飯塚病院TOP > 看護部 > 飯塚病院のナースの「リアル」 > 病棟 > 北7階病棟

飯塚病院のナースの「リアル」

病 棟

北7階病棟

北7階病棟の皆さん

病棟紹介
佐野看護師長
看護師長
佐野美和子
病床数
39床【4人部屋 6室 ・ 個室 15室(リカバリ3床含む)】
スタッフ数
看護師30名(師長、主任含む)・クラーク2名・
コンシェルジュ2名・ナースエイド2名・メッセンジャー1名
勤務形態
2交替制、時短勤務者1名
病棟の特殊性は?
診療科:婦人科、乳腺外科、泌尿器科、呼吸器外科混合の外科系女性病棟です。
疾患の診断、手術前・後、退院準備、継続治療(日帰り化学療法・放射線療法)、緩和ケア、自宅への退院前・後訪問なども行い、入院時より患者さんの全体を見つめて診療・看護を行っています。
病棟の現在の活動で紹介したいことや全体で取り組んでいることは?
【セル看護提供方式、看護ナビコンテンツ立案、QSEN+KSA’Sの看護思考と看護実践】
タイムスケジュールに沿って常に患者さんのそばで業務(情報収集、指示受け、記録、内服セットなど)を遂行し、患者さんのサインに気付き、先取りの看護や最適なタイミングで対応できるように取り組んでいます。病院内外問わず、WEB面会も行っています。
看護ナビコンテンツでその日の患者さんの状態に合った看護を提供できるように、毎日ブロックカンファレンスで確認・検討しています。毎月、医師、看護師、リハビリセラピスト、事務など関連部署スタッフで合同勉強会やカンファレンス、病棟内ミニレクチャーなどを開催し、治療・看護に必要な知識・技術の向上と看護の質を高める仕組みを確立しています。
日々の看護実践の成果や業務改善は、毎年学会や学会誌などで積極的に発表を行い、患者さんに安全な環境と看護が提供できるように、すべてのスタッフが常にPDCAをまわしながら改善活動を行なっています。
最後に一言!
患者さん・ご家族にとって最良の方法を提案・提供できることを目標に、入院前後の患者さんの生活環境を理解し、治療経過を含めてチーム(医師・看護師[認定・専門含む]・事務・ソーシャルワーカー・病棟薬剤師・管理栄養士・リハビリセラピスト・コンシェルジュ・ナースエイドetc.)で情報を共有し、チームで同じ目的を持ち、患者中心の取り組みを笑顔でスピーディーに提供していきます!
病棟内は季節を感じていただける飾り付けをスタッフで毎月取り組んでいます♬

北7階の様子