初期研修医

先輩の声

初期研修医 坂井 智達

坂井 智達医師
初期研修医 坂井 智達
九州大学卒 2014年入社

 今、初期研修の2年目が終わろうとしているタイミングでこの文章を書かせて頂いています。

 まず初めに飯塚病院の初期研修の、ローテート科や指導体制、当直の仕組みに関しては1年目の研修医の先生が、この文章の上か下に詳しく説明してくれているだろうと思うので、そこは割愛させてもらうことにします。その分私からは、飯塚病院の初期研修+αの“+α”の部分を書かせていただきます。

 飯塚病院の初期研修医は基本の研修以外に年中本当に様々なイベントがありますが、その中でも飯塚病院らしい2つを紹介します。初期1年目はT&A(トリアージ&アクション)というシュミレーショントレーニングを数種類(救急・小児科・小外科)受けます。2年目はこの運営・指導側に回ります。このコースは主に救急外来でよく来る主訴に対してまず何を考え・評価して(トリアージ)、次になにをするか(アクション)を体系的に学び、模擬的に実践してみるというものです。研修医自身が企画してできたものもあります。もちろん不十分な部分は上級医の先生方が補ってくれます。私自身、1年目と2年目で違った役割・視点で参加し、教えながら学ぶ・楽しながら学ぶことを実感しました。また、毎週土曜日の朝に「2年目レクチャー」という1年目に対して2年目が中心となって講義を計画・作成をしています。時には熱心な上級医の先生方にも参加して頂いています。

 飯塚病院の初期研修はこのようなイベントが盛り沢山なのですが、過去の歴史の中でも飯塚病院では初期研修医が企画した勉強会が他にもたくさんあり、その中には上に述べたT&Aのように後に残っていくものもあれば、1回限りで終わってしまったものもたくさんあったようです。そこには飯塚病院の「いいと思ったらまずやってみようとする気概と、それを許容する周囲の環境、そしていいものは続けるけれど、続けることを強制しない雰囲気」が表れていると思います。そして申し遅れましたが、これこそ、私がこの飯塚病院の初期研修の“+α”の中でも1番オススメしたいところであり、私自身が飯塚病院を初期研修医、そして今後、後期研修医の場として選ばせてもらった最大の理由でもあります。

 学生のみなさん、まずは気軽に見学にいらしてください。その際は、基本的な研修以外の部分はなかなか見られないと思いますが、話だけでも聞いてみてください。学生参加のイベント等もあると思うので参加してみるのもいいと思います。