飯塚病院 総合診療科

文字サイズ

緩和ケア科

飯塚病院

スタッフ紹介

当科について

スタッフ紹介

スタッフ医

井村 洋部長

井村 洋(イムラ ヒロシ)

当院の総合診療の研修は、総合診療科発足から15年を経て、仕事をする仲間を集める段階から、後期研修教育を充実・洗練する段階に至りました。スタッフ、後期研修医の数も、国内有数のものになりつつあります。単に多いだけでなく、飯塚病院の風土である「改善・改良」を、診療にも教育にも取り込むことが常態化しています。そこへ新しい皆さんに入っていただき、さらなるイノベーションを巻き起こしてくださることを、大いに期待しております。当科では、「出る杭は打たれる」は死語です。むしろ、「出る杭は、もっと出よ」を体現しているつもりですので、“遠慮なく出る杭”のような方を歓迎いたします。

詳しくはこちら

中村 権一

中村 権一(ナカムラ ケンイチ)

総合診療科外来での後期研修医の外来教育指導と病院感染対策、HIV感染症を含む感染症診療を担当しています。後期研修医は外来研修期間中、入院症例を担当せず外来診療に専念できます。緊急疾患から高血圧や糖尿病などの慢性疾患、psychosocialな疾患まで多様な疾患(初診患者約130名)をローテート期間中に経験します。楽しい外来研修に興味のある方はぜひお越しください。

清田 雅智

清田 雅智(キヨタ マサトモ)

平成7年長崎大学卒
専門:内科、文献収集、臨床感染症学
物事の由来を探るのが趣味で、最近は古書を読むのが趣味になりつつあります。文献シャワーを浴びたい方は、近づいてくるとずぶ濡れになりますので是非お越し下さい。

小田 浩之

小田 浩之(オダ ヒロユキ)

山口県萩市出身
平成8年鹿児島大学卒
飯塚病院の好きな所は、どの職種にあっても日々是改善の土壌があることです。改善のスピードが早くて、ついていけないかも・・と思うこともありますが、改善の無い苦しみに比べればまだましだ!と思いながら、なんとか頑張っています。初期研修部会長、ラーニングセンター長を担当しています。その中で、患者さんの安全につながる効率のよい学びについての試行錯誤を行っています。

吉野 俊平

吉野 俊平(ヨシノ シュンペイ)

茨城出身で1999年に長崎大学を卒業、その後初期研修医として飯塚病院に勤務、総合診療科、救急部で後期研修を経て卒後6年より総合診療科のスタッフとして働いています。病棟診療、内科系集中治療、一般外来診療、救急外来診療といったフィールドで教えながら学ぶというスタンスで働いています。趣味はスキューバダイビング、ロードバイク、登山と野外中心です。最近取り組んでいることとしては効果的な教育カンファレンスの在り方を言語化すること、病院総合医ホスピタリストとして必要な知識を効率よく共有するシステムを作ること、などなどです。

吉野 麻衣

吉野 麻衣(ヨシノ マイ)

研修先をお探しの皆さん、こんにちは。6年目まで一般内科医として過ごし、7年目以降は感染症の研修・診療を中心に行ってきました。複数の医療機関に所属して感じたことは、研修には本人の体力・気力だけでなく、同僚や指導医を含めた周囲の環境も大切だということです。ここには専門科に関わらず、医師としての基礎を強化できる良い環境があります。是非、体験にいらしてください。

松永 諭

松永 諭(マツナガ サトシ)

2003年に琉球大学医学部を卒業後、沖縄県立中部病院で初期研修、後期研修を修了しました。八重山病院内科勤務後、佐賀大学医学部附属病院総合診療部で助教を経てトロントに留学しました。2014年より飯塚病院でスタッフとして働いています。病院総合医ホスピタリストの育成に携わっており、医学英語教育に興味を持っています。飯塚病院ではUPMCとの交流もあります。一緒にグローバルな学びをしませんか。

江本 賢

江本 賢(エモト ケン)

最近、力を入れていることは、渡米してUPMCでFD(Faculty development)という指導医としての技術を磨く講義を受け、そこで学んだことを実践し、教育に活かすことです。また、当科も後期研修医の人数が増えてきており、より効率よく診療を運営するために様々なアイディアを出してきました。今後もより良い組織作りに向けて、改革に取り組んで行きたいと考えております。

吉田 伸

吉田 伸(ヨシダ シン)

家庭医療専門医。世界中から集めた発想と地元を愛する行動力で 飯塚・頴田家庭医療プログラム&頴田病院をアジアNo.1にするのが目標。また、若手家庭医養成のため日本プライマリ・ケア連合学会若手医師部会を代表としてひっぱる。勉強会になるとカメラを背負って現れる。

茂木 千明

茂木 千明(モギ チアキ)

準備中

的野 多加志

的野 多加志(マトノ タカシ)

主に感染管理、感染症診療を担当し、研究発表、論文作成のサポートも行っています。医師として、世界基準の医療提供は最低限の条件。世界に向けた発信やエビデンスを生み出すのも一つの責務。人生一度きり、世界に名を残してみませんか。

中安 一夫

中安 一夫(ナカヤス カズオ)

私は、自治医大卒業で、義務年限を明けて2017年4月から飯塚に来ました。最初は電子カルテ等のシステムの違いに迷うことも多かったですが、徐々に慣れてきました。山口県出身であり、意外と実家からも近く、当院は自分にとって総合診療をしっかり学び直す良い環境だと思っています。忙しい日々ですが、後輩たちのパワーに負けないように頑張っていきたいと思います。

金 弘子

金 弘子(キム ホンヂャ)

大阪生まれの韓国系関西人→鳥取で大学生活するうちに病院だけじゃないところに興味がわく→地元で充実した初期研修→飯塚・頴田へ乳児から高齢者、超急性期から地域までを学びに。 めちゃ疲れる、凹む、泣ける…ときもあるけど、一緒にやれる先輩や仲間に囲まれて過ごす生活。
周りを元気に・笑顔にする力を手にいれたいと願う毎日。

冨山 周作

冨山 周作(トミヤマ シュウサク)

2016年度から飯塚病院で働いています。病歴や身体所見の大切さを患者さんから学び、また、それを他の先生方へ伝えていければと思います。よろしくお願いします。

赤岩 喬

赤岩 喬(アカイワ タカシ)

準備中

木村 真大

木村 真大(キムラ マサヒロ)

広島県出身で、出身大学は久留米大学です。将来的には地元の広島県へ戻る予定ですが、そのためのトレーニングとして飯塚病院で後期研修を終え、更なるスキルアップのため現在もスタッフとして鍛錬を積んでいます。
当科には全国様々な初期研修先から研修医が集まっており、研鑽を積むにはとてもいい場所であるとスタッフになった今でも感じております。また、そうなった背景としてはやはり教育システムが充実しているからだと思っております。医学的知識の向上だけでなく、運営システムづくりに興味がある方、研修医教育に興味がある方、研究に興味がある方に対してもStep Upできる場であると思います。遠いところですがぜひ一度見学に来てください。敷居が高そうに見えますがそんなことはないですよ。共に飯塚病院で楽しい毎日を過ごしましょう。

工藤 仁隆

工藤 仁隆(クドウ マサタカ)

僕が好きなのは家庭とEBM教育です。どちらも少ない空き時間で全力で取り組んでいます。当科では自分の好きなものを伸ばしてくれる環境が整っています。全国でも最大規模の総合診療科ですので、あらゆる得意分野を持った者が集まっています。総合診療で自分の武器を見つけたいという方はお待ちしています。

小杉 俊介

小杉 俊介(コスギ シュンスケ)

北九州での初期研修を終え、飯塚病院総合診療科後期研修医となり、後期3年目(2016年度)にはチーフレジデントを担当しました。後期研修終了後も当科スタッフとして病棟総合医および地域医療に貢献できる医師を目指して研鑽を積んでいます。医学教育・シミュレーション教育や医療安全、病棟マネージメントなどに興味があり、臨床研究などを行っています。

ページの先頭へ戻る

病院総合医コース

鵜木 友都

鵜木 友都(ウノキ ユウト)

北九州生まれ→大学は大阪へ→初期研修医から飯塚病院に→現在飯塚病院4年目です。
中学時代は卓球を、高校~大学時代は吹奏楽でバリトンサックスを吹いていました。飯塚の地でサックスカルテットを組むことが密かな夢です。また、温泉も大好きで、休日には温泉に行くこともしばしばです。もちろん仕事も頑張っており、頼もしく楽しい同期・先輩・後輩と日々切磋琢磨しながら診療に励んでいます。総合診療科を考えている若手医師の皆さん、教育環境も整っており、若手の活気であふれる当科でぜひ一緒に頑張りましょう。

石山 雄太

石山 雄太(イシヤマ ユウタ)

出身は筑波大学、初期は都立病院と関東を拠点としておりましたが、専門科の前の内科トレーニングとして、縁あって飯塚病院総合診療科での研修をさせていただいております。飯塚も住めば都、楽しい毎日です。飯塚病院総合診療科の研修の特徴は豊富な症例と手厚い指導、そして総合診療科をより良いものへと進化させるエレルギーだと思います!一緒に楽しく研修しましょう!

大串 汀

泉 汀(イズミ ミギワ)

総合診療科後期研修医の泉汀と申します。大学まで神奈川で過ごしていましたが、研修を期に飯塚病院に参りました。周りの方々に沢山支えていただきながら、引き続き後期研修でもここ飯塚に残り総合診療を学んでいます。学んだことを教え合える同期や頼れる指導医がいる、この恵まれた環境に感謝しつつ、大変ながらも充実した毎日を過ごしています。私のように九州以外の出身の研修医もいますので、興味がある方はぜひ見学に来て下さい!

大井 隆之介

大井 隆之介(オオイ リュウノスケ)

総合診療科後期研修医の大井隆之介と申します。長崎出身で大学まで長崎でしたが、初期研修から福岡をフラフラしていて3年目から飯塚で研修しています。自分はまだまだ勉強不足な所がたくさんあり、多くのスタッフ・レジデントに刺激を受けながら充実した日々を送っています。これからも自分のためだけでなく周りの方、何より患者さんと家族のため力になれるよう頑張っていきます。よろしくお願いします。

片桐 欧

片桐 欧(カタギリ オウ)

後期研修医の片桐欧といいます。東京生まれで2014年に帝京大学医学部を卒業、神奈川県の湘南鎌倉総合病院にて初期研修を経て、総合診療を学ぶために遥々九州まで来ました。飯塚病院は総合診療科として歴史も長く、スタッフや後期研修医の数は全国でも類のないくらい多く賑わっております。優秀な同期や先輩に感化されながら、Generalistとして一人前になれるよう精進していきます。

坂井 智達

坂井 智達(サカイ トモミチ)

ここ飯塚病院で初期研修を終え、後期研修医として総合診療科で勉強させてもらっています。総合診療をベースに老年医学を専攻して、最終的には(なるべく早く)高齢者施設管理をしたいと思っています。

鈴木 祥太郎

鈴木 祥太郎(スズキ ショウタロウ)

出身は、長崎県・高校は佐賀県・大学は愛知・そして飯塚の地まで流れてきました。飯塚病院での日々は毎日がとても刺激的で実りの日々となっております。また、総合診療科は多くの同期にも恵まれており切磋琢磨していける素敵な環境と思います。少しでも筑豊地区の医療に貢献できるように頑張っていきます。

中井 健宏

中井 健宏(ナカイ タケヒロ)

出身は広島、大学は神戸と九州とは縁のない生活を送ってきましたが、内科についての幅広い知識を持ったrheumatologistになりたいと考え飯塚病院へやってきました。医師としてまだまだ半人前で学ぶことの多い毎日ですが、同期や先輩、後輩から良い刺激を受けながら、日々研鑽を積んでおります。

堀之内 瑠美

堀之内 瑠美(ホリノウチ ルミ)

山口大学出身で、飯塚病院での初期研修を終え、引き続き後期研修でお世話になっています。内科を中心とした幅広い診療で少しでも患者さんとその家族を支えることができるよう日々励んでいます。どうぞよろしくお願いします。

山手 亮佑

山手 亮佑(ヤマテ リョウスケ)

お世話になります。私は幅広く内科の知識を学びたいと思い飯塚病院を選択しました。毎日多岐にわたる疾患を経験することができ、毎日が新鮮です。いつでも熱意のあるスタッフ先生方から素晴らしいアドバイス頂ける環境で、医師として充実した日々を過ごしています。興味を持ってくださっている先生方、是非一度見学にいらしてください。お待ちしております。

長谷川 雄一

長谷川 雄一(ハセガワ ユウイチ)

総合診療科後期研修医の長谷川雄一と申します。札幌出身で初期研修まで北海道にいましたが、内科医として幅広い知識を身につけるだけではなく、患者さんと丁寧に向かい合う姿勢を身につけたいと思い飯塚病院で研修させて頂いております。非常に多くの症例と丁寧な指導のもとで毎日新しい発見があり、恵まれた環境の支えあって充実した日々を送っております。宜しくお願い致します。

森 雄亮

森 雄亮(モリ ユウスケ)

初めまして、H29年度より総合診療科後期研修医として勤務しています。出身は大阪ですが、大学が島根大学で、こちらに来るまでは島根で医療をしていました。島根では呼吸器内科を専門として従事していましたが、total careの必要性を痛感し、総合診療科での研修を希望しました。ここでは、バリエーション豊かな疾患を上級医の頼れる先生方と日々診察出来ます。忙しいですが、非常に良い研修が出来ます!是非一緒に働きましょう。

先輩の声

ページの先頭へ戻る

総合診療科・消化器内視鏡コース

山本 紀子

山本 紀子(ヤマモト ノリコ)

総合診療科・消化器内視鏡コースの山本と申します。3年前から飯塚病院でお世話になっていますが、日々学ぶことが多く、毎日があっという間に過ぎていってしまいます。この恵まれた環境を無駄にすることなく、今後も精進していきたいと思います。

菅原 大輔

菅原 大輔(スガワラ ダイスケ)

総合診療科・消化器内視鏡コースの菅原大輔と申します。出身は神奈川県で石川県・千葉県で生活した後に飯塚に訪れました。九州に住むのは始めてであり不安もありましたが、飯塚病院は全国から先生が集まるため地域の敷居が低く外部の者でも働きやすいと思います。症例も多岐にわたり、かつ経験豊富な先生方も多く、内科を学ぶ環境として恵まれていると思います。日々精進していきたいと考えています。

吉本 貴則

吉本 貴則(ヨシモト タカノリ)

総合診療科・消化器内視鏡コースの吉本と申します。出身は徳島県で大学は鳥取で過ごしました。消化器分野以外の疾患も幅広く診療できる消化器内科医を目指し、後期研修より飯塚病院でお世話になっています。優秀な先生方に囲まれて学ぶことばかりで、刺激的な日々を送っています。筑豊地域の地域医療に少しでも貢献できるよう、精一杯精進していきたいと思います。

先輩の声

ページの先頭へ戻る

家庭医療コース(飯塚・頴田家庭医療プログラム)

小田 隆太郎

小田 隆太郎(オダ リュウタロウ)

初期研修を終えて、飯塚病院にやってきました。研修医の先生、経験豊富なスタッフの先生、病院の環境など様々なものに刺激を受けて生活していける事にとても感謝しています。自ら目標を立てて、実現出来るように頑張りたいと思います。今後とも宜しくお願いします!総診や家庭医希望の方、見学お待ちしています!

武末 真希子

武末 真希子(タケマツ マキコ)

飯塚・頴田家庭医療プログラム専攻医です。出身は熊本です。身近で何でも相談でき、地域の健康を支えられる医者を目指して精進しています。飯塚病院と頴田病院を行き来して診療や研修を行っております。まだまだ未熟者ではございますがどうぞ宜しくお願い致します。

松本 朋樹

松本 朋樹(マツモト トモキ)

熊本は天草生まれ。医師の両親と島の人々の手で育てられ、一人の医師の力では地域は変えられないと思い地域医療・地域活性化を目指す。その結果流れ着いた飯塚の地で、「弥一郎ではない方の松本」と呼ばれて過ごす日々。地域医療・公衆衛生学・地方再生などに興味のある方是非一緒に学んでいきましょう。

安田 雄一

安田 雄一(ヤスダ ユウイチ)

生まれは大分中津、育ちは埼玉所沢。その後、石川、三重、鳥取、沖縄を経て飯塚へ参りました。将来は地域での予防、医療に関わっていきたいと考えています。そのときに向けて病棟と併せて外来、在宅での業務や地域の集会にも顔をだしていきたいと思っています。宜しくお願いします。

渡部 なつき

渡部 なつき(ワタベ ナツキ)

出身地である長崎県で初期研修を行い、学生の頃から憧れていた家庭医になるため飯塚・頴田へ来ました。先輩・同期がたくさんいる環境でとても心強く、充実した毎日を送っています。地域をよく知り、地域の方を元気にできるような医師になりたいと思っています。

北野 峻介

北野 峻介(キタノ シュンスケ)

千葉県出身で、大学生~初期研修医時代を長崎で過ごし、飯塚にやって来ました。高校生の時から家庭医療に興味があり、今年度からようやくトレーニング開始となりました。「自分の担当する診療圏に住む人の健康をマネジメントする」ことを目標に日々頑張っていきます。どうぞよろしくお願いします。

中邑 咲

中邑 咲(ナカムラ サキ)

熊本県天草出身で、熊本赤十字病院での初期研修を経て、家庭医療を学ぶために飯塚病院での研修を決めました。頴田病院からローテーションが始まり、外来、病棟業務に加えて乳児健診や予防接種、禁煙外来など、家庭医としての一歩を踏み出すことができて楽しく過ごさせて頂いています。家庭医療に興味のある皆さま、見学お待ちしています!

長谷川 順一

長谷川 順一(ハセガワ ジュンイチ)

飯塚頴田家庭医療プログラムの長谷川順一と申します。出身は兵庫県神戸市で神戸大学卒業です。初期研修は佐久総合病院で行いました。大学まではずっと地元で過ごしていたのですが、人生は1回だからと思い立ち、縁あって長野、そして福岡で日々勉強しております。目指すべき家庭医像を求めて駈け出したばかりの身ですが、宜しくお願いします。家庭医療、総合診療に興味のある方、一緒に学びましょう!

渡邊 功

渡邊 功(ワタナベ イサオ)

こんにちは。私は初期から飯塚病院で研修を行い、後期は飯塚-頴田家庭医療プログラムに入りました。このプログラムの魅力は、頴田病院という100床規模の病院で家庭医の研修を積みつつ、飯塚病院という1,000床以上の大病院がバックにあることです。そのことで各専門科ローテーションも充実しており、総診-家庭医-緩和ケアの密な連携が取れ、患者さんのフォローアップや切れ目ない診療が可能となり非常に良い研修になります。家庭医療には全国色々な形がありますので、まずは家庭医とは何なのか、飯塚ではどんな取り組みをしているのか、遊びに見に来て下さい!

先輩の声

ページの先頭へ戻る

客員指導医

大杉 泰弘

大杉 泰弘(オオスギ ヤスヒロ)

橋本 忠幸

橋本 忠幸(ハシモト タダユキ)

ページの先頭へ戻る