飯塚病院 中央検査部

中央検査部 > ご利用の皆様へ > 感染症検査

感染症検査

感染症検査とは

 感染症の診断と治療に欠くことのできない検査で、感染症を引き起こす原因微生物を特定する検査です。血液、喀痰、尿、便、膿などの検体中に存在する細菌を同定し、どんな薬が効くかを検査します。

検査内容

  • 一般培養検査
    患者さんから提出された検体を寒天培地に塗布して、35℃で培養します。細菌が発育したら、菌名を決定するための検査をし、同時にどんな薬剤(抗生物質)が効くかを検査します。
  • 抗酸菌検査
    喀痰などの検体に結核菌などの抗酸菌がいるかどうか検査します。一般細菌とは違って、菌が発育するのに時間がかかります。
  • 迅速検査
    検査キットを用いてインフルエンザウイルスやA群溶連菌などの迅速検査は、検体到着から30分以内に報告しています。βDグルカン・エンドトキシンも測定しています。
  • PCR検査
    結核菌のPCR検査では、塗抹検査陽性報告から1時間で結核菌かどうかを検査できます。また、マイコプラズマのPCR検査も行っています。

培養検査の流れ

  • 一般培養検査
    1日目:グラム染色、分離培養
  • 顕微鏡などを用いて確認

  • 喀痰のグラム染色像
    (肺炎球菌とインフルエンザ桿菌)

  • 分離培養


2日目:細菌同定検査・薬剤感受性検査


3日目:結果報告


  • 抗酸菌検査
    結核は、咳により飛散した結核菌飛沫核を吸い込むことにより感染します。蛍光染色にて抗酸菌陽性の場合、右図のLAMP法を行い1時間以内に結核かどうかの報告をします。

検体採取時の注意点

 保存状態や検体の取り方により、検体の良し悪しが決まります。
 喀痰では検査に適した検体か否かを肉眼的に評価して、適さない検体は取り直しをお願いしています。患者さんのご協力が重要となりますので、検査前には外来や病棟で説明を受けていただきます。

  • 良質な痰

  • 質の悪い痰=唾液

血液培養陽性時の電話連絡

  血液培養自動分析装置にて血液培養ボトルが陽性転化してから、30分以内にグラム染色結果を主治医(休日は病棟)に報告しています。

感染制御チームの一員として

 週に3回、感染症の先生と共に、適切な抗生剤が使われているかを確認するために血液培養ラウンドを行っています。感染症ドクター(ICD)、感染管理のナース(ICN)、薬剤師とともに感染制御チームの一員として、感染管理委員会をはじめ、様々な活動に参加しています。検査結果をできるだけ早く正確に報告し、耐性菌などの情報提供に努めています。

感染症検査室の現在

 2016年1月にリニューアル工事を終え、前室から部屋全体が見渡せるようになりました。作業台も一新し、若者ばかりですが向上心を持ち業務にあたっています。菌は生き物のため、休日も交代勤務で365日検査を行っております。
 分からないことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


このページの一番上へ