飯塚病院TOP > 看護部 > 飯塚病院のナースの「リアル」 > プリセプター&プリセプティ

飯塚病院のナースの「リアル」

プリセプター&プリセプティ

プリセプティー

プリセプティ
「いつも声をかけてくれたプリセプター」
3年間は頑張ると決めて入社しました

飯塚病院に入社時は、とりあえず何があっても3年は頑張ると決めて入社しました。

不安を抱えながら入社し、1年が経とうとしています。

1年を振り返ると、プリセプターからたくさんの指導をしていただきました。

入社時、時間外になることも多々あり、プリセプターから業務マニュアルについてアドバイスを受け、できるだけ時間に追いつくことができるようになりました。


いつもプリセプターは声をかけてくれました。

そして職場だけでなく場所をかえて食事をしながら、私の話を聞いていただきました。話しをしているうちに、自分がどうすればよいのか気づくことができ、整理することができました。このようにいつもアドバイスではなく話しをすることで気づかせていただいたように思います。

また、私には多くの支えがありました。

同期の存在
同期にはいろいろな気持ちの変化を話すことができ、同期が一人も辞めていないことは、とても力となりました。また自分が一番最初の人には、絶対になりたくないと思い頑張りました。
病棟の支援
そして、何より病棟の支援は大きかったです。
プリセプター以外の先輩たちが、ひとつひとつ熱心に指導していただき、わからないことは何でも聞くことができました。

このように、多くの方々のサポートのおかげで、最近、師長より「リーダー達からあなたの成長が見えると報告があったよ」と言われ、成長を認めていただいたことがうれしかったです。

入社時からは、時間外も減り、報告もタイムリーにできるようになり自信がもてるようになりました。

少しずつ成長できていることを自覚し、2年目となる準備をしています。

プリセプター

プリセプター
「プリセプターは、自己研鑽の機会」
プリセプターになって、人に伝えることの難しさがわかりました

プリセプターを経験させていただいたこの1年間をふりかえると、最初は、責任の重い役割は、私にはまだ早いのではないかと緊張感と不安での始まりでした。

しかし、そんな思いも病棟ナースの支援があったため次第に解消していきました。

病棟では、毎月プリセプター会議をもち新人看護師の情報交換を行い、今後の方向性を固定チームリーダーや主任・師長と検討しました。


プリセプティには、自主性を持たせるために、はじめから答えを出さずに本人へ考えさせる機会をもつようにするなど、関わり方がわかってきました。

プリセプティが努力している姿をみるうちに私も頑張ろうと思いました。

声をかけるタイミングですが、勤務出勤時は、気にかけあいさつと兼ねて反応を見ていました。勤務終了後、食事に誘うこともありました。プリセプティの翌日の勤務を確認し、休みや夜勤入りの前の日であれば、時間に関係なくゆっくり話せるのではと計画をしました。病棟業務が順調にいっているのか、気にはなりましたが、近い時期に話す機会をもった場合は、本人から相談がない限り見守りました。お互い勤務が合わず顔を合わせる機会がなかった時は、私から声をかけるよう心がけました。

プリセプターをすることは、自己研鑽の機会となりとても良かったと思っています。

わたしが新人のときリーダーナースがターミナルの患者さんに関わる場面がありました。患者さんより家族の面会が少ないことを聞いいて、家族に電話をしていました。そのとき、患者さんの今の病状や家族の近況など尋ね、来院でできる状況かを丁寧に対応されていました。その場面が印象的で自分もリーダーとなり、もっと患者・家族の援助ができるようになりたいと思っています。そんな場面をプリセプティに伝えていければと思います。

そして私自身もプリセプターを経験したことで、今までよりも患者さんを大きな視点で看ることができるようになりました。

今後もプリセプティと一緒に成長していきたいと思います。