初期研修医

先輩の声

松元 宗一郎

松元 宗一郎医師
初期研修医 松元 宗一郎

飯塚病院での初期研修を考えている方へ、私見ではありますが僕が考える飯塚病院の魅力を3つお伝えしようと思います。

一つ目は、飯塚病院では非常に質の高い研修生活を過ごすことができます。日常業務・救急外来とも自分のアセスメントを上級医に伝え、それに対して振り返りをしてもらいます。ステップアップするために具体的な案を指導医と話し合い、次回に活かすことで確実にレベルアップすることができます。

二つ目は、病院内のパソコンには研修医用のフォルダがあり、過去の先輩が作成した発表スライドや集めた文献が数多くあります。例えば「痙攣」と調べると、基本的な知識から臨床現場での動きや考え方まで一瞬でみることができます。もちろん清書を見て学ぶことは必要ですが、限られた時間の中で学ぶ効率の良さも重要です。これらのデータは研修医の先輩達の財産であり、飯塚病院の研修生活で使わない手はないと思っています。

最後に、飯塚病院ならではの行事としてサポートプログラムというものがあります。具体的には年に1回の同期旅行を通して、普段の業務で感じていることや困っていることを共有して団結力を深めると同時に、研修生活をより良くしていくために何か新しく始めれることや変えていけることをみんなで話し合います。研修生活を振り返り改善するチャンスがあることは、次の初期研修医となる皆さんにもきっとプラスになることだと信じています。

以上簡単ではありますが、私が考える飯塚病院ならではの魅力をお伝えさせていただきました。少しでも興味を持ったら、ぜひ一度見学に来てみてください。きっと飯塚病院で初期研修をしてみたいと思うはずです。お待ちしています。