初期研修医

先輩の声

小糸 秀

小糸 秀医師
初期研修医 小糸 秀

飯塚病院は筑豊地区人口43万人の医療圏の中で唯一の1~3次救急病院であるのと同時に市中病院という特性を生かしてCommonな病気から重篤な疾患まで多彩な症例を経験することができます。飯塚病院には伝統的に「Shareの精神」が根付いており、各自経験した症例が勉強会は勿論、日常生活のあらゆる場でshareされています。また歴史ある研修病院だからこそできる勉強会や取り組みが数多くあり、血ガス勉強会や救急・外科・小児T&Aでは年々洗練され引き継がれていく飯塚病院独自の教材を用いて各疾患に対する正しい診察法、対処法を学んでいきます。日々の業務や救外では先輩Dr.などから「丁寧なFeedback」を受けることで、症例数が多いだけに疎かになりがちな1例1例をきちんと振り返り、学年が近い先生に指導されるだけにとても刺激を受けます。

またこのような教育環境の基盤には“Patient First”の精神の下、絶えず改善し良いものを取り入れていこうとする病院の姿勢があります。その1例として各科部長が集まり研修医と共に話し合う研修医部会が定期的に開催され、さらにより良い研修環境を求め私たちの意見に柔軟に対応してくださいます。その他にも研修医主体で企画される会議も多くあり、医学的な知識だけでなくいずれ必要となる組織マネージメントにも直接携わっていくことができる点も飯塚ならではであり、多方面で「屋根瓦方式の指導体制」を実感します。

飯塚病院は市中病院にも関わらず各科が揃う大規模な病院であり、またその垣根が低く病院全体で研修医をサポートする体制の整った病院です。だからこそ、各々の自主性によっては何でも学べます。多様なロールモデルがあるため、学生の皆さんが思い描く医師像をきっと叶えられ、また新しい発見、繋がりの生まれる病院だと思います。確かに、研修自体は決して楽とは言えませんが、そのような中でも活き活きとした目をして患者さんと真摯に向き合われている研修医の先生方の姿に、“憧れ”を抱き“ここで働きたい”という胸高鳴る思いだけで私はこの病院を選びました。働き出した今でも学生時代に感じたこの直感は間違っていなかったと思っています。
まずは重い腰を上げて自分の目で飯塚病院を見に来てください。きっと何かを感じていただけると思います。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています!!