飯塚病院TOP > 看護部 > 飯塚病院のナースの「リアル」 > 病棟 > 中央3階病棟

飯塚病院のナースの「リアル」

病 棟

中央3階病棟

在宅に向けて亜急性病床チーム頑張ってマス 日々、体力勝負です。 リハビリ、活気ありますよ!!
病棟紹介
新鹿看護師長
看護師長
小島 薫
病床数
60床(整形外科:52床、POST HCU:8床)
スタッフ数
スタッフは看護師 31名(HCU 11名)、介護福祉士 3名、ナースエイド 4名、クラーク 2名
勤務形態
日勤:12~13名、夜勤:3~4名
交替勤務:2交替
病棟の特殊性は?
中央3階は、整形外科・HCU対象の患者さんを受け入れています。整形外科は、変形性膝関節症・変形性股関節症の患者さんや突然の事故・転倒による骨折の患者さんの看護を行っています。
手術を受ける患者さんへの不安軽減や手術後の状態変化をすばやく発見し、少しでも早くもとの生活に戻れるように援助を行っています。
リハビリの方や介護福祉士・その他の職種の方々と協力し、日常生活の援助を日々患者さんと頑張っています。
大腿骨頚部骨折、変形性膝関節症、変形性股関節症、アキレス腱断裂、橈骨遠位端骨折の患者さんが多いです。
病棟の現在の活動で紹介したいことや全体で取り組んでいることは?
働きやすい病棟を目指し、勤務時間の検討やリフレッシュ休暇が取れるような取り組みを行っています。
また、TQM活動を通し、患者さんの術後のせん妄出現を少しでも減らせるよう病棟全体で取り組んでいます。
最後に一言!
5名の新人を迎え、病棟全体が更に明るく・元気になりました。スタッフは、全員仲がよく、いつも笑いが耐えません。1人1人の個性を活かし、思いやりのある温かい病棟を目指して頑張ります。