飯塚病院 中央検査部

中央検査部 > ご利用の皆様へ > 血液検査 > 血液型

血液検査 血液型

血液型について

 血液型は赤血球の膜の上に存在する抗原と呼ばれる糖によって決まります。輸血が必要となるときは、輸血する人とされる人の血液型が適合しないとさまざまな副作用が発生します。安全な輸血を行うために、血液型検査は欠かせません。

ABO血液型

 赤血球膜上にA抗原が存在するものをA型、B抗原が存在するものをB型、A抗原とB抗原の両方が存在するものをAB型、どちらも存在しないものをO型と呼びます。また、血清中には赤血球と反応する抗体と呼ばれる物質が存在します。A型血清中には抗B、B型血清中には抗A、O型血清中には抗A、抗Bが存在し、AB型血清中にはどちらも存在しません。A型の人はA抗原と抗Bを持っているので、もしもB型の血液を輸血してしまうと患者さんの抗Bが輸血されたB抗原を攻撃して副作用が起こってしまいます。日本人では10人に4人がA型、3人がO型、2人がB型、1人がAB型です。血液型は、この抗原と抗体を調べることで決定します。

Rh血液型

 赤血球膜上にD抗原を持つものをRh陽性、D抗原を持たないものをRh陰性と呼びます。日本でのRh陰性の頻度は0.5%程度です。

検査方法

 血液型の検査には黄色の採血管で採血が必要です。この採血管に5mlほど採血をします。患者さんから採血した検体は遠心されて、血球成分と血漿成分に分けられます。ABO血液型の検査には、患者さんの赤血球を用いて抗原を調べるオモテ検査と患者さんの血清を用いて抗体を調べるウラ検査があります。オモテ検査とウラ検査の結果が一致して初めて血液型が決定します。Rh血液型の検査は、患者さんの赤血球を用いて抗原を調べることで行います。ある抗原に対して同型の抗体が結合すると、赤血球は凝集します。この凝集の有無から血液型を判定します。さらに、検体間違いや患者間違いを防ぐために、血液型検査は同一患者から採取された異なる時点での2検体で、二重チェックを行う必要があるとされています。

オモテ検査

オモテ検査の結果 患者さんの赤血球を抗A血清(青い試薬)、抗B血清(黄色い試薬)と反応させて凝集の有無を判定します。例えば、抗A血清に凝集があれば、A抗原を持っていることになります。

ウラ検査

 患者さんの血清をA抗原を持つ血球(A血球)、B抗原を持つ血球(B血球)と反応させて凝集の有無を判定します。例えば、A血球に凝集があれば抗Aを持っていることになります。

このページの一番上へ