初期研修医

研修カリキュラム

 飯塚病院では、ACGME(米国卒後医学教育認定評議会)の6コンピテンシーズに則って作成された、各診療科の初期研修カリキュラムの運用を平成23年度から開始しています。

ACGMEの6コンピテンシーズでは、以下の総合的能力をアウトカムの評価基準としています。

  1. 患者診療
  2. 医学知識
  3. 臨床を基盤とした学習と改善
  4. 対人コミュニケーション
  5. プロフェッショナリズム
  6. 医療・福祉システムを基盤とした臨床
  7.  それぞれの項目に対して目標が設定されており、その目標に合った課題とそれを達成するための方法が記され、指導医が評価を加えていきます。

     この初期研修カリキュラムは、ACGMEの認定機関であり、当院と研修教育契約を結んでいる、ピッツバーグ大学メディカルセンター(UPMC)の指導医監修のもと、作成されています。

    ▼初期研修カリキュラムの一例

     初期研修カリキュラムは、一例としてご紹介している、総合診療科をはじめ、33の診療科で作成、運用されています。
     各診療科の初期研修カリキュラムについては、病院見学へお越しいただいた際に、ぜひご確認ください。