We Deliver The Best ~まごころ医療、まごころサービス  それが私たちの目標です~

飯塚病院 脳神経内科

文字サイズ

飯塚病院

当科の特徴

当科について

当科の特徴

 当科には、現在医師6名が勤務しています(2016年4月現在)。年間の外来新患数は約1,300人、入院患者数は約800人です。入院患者の約8割が救急入院で、脳血管障害、痙攣、髄膜炎・脳炎など神経救急の診療を主体としており、SCUも14床完備しています。外来では、認知症、てんかん、頭痛、パーキンソン病など一般的な神経内科を診ることができ、多発性硬化症、パーキンソン症候群、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症などの神経難病も筑豊地域一円から多数来院されます。福岡県重症神経難病ネットワークの筑豊地区の基幹病院でもあります。剖検数も年間3−4例あり、内科認定医・神経内科専門医を取るための疾患バリエーションには事欠きません。また、当科は日本神経学会教育施設、日本脳卒中学会研修教育病院として認定されており、頻回の回診やカンファレンス、学会発表などを通じて初期・後期研修医の教育に力をいれています。

ページの先頭へ戻る