よくあるご質問

キャリア形成について

Q:研修修了後の進路は?(初期)(後期)

研修医デスク
進路傾向
 初期研修修了後は、約半数の方が後期研修医として当院で引き続き在籍、残りの半数は他の市中病院や大学医局に移籍しています。中には大学院に入って研究を中心にキャリアを積む医師も。それぞれ希望の道に進めるよう、スタッフ一同サポートしますので、お早めにご相談ください。

Q:留学制度はありますか?(初期)(後期)

研修医デスク
全国43病院が会員のVHJ機構(2011年7月現在)
 国内留学、海外留学、どちらもあります。VHJ(Voluntary Hospitals of Japan/「VHJ機構」)に参画している当院には、全国43に及ぶ会員病院(市中病院)とのネットワークをはじめ、当院には、数多く在籍するスタッフ医師を通じて国内外の教育・医療機関とのパイプもあります。
 規約に基づいて手続きや諸条件がありますが、チャレンジしたい方はお早めにご相談ください。

Q:研修中の臨床研究は可能?(後期)

研修医デスク
 もちろん可能です。市中病院としては珍しく、当院では臨床研究部(「医学研究推進本部」へ変更予定)を設置し、新しい検査法や治療法の研究開発を支援するシステムを備えています。
 2010年秋、公的機関からその実績が認められ、研究寄付金を公募できるようになりました。今後は、さらに臨床研究が盛んになることが期待されます。
 具体的には、寄付金及び当院の助成金で臨床研究を支援します(事前審査があります)。また、学術論文を院内独自の評価システムで評価し、特に優秀とされたものには「学術奨励賞」が授与されます。指導医も論文の書き方から指導していますし、研修と研究が同時に進められる環境なので、興味のある方は是非ご相談ください!