初期研修医

先輩の声

初期研修医 倉岡 沙耶菜

倉岡 沙耶菜医師
初期研修医 倉岡 沙耶菜
福岡大学卒 2015年入社

 飯塚病院へ初めて訪れた時のことを、私は今でも鮮明に覚えています。見学生なのにも関わらず、つきっきりで2年目の先生が指導してくださり、さらに2年目を3年目が指導する。この徹底された「屋根瓦式の指導体制」を目の当たりにして、私は飯塚病院を研修先に選びました。

 飯塚病院の魅力は、初期研修医に対して非常に教育熱心なところにあると思います。1年目から早速救急外来に入りますが、初めは必ず指導医の先生がついてくださり、問診や診察、アセスメントに対してのフィードバックをしてくださいます。他科の先生方にコンサルトをする機会も多くありますが、どの科の先生方も親切に相談に乗ってくださり、後日診療に対するフィードバックをしてくださる先生方もいらっしゃいます。

 また飯塚病院は、学びの場が非常に多いところも魅力の一つです。外科、内科、小児科T&Aが毎年開催され、救急外来の現場を想定したシナリオを使ってロールプレイをおこないます。その他、毎月のコアレクチャーでは各科の先生方が講義をしてくださったり、2年目の先生方が開催する週1回の勉強会では、研修医同士で経験した症例を共有しあう時間があります。

 そしてそれらに共通していえる最大の特徴は、研修医が運営にも携わっているところです。1年目は受講者として参加しますが、1年後には指導者という立場で参加するため、教育力を養うことができ、さらに医学知識も高めることが出来ます。この積み重ねが飯塚病院の「屋根瓦式の指導体制」をつくりあげているのではないかと思います。

 飯塚病院の初期研修医はみんな家族と言っていいくらい仲良しです。研修医部屋に行けば休みの日でも必ず誰かがいるため、仕事でうまくいかなかったことがあってもすぐに相談できます。モチベーションが下がってしまうときもありますが、同期の頑張っている姿をみて何度も励まされました。教育熱心な指導医と、痛みをわかちあい切磋琢磨できる同期と出会えて、私は心から飯塚病院にきてよかったと思います。 医学生の皆さん、飯塚病院での研修医生活は非常に忙しいですが、恵まれた環境で充実した2年間を過ごすことが出来ます。是非一度飯塚病院へ見学にいらしてください。