飯塚病院 中央検査部

中央検査部 > ご利用の皆様へ > 心電図検査

心電図検査

心電図検査とは

 心臓は電気の流れによって、それぞれの細胞が活動し、心臓全体の活動となっています。電気の流れといっても、実際にはかなり弱い、小さな電流ですが、この電気の流れをとらえて、われわれの目に見えるようにしたのが心電図です。通常は両手、両足、および胸の前方6カ所に電極を張り付けて記録します。これを12誘導心電図といっています。12誘導心電図を行うのは、立体としての心臓の中での電気の流れを、心臓のある部分だけではなく、全体の部分にわたって診断するためです。

検査内容

  • 安静時心電図:約5分間の検査時間(記録時間は約10秒)です。
  • ホルター心電図:長時間(約24時間)記録を行い、不整脈や自覚症状との関連を調べます。不整脈や自覚症状には一日のうちの数分だけ出るものもあります。安静時心電図では記録できない場合も多いため、長時間心電図を記録する検査が適しています。
  • 運動負荷心電図(トレッドミル負荷試験/マスター二段階負荷試験):心臓に負荷をかけることによって、心臓の機能や運動耐容能を調べる検査です。
    • 虚血性心疾患の診断
    • 胸痛、動悸、息切れなどの原因診断
    • 心疾患における運動耐容能測定
    • 運動により誘発される不整脈の検出
    • 心疾患の治療効果判定 
    などを目的としています。運動負荷には主に、階段昇降をするマスター二段階負荷試験、動くベルトの上を歩くトレッドミル試験、自転車型のエルゴメーターがあります。当検査部では、マスター二段階試験とトレッドミル検査を行っています。また、トレッドミル試験は循環器内科医師の立会いのもとで行う検査です。

検査の流れ

 安静時心電図、ホルター心電図、マスター二段階負荷試験では、検査時に薄着になっていただくことで検査が可能です。

 トレッドミル負荷試験は心電図と血圧計を装着し、動くベルトの上を歩きます。まずは安静時の記録から行います。その後、動くベルトの上を歩き運動(負荷)していきます。ベルトの速度や傾斜により徐々に負荷量を増やしていきます。負荷は自覚・他覚症状の出現や目標心拍数への到達、心電図・血圧の変化が中止基準に到達した際に終了します。負荷後も上記所見が安静時の状態に戻るまで観察を続けます。検査所要時間は約30分で、負荷前後の心電図変化や症状有無等から総合的に判定をします。

検査を受ける際の注意点

 ホルター心電図は長時間電極を装着するために、装着中に外れないようにテープで固定します。肌が弱い方は装着時に技師へ伝えていただければ、粘着力が弱い電極やテープを使用します。また、機械を装着したままで一日過ごしていただくため、入浴や機械が水に濡れるようなことはできません。機械が水に濡れてしまった場合、機械が故障し検査データの解析ができなくなります。

 トレッドミル検査は負荷をかける検査のため全ての方に行える検査ではありません。下記の心疾患などを有する方は「絶対禁忌」として行うことができません。また、安全に運動負荷検査を行うために、心臓超音波検査を検査前に受けていただきます。

【絶対禁忌となる疾患】

急性心筋梗塞(急性期)、不安定狭心症、重症大動脈狭窄症、重症の不整脈・心不全など。

検査結果について

 心電図検査は簡単で、痛みもなく、検査時間も非常に短い検査です。心電図検査によって不整脈や心筋の虚血、心臓の肥大などさまざまな情報を得ることができます。安静時心電図およびマスター二段階負荷試験は検査後すぐに結果が分かりますが、ホルター心電図は解析に約1週間を要します。心電図検査のみで断定できないこともあります。その際は他の検査も行うことがあります。

 また、トレッドミル負荷試験では目標心拍数まで負荷を行います。目標心拍数とは十分な負荷量がかかったと考えられる心拍数のことで、これを上回る心拍数まで負荷したときに有意な心電図変化が現れない場合に、はじめて「虚血は無い」という評価ができます。

このページの一番上へ