We Deliver The Best -まごころ医療、まごころサービス それが私達の目標です- 飯塚病院 innovate and evolve 飯塚病院 innovate and evolve

部長 的野 多加志
TEL 0948-22-3800(代表)

診療科の特徴

概要

 2019年4月1 日に、福岡県筑豊エリアで初となる「感染症科」を新設しました。感染症を専門とする診療科は都市部に集中しており、地方では極めて稀です。感染症は病原微生物が体に侵入することで発症します。感染症診療では、その微生物や治療、そして予防に関する専門的な知識が求められます。感染症科には感染症を専門とする医師が在籍し、地域の住民および患者さんへ最善の感染症診療を提供致します。また、感染症専門医の育成拠点として全国に良質な専門医を輩出できるよう尽力していきます。

治療

 感染症科は年齢や臓器に関わらず、「微生物が引き起こす全ての病気(感染症)」を診ます。そのため、全診療科の感染症診療をサポートし、地域医療をさらに充実させていきます。また、一般感染症のコンサルテーションのみならず、希少感染症や海外からの輸入感染症の診断・治療など専門性の高い診療も行ないます。適切な治療を提案することで、患者さんの死亡率低下、在院日数短縮(早期退院)ならびに薬剤耐性菌の減少に貢献したいと考えています。

予防

 看護師、薬剤師、臨床検査技師と協力し、感染管理や抗菌薬適正使用支援を行い、地域や病院の耐性菌の蔓延防止に努めています。また、渡航/旅行医学に精通した専門医が在籍しており、海外渡航者への健康相談、予防接種、予防薬投与などを行います。さらに、渡航者に限らず麻疹や風疹をはじめ、高齢者の帯状疱疹、肺炎球菌、破傷風など地域を包括したワクチンでの感染症予防へ貢献します。

感染症科News&Topics

 グローバル化が進み、国際的な人の往来が一層活発化しています。海外からの日本への入国者は年々増加しており、2019年ラグビーワールドカップや2020年東京オリンピック・パラリンピックなど日本で開催される国際的なイベントも続きます。このような時代において、今や日本国内にとどまらず、世界の感染症の流行情報をいち早くかつ的確に把握し、輸入感染症や希少疾患にも適切に対処できる感染症の専門家が必要とされています。飯塚病院では2019年7月にワクチン・トラベル外来(仮称)を開設し、専門外来でこのようなニーズに応えていきます。また、2019年4月から開始された1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれの男性を対象とした風疹の定期予防接種も行います。