初期研修医

先輩の声

渡邊 功

渡邊 功医師
後期研修医 渡邊 功
2016年度 初期研修修了

自分が飯塚病院で医師として社会人としての道を歩み始め、はや2年が経ちました。学生の頃を振り返り、見学にきた日々を懐かしみながらこの文を書いていますが、ここでの初期研修は魅力一杯であり本当に一生ものの2年間を過ごすことができたと思っています。そしてまだまだこの病院で学ぶことがあると考え、私は後期研修医も飯塚病院を選択しました。

見学に来たら研修医が口を揃えて言うと思いますが、この病院の魅力の一つは「教育」に重きを置いているところです。数点例を挙げると、

  • 土曜日の朝の2年目によるレクチャー(公式ではないですが数年続いています)
  • 毎週水曜日に開催される内科カンファレンス
  • 外国人講師を招聘しての医療英語勉強会
  • 博多駅や各大学に出張しての症例検討勉強会
など、この他にも非公式なものも含めると日常の研修生活の中に十二分に勉強する機会が転がっています。これらに触れていると「教えること」の大切さと有用性も実感し、今後先輩医師として教育者になっていく上でのやる気も掻き立てられます。

また私が飯塚病院に惹かれたもう一つの大きな理由に「改善の文化」があります。飯塚病院はベッド数が大学病院並と非常に大きな組織ですが、大きな組織であればあるほど何かを変えるには労力が必要であり、旧態依然になるのが恒だと思います。しかしこの病院では問題として議題に挙がっている部分はもちろん、大問題にはなっていない部分にさえも日々メスを入れ、何か明日以降「改善」できることはないかと各部署が取り組む文化があります。時代が変わり、医療技術が変わり、患者層が変わる日々において、この改善の文化こそが飯塚病院を地方の基幹病院たらしめている素晴らしい文化だと思っています。

それは病院全体の事だけでなく、私たち研修医に直接関係する部分でも感じられます。初期研修医部会という会議があり、そこで初期研修医の意見を吸い上げ改善に繋げようと上級医の先生方が必死に考えて下さっています。それも形式だけで終わるのではなく、私がいる2年間の中でも当直に関する仕組みや研修医室の環境など、数多くのことがこの会議に挙げられ変わってきました。

まだまだ語り尽くせない魅力が飯塚病院には沢山あります。まずは皆さん、気軽に見学に来てみてください。炭鉱の時代から美味しいご飯が自慢のこの飯塚地区を、私たち研修医がご案内します。