、閉塞性動脈硬化症に対するバイパス術、末梢動脈の動脈瘤に対する瘤切除、人工血管置換術などの手術を行っております。
 最近の特徴としては症例の高齢化、合併手術(バイパス+弁膜症、大動脈+弁膜症など)の増加、さらにより低侵襲な治療手技の増加があげられます。もちろん当科でもこれらの傾向に対応し、治療成績の向上を図るべく、より低侵襲な大動脈ステント治療の導入を2007年より開始し、その症例数は現在500例強となっています。また、静脈瘤に対しての日帰りレーザー治療、小切開低侵襲心臓手術(MICS)も導入、さらに2018年9月よりハイブリッド手術室が稼動開始し、カテーテル大動脈弁置換術導入も準備中です。
 また不整脈デバイス(ペースメーカ、植込型除細動器)植込み、下肢閉塞性動脈硬化症の治療では循環器内科との内科外科合同治療を多く行っており、現在準備中のカテーテル大動脈弁治療も内科外科合同でのチーム医療として取り組んでいます。
 しかし、治療として低侵襲化も重要ですが、75歳以下の若年症例では遠隔期QOLまで見据えたより根治性の高い治療法の選択も重要と考えています。標準的治療と低侵襲治療の適切な選択に加え、現在は①心房細動合併症例に対する積極的な外科的焼灼術併施による心房細動治療(脳血栓予防のための左心耳閉鎖術も含む)、②自己弁温存弁形成術、動脈グラフト使用による術後抗凝固剤、抗血小板剤の減量、不要化などの取り組みを行っております。
 心臓血管外科手術においては、手術そのものに加えて周術期の多職種連携でのチーム医療、遠隔期の患者さんのフォローも非常に重要となります。幸い当院では周術期の365日毎日リハビリテーションの施行、医師や看護師に加えて理学療法士、管理栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーを交えた多職種回診・ミーティングを行い、最大限の術後回復サポートを行える体制となっております。
 また、当科外来は電話トリアージと完全予約制で、一人ひとりの患者さんに適した予約枠の設定、待ち時間の極力短縮に心がけています。また心臓ペースメーカ外来では受診案内、データベース整備の徹底により延べ600人以上の患者さんのフォロー率95%以上を維持しています。
 さらに大動脈瘤治療の一層のアクセス向上、治療成績向上のため、当科には大動脈治療センターも併設しています。大動脈瘤治療のお問い合わせ、受診予約などをすべて電話一本のアクセスでお受けして、適切な対応・治療を目指しています。
 ①常に技術を磨き続ける強い意志、②患者さんや周囲のスタッフへの優しさ、③困難な状況を乗り越える強い心と身体、の3つを常に大事にして、今後も筑豊地域の心臓血管病の外科治療に取り組んでいきたいと思います。

循環器内科 部長 井上修二朗

井上 修二朗

 当科の特徴は、地域連携にて筑豊地域全域よりご紹介いただき、数多くの循環器救急患者が来院されていることです。重症度も高く、高度急性期病院としての役割を果たすべくスタッフ一同、日々努力しています。
 また、当科の強みとしては、狭心症や下肢虚血患者に対する血管形成術、頻脈性不整脈に対するカテーテル治療(アブレーション)、重症心不全に対する薬物療法・非薬物療法など、全ての循環器領域に対応可能であることが挙げられます。
 カテーテル治療については、診療実績も増加しておりますが、安全性と治療内容にもこだわりを持ち鋭意努力しています。増加の一途を辿る心不全患者に対しては、心不全ケア科を新設し、多職種が関わるチーム医療により、生活習慣病の治療・教育に力を入れ、退院後も外来での心臓リハビリテーションを行うことで心疾患の予防に努めています。
 “医は忍術”の精神で、「患者さんの人格を尊重して優しい心で接するとともに、治療内容について十分説明し信頼を得るよう努める」ということを心がけて、患者さん一人ひとりに対する治療の最適化、良質な医療の提供を目指しています。

心不全ケア科 部長 今村義浩

今村 義浩

 循環器疾患における急性期の治療やカテーテル等の器具を使った治療を行うのが循環器内科で、当科は高齢化に伴う心不全パンデミック到来が叫ばれる中、心不全の増悪の予防、終末期医療へ対応を目的としています。
 治療の第一歩は、心不全への正しい知識を持つことです。そこで、心臓病教室の対象を院内患者さんのみならず外来患者さんへも拡大しました。毎週火曜日に開催、心臓病、薬、食事療法、心臓リハビリテーションが学べます。また、運動習慣並びに生活習慣の改善を目的に、外来でも心臓リハビリテーションを積極的に実施しています。心不全を悪化させる睡眠時無呼吸症候群についても、専門外来にて治療しています。また、終末期医療として、心不全緩和ケア導入を開始しており、当院の緩和ケア科と協力し、患者さんに寄り添う医療の提供を目指します。
 患者さんが抱えるさまざまな苦痛に、治療とそれ以外の視点から心不全チームで介入し、軽減できればと考えています。