初期研修医

先輩の声

野田 敦子

野田 敦子医師
初期研修医 野田 敦子

飯塚病院を選んだ理由

私は飯塚病院のある筑豊で生まれ育ち、地元の病院という単純な理由で見学を決めました。そこで出会った研修医、スタッフの方の向上心の高さや指導熱心な姿をみて、ここで働きたいと強く思いました。12ヶ所の病院を見学しましたが、他にはない魅力が飯塚病院には沢山ありました。

飯塚病院の魅力

42万人が居住する筑豊地方唯一の3次医療機関ということで「症例数やバリエーションが多い」のは言うまでもありません。また、救急外来では上級医からのフィードバックが手厚く、各科専門医の診療を目の前で見ることができ「1症例ごとに得るものが多い」です。教え好きのスタッフが多いのは飯塚病院の目玉で、特に研修医2年目の先生は医局も一緒で常に近くにいて、いつでもどこでも誰でも「質問できる環境」が整っています。さらに、医師に限らず看護師、リハビリテーション部など患者さんに関わるスタッフの向上心が高く、現状がどうすればより良くなるか、もっといい方法はなかったかを常に検討し、多職種を巻き込む検討会や勉強会がすぐさま開催されるため「周囲に刺激を受け、考えさせられる日々」を送っています。

1年間で学んだもの・得たもの

救急外来での診療にも慣れてきて、軽症から緊急手術の症例まで抜けはあるもののある程度マネジメントすることができるようになってきました。その過程には、日頃の上級医からのフィードバックや、各科ローテート時に経験した症例数が増えてきたこともありますが、T&Aという救急外来ロールプレイ教育を終えたことも大きいです。また、ACLS-EPやERupdateといった講習会への参加費も支援していただき、各自学んだことは研修医同士でシェアしています。3年目以降の進路は未定ですが、どこに行くにしても必要な知識、手技が着実に身についてきました。そして、決して楽ではない研修生活を共にし、時には同期全員が休暇を取れる制度を利用し旅行をしたりして、同期の仲もぐっと深まりました。

学生の皆さんへ

飯塚病院に興味がある方もない方も、ここにきて得るものが必ずあると思います。それはきっと、自分の医師人生を少しでも良い方に変えてくれるはずです。是非お気軽に見学に来てください。飯塚の美味しいご飯を一緒に食べに行きましょう。お酒好きには筑豊の美味しい地酒をご紹介します。笑