当科について

スタッフ紹介

家庭医・総合診療専門医部門

スタッフ医

吉田 伸(ヨシダ シン) / 2006(H18)年卒

家庭医療専門医&在宅専門医。世界中から集めた発想と地元を愛する行動力で 飯塚・頴田総合診療プログラム&頴田病院をアジアNo.1にするのが目標。また、日本プライマリ・ケア連合学会の理事としてジェネラリストによる九州の地域医療に貢献すべく駆け回る。特技は日本のヘルスケアを英語で紹介すること。

茂木 千明(モギ チアキ) / 2006(H18)年卒

準備中

赤岩 喬(アカイワ タカシ) / 2004(H16)年卒

準備中

中安 一夫(ナカヤス カズオ) / 2008(H20)年卒

私は、自治医大卒業で、義務年限を明けて2017年4月から飯塚に来ました。最初は電子カルテ等のシステムの違いに迷うことも多かったですが、徐々に慣れてきました。山口県出身であり、意外と実家からも近く、当院は自分にとって総合診療をしっかり学び直す良い環境だと思っています。忙しい日々ですが、後輩たちのパワーに負けないように頑張っていきたいと思います。

金 弘子(キム ホンヂャ) / 2011(H23)年卒

大阪生まれの韓国系関西人→鳥取で大学生活するうちに病院だけじゃないところに興味がわく→地元で充実した初期研修→飯塚・頴田へ乳児から高齢者、超急性期から地域までを学びに。 めちゃ疲れる、凹む、泣ける…ときもあるけど、一緒にやれる先輩や仲間に囲まれて過ごす生活。 周りを元気に・笑顔にする力を手にいれたいと願う毎日。

山口 瑠美(ヤマグチ ルミ) / 2014(H26)年卒

山口大学出身で、飯塚病院での初期研修を終え、引き続き後期研修でお世話になっています。内科を中心とした幅広い診療で少しでも患者さんとその家族を支えることができるよう日々励んでいます。どうぞよろしくお願いします。

安田 雄一(ヤスダ ユウイチ) / 2014(H26)年卒

生まれは大分中津、育ちは埼玉所沢。その後、石川、三重、鳥取、沖縄を経て飯塚へ参りました。将来は地域での予防、医療に関わっていきたいと考えています。そのときに向けて病棟と併せて外来、在宅での業務や地域の集会にも顔をだしていきたいと思っています。宜しくお願いします。

渡部 なつき(ワタベ ナツキ) / 2014(H26)年卒

出身地である長崎県で初期研修を行い、学生の頃から憧れていた家庭医になるため飯塚・頴田へ来ました。先輩・同期がたくさんいる環境でとても心強く、充実した毎日を送っています。地域をよく知り、地域の方を元気にできるような医師になりたいと思っています。

渡邊 功(ワタナベ イサオ) / 2015(H27)年卒

こんにちは。私は初期から飯塚病院で研修を行い、後期は飯塚-頴田家庭医療プログラムに入りました。このプログラムの魅力は、頴田病院という100床規模の病院で家庭医の研修を積みつつ、飯塚病院という1,000床以上の大病院がバックにあることです。そのことで各専門科ローテーションも充実しており、総診-家庭医-緩和ケアの密な連携が取れ、患者さんのフォローアップや切れ目ない診療が可能となり非常に良い研修になります。家庭医療には全国色々な形がありますので、まずは家庭医とは何なのか、飯塚ではどんな取り組みをしているのか、遊びに見に来て下さい!

長谷川 順一(ハセガワ ジュンイチ) / 2015(H27)年卒

飯塚頴田家庭医療プログラムの長谷川順一と申します。出身は兵庫県神戸市で神戸大学卒業です。初期研修は佐久総合病院で行いました。大学まではずっと地元で過ごしていたのですが、人生は1回だからと思い立ち、縁あって長野、そして福岡で日々勉強しております。目指すべき家庭医像を求めて駈け出したばかりの身ですが、宜しくお願いします。家庭医療、総合診療に興味のある方、一緒に学びましょう!

北野 峻介(キタノ シュンスケ) / 2015(H27)年卒

千葉出身で、大学生~初期研修医まで長崎で過ごし、飯塚にやって来ました。飯塚病院と頴田病院を行き来し研修しています。家庭医療の勉強では年間を通して外来診療や訪問診療を継続でき、その他にも病棟研修や乳幼児健診、予防接種など研修フィールドは多彩です。様々な得意分野を持った先輩・同期達に刺激を受けながら、自分なりの家庭医像を模索中です。そんな環境下で一緒に研修してみませんか。見学お待ちしております。

後期研修医・専攻医

石松 咲(イシマツ サキ) / 2015(H27)年卒
後期研修医 家庭医療コース

熊本県天草出身で、熊本赤十字病院での初期研修を経て、家庭医療を学ぶために飯塚病院での研修を決めました。頴田病院からローテーションが始まり、外来、病棟業務に加えて乳児健診や予防接種、禁煙外来など、家庭医としての一歩を踏み出すことができて楽しく過ごさせて頂いています。家庭医療に興味のある皆さま、見学お待ちしています!

後藤 淳一(ゴトウ ジュンイチ) / 2015(H27)年卒
専攻医 総合診療コース

茨城県出身、鹿児島大学卒業
好きな言葉は「ワーク・ライフ・バランス」
茨城県水戸市で働き循環器内科医を目指していたものの、故郷の医療過疎問題と関わったことで総合診療医・家庭医を志す。夢は大きく「故郷の医療改革、その土地で死ぬまで暮らそうと思える医療基盤の構築」
まだ道半ば。応援求ム。

桑原 宏輔(クワハラ コウスケ) / 2016(H28)年卒
専攻医 総合診療コース

大学は久留米大学で初期研修から飯塚病院にお世話になっています。地元の医療に貢献できるよう日々研鑽を積んでいます。頴田病院での継続外来や訪問診療に加え、飯塚病院での研修を通して、急性期〜慢性期、予防医療、小児から緩和医療まで幅広く学ぶことができます。総合診療や家庭医に興味のある方、見学お待ちしています。

上野 千晶(ウエノ チアキ) / 2016(H28)年卒
専攻医 総合診療コース

福岡県出身、栃木県で初期研修を終え、子供の頃から憧れていた家庭医になるべく飯塚・頴田に来ました。外来、病棟、在宅、小児科当直、乳幼児健診、禁煙外来など家庭医ならではの研修ができ充実した日々を過ごしています。家庭医療に興味ある皆様の見学をお待ちしています!

井上 友美(イノウエ ユミ) / 2016(H28)年卒
専攻医 総合診療コース

初期研修を博多で終え、初期研修中に予防医学や緩和ケア、地域医療に興味を覚え、総合診療医を志して飯塚頴田総合診療プログラムに入りました。患者さん中心の医療を意識して、患者さんの疾患、年齢を問わず共に伴走していけるような医者を目指しています。ご興味のある方、是非見学にお越しください!

柴田 真志(シバタ マサシ) / 2017(H29)年卒
専攻医 総合診療コース

福岡県中間市に生まれ、広島大学を卒業後、飯塚病院で初期研修を終えました。引き続き、飯塚-頴田プログラムの総合診療専攻医として働いています。入院、外来、ER、在宅といった診療の場にとらわれない、急性期から予防まで、筑豊地域のニーズに応えられる総合診療医を目指して修行中です。総合診療、家庭医療を学びたい方は是非一度お越しください。

寺司 佳代(テラジ カヨ) / 2018(H30)年卒

よく考える、よく笑う、よく生きるをモットーに頑張りたいと思います。皆様のお力になれるように尽力いたします。よろしくお願い致します。



渡邉 航大(ワタナベ コウダイ) / 2018(H30)年卒

九州大学出身で、初期研修は和歌山県の橋本市民病院に務めました。学生時代から飯塚病院の勉強会や見学に訪れていて、教育的な風土に惹かれていました。自分も教育ができる人材になりたいという想いで、飯塚・頴田プログラムに入り、家庭医になるため学びに来ました。よろしくお願いいたします!


佐柳 和博(サヤナギ カズヒロ) / 2018(H30)年卒

はじめまして。佐柳和博と申します。
私は田川郡香春町出身です。将来は父より開業継承し故郷の地域医療に貢献したいという想いで、同じ筑豊であり関わりが深い当院を選びました。また、進行する高齢化がより深刻な田川で、家庭医として医療に携わりたいと考えています。当科で後期研修を行うことは、その目標に最も適した選択であると確信し、決断いたしました。少しずつでも一歩ずつ学び身につけ、成長していけたらと思います。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

大坪 寛央(オオツボ ヒロアキ) / 2015(H27)年卒

今年度より総合診療科で勤務する大坪 寛央と申します。
初期研修終了後、3年間の小児科後期研修を終え、今年から家庭医研修で飯塚病院に参りました。
成人・小児ともに診ることができる家庭医を目指して日々精進して参りますのでよろしくお願い致します。


渡辺 亮(ワタナベ リョウ) / 2018(H30)年卒