飯塚病院TOP > 看護部 > 私たちの強みと特徴 > セル看護推進研究会

私たちの強みと特徴

セル看護推進研究会


飯塚病院看護部の強みである「セル看護」の普及を目的としたセル看護推進研究会をご紹介します。

セル看護推進研究会のご紹介


 セル看護推進研究会は、「セル看護」に関する研究活動の発表や広報、セミナーの開催などを通じてセル看護提供方式の全国普及・定着を目指すものです。年に1回の総会のほか、定期的に運営委員会を開催しながら、全国の研究会参加病院を継続支援いたします。

セル看護提供方式 普及の取り組み

▮ 2019.9.21 第1回セル看護推進研究会

第1回セル看護推進研究会を終えて

セル看護推進研究会 会長 須藤久美子

 2019年4月に飯塚病院内にセル看護推進研究会を立ち上げました。

【目的】
 1)飯塚病院のセル看護の継続的な定着
 2)セル看護を全国へ広報・普及する。

【活動内容】
 1)飯塚病院セル看護の監査
 2)セル看護の研究活動および研究発表会開催

 活動内容の一つとして9月21日(土)に第1回セル看護推進研究会を飯塚病院にて開催しました。
 案内チラシプログラムは別紙ご参照ください。

 おかげ様で大勢の方々にご参加いただき心より感謝申し上げます。当初予定していた参加人数をあっという間に超えてしまい、多くの病院にお断りの連絡を差し上げることになりました。ご迷惑をおかけしたと反省するところです。また、あいにく台風15号が直撃し、沖縄や北海道など遠くからご参加いただいた方々にはご心配をおかけしたと思っています。幸い皆さまの無事が確認され安堵したところでした。応募総数50施設215名、参加数は42施設138名でした。
 飯塚病院からセル看護提供方式とは何かと導入時苦労した部分を発表させていただきました。また、ケアミックス型病院(99床)の医療法人博愛会頴田病院からはセル看護の活動内容を発表していただき、病院の規模やスタイルに関係なくセル看護導入が可能だという事を皆様と共有できたと思っています。トピックスとして中国の武漢アジア心臓病病院からセル看護導入について発表していただきました。ここは、セル看護に強い興味を示され2度飯塚病院に研修に来られ実現されました。
 発表終了後に飯塚病院の見学を企画しました。大勢の方の見学になり満足いかない点も多々あったと思いますが、多くの質問が活発になされ案内した師長達も戸惑ったようでした。しかし、森山看護部長はじめ案内役の師長や進行をお手伝いしたスタッフ達が活き活きと対応している姿を見て、うれしくもあり頼もしく思いました。飯塚病院にとりましても大きな刺激と収穫になりました。
 また、前夜に近くのホテルにて懇親会を開催しました。60名の方々にご参加いただき、初対面の方々も多かったのですが、セル看護という共通言語の中で和やかに懇談することができました。正直、セル看護を熱く語る方が多いことに私自身驚いてしまいました。
 最後になりますが、多くの看護職の方々にセル看護推進研究会にご参加いただき、患者やスタッフ・病院にとっての価値の最大化を目指し、ともに明るい未来へと歩みを進めていきたいと希望しています。

当日配布資料1:「セル看護が医療現場を救う ~勤務時間内に最高のパフォーマンスを上げる仕組みづくり~」
当日配布資料2:日勤タイムスケジュール【師長業務】
当日配布資料3:日勤タイムスケジュール【リーダー及び担当看護師業務】


▮ 2019.10.23-24 第50回日本看護学会学術集会【看護管理】

2019年10月23日、24日に名古屋国際会議場にて『第50回日本看護学会学術集会【看護管理】』に参加しました。本学会イベントの交流集会(公募企画)に 「Kaizenから生まれたセル看護は質改善と働き方改革に貢献する」をテーマに参加しました。

 交流集会2 〔Kaizenから生まれたセル看護は質改善と働き方改革に貢献する〕
企画代表者 須藤久美子(株式会社麻生 医療事業開発部 飯塚病院看護部 特任顧問)
企画協力者 森山 由香(株式会社麻生 飯塚病院)
木川真由美(医療法人博愛会 頴田病院)

日本看護学会学術集会【看護管理】交流集会の資料アンケートはこちら
日本看護学会学術集会発表者はこちら



セル看護推進研究会へのお問い合わせ

E-mail:aihkango@aih-net.com