飯塚病院TOP > 看護部 > 飯塚病院のナースの「リアル」 > 病棟 > 集中治療室 ~ICU~

飯塚病院のナースの「リアル」

病 棟

集中治療室 ~ICU~

  • 床数:11床
  • 看護師:32名
  • ナースエイド:1名
  • ナースアシスタント:2名
  • クラーク:2名
  • 臨床工学技士:2名
クリティカルケアの充実で安心の医療を提供できるICUナース
クリティカルケアの充実で安心の医療を提供できるICUナース

福岡の筑豊地域全域をカバーする総合病院のICUナースとして、迅速な判断、的確な判断を行わなければならないと同時に合併症の予防やご家族のケアを含めた精神的なケアが必要です。ICUのナースは、迅速な判断力と知識、さらにそれを実行する技術、そして人の気持ちを理解する心が求められます。

ICUナース ICUナース
このページの一番上へ
ICUナースとして大切なこと
ICUナースとして大切なこと

ICUナースの役割は患者さんの生命維持や合併症を起こさないことも重要な役割です。
モニター管理のみならず、直接患者さんに触れながら様子をうかがい、状態を把握しています。
また、問題はみんなで解決するために、適宜カンファレンスを行い患者さんのケアについて考えています。

ICUナース ICUナース
ICUナースの教育
ICUナースの教育

飯塚病院のICUでは新人・キャリア採用ナースの教育プログラムが整備されています。
ICUやCCUの経験のないナースでも安心して仕事が出来るよう個人のペースに合わせた教育を行っています。
教育を終えたナースは自ら考え、患者さんの状態に合わせたケアが提供できるようになり、どこに行っても通用する知識と技術を持ち合わせたナースへと成長していきます。
2012年4月から当院ICUでも新人を配属するようになり、新しい教育が始まっています。

ICUナースの教育
このページの一番上へ
ナースだけではなく、全員で支えるチーム医療
ナースだけではなく、全員で支えるチーム医療

ICUのスタッフは医師とナースだけではありません。ナースエイド・ナースアシスタント・クラーク・臨床工学技士のチームで患者さんのケアにあたっています。
ベッドサイドのケアは医師の的確な指示に従いICUナースが中心になって行いますが、清拭などの清潔ケアにはナースエイドとチームを組み行います。
また、患者さんのケアに用いる物品の管理や環境整備はナースアシスタントが毎日整備しています。 それ以外にも事務処理はICU専任のクラークが、医療機器の管理はICU専任の臨床工学技士が管理しており、夜間は当直制で24時間のサポート体制があります。
このようにICUの管理は職種を超えたチームの連携で行っています。

全員で支えるチーム医療 全員で支えるチーム医療
全員で支えるチーム医療 全員で支えるチーム医療
飯塚病院のICUで働くスタッフの言葉
ICUスタッフ
看護師歴:31年目(ICUナース)
スタッフの向上心がすごい
新しい機器が導入されても、また問題点が起きても皆で勉強し解決しようとする向上心があります。
ICUスタッフ
看護師歴:10年目(ICUナース)
みんなで協力しています
平成24年から新人ナースが配属になりました。新人ナースを迎えるため、スタッフ全員が自己学習や事前教育を受け、協力して頑張っています。
ICUスタッフ
看護師歴:3年目(ICUナース)
教育が整っている
ローテでICUに来ても教育システムが整っているので何を勉強すべきかわかりやすい。
ICUスタッフ
看護師歴:13年目(ICUナース)
男性でも働きやすい
女性が多い職場だが、気さくなスタッフばかりで男性でも違和感なく働ける。
ICUスタッフ
ICU歴:2年目(臨床工学技士)
職種を問わず働きやすい職場
ICUでは、チームで患者の医療やケアに携わっています。職種を問わず、ICUスタッフの一員として頑張っています。