飯塚病院 中央検査部

中央検査部 > ご利用の皆様へ > 超音波検査

超音波検査

超音波検査とは

 人の耳に聞こえる音の範囲は、大体20Hz~20000Hz(20kHz)と言われています。これより周波数が高く、人が聞くことを目的としない音が超音波と呼ばれています。超音波検査は、この超音波を利用して体外から体内の情報を得ようとする検査です。みなさんは、「やまびこ」を経験されたことがありますか?山登りをした時に「やっほー」と叫ぶと、その自分の声が反射して聞こえてきます。

 この原理と同じで、体外から音波を発し、それが体の中の臓器で反射されます。この反射された音波を取り込み、画像化したのが超音波(エコー)検査です。超音波検査は、前述したように音を利用していますので、体への負担は少なく、検査時に痛みを伴いません。また、X線等の検査と異なり、放射線を使用しませんので、被爆がなく、繰り返しの検査が可能です。検査には検査部位にあった小さな機械(超音波プローブ)を用います。

検査の項目

  • 腹部:お腹が痛い場合や血液検査で異常が見つかった場合などに、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、膀胱、前立腺、子宮などの大きさや(肥大や萎縮の有無)、炎症の有無、腫瘤・腫瘍の有無、形態異常・結石の有無などが分かります。
  • 乳腺・甲状腺:乳腺・甲状腺に超音波プローブをあて、腫瘤の有無を調べます。
  • 血管:頚動脈検査や下肢血管検査があります。頚動脈検査では首に超音波プローブをあてて、血管壁の圧さや心臓から脳へ向かう血流を計測するほか、プラーク(コレステロールの塊など)の有無や、血管の狭窄の程度を調べます。
  • 心臓:心臓の形態、動態、機能、血流情報を非侵襲的に得られる検査です。
  • その他:皮下腫瘤や関節を観察します。

検査を受ける際の注意点

 検査内容によっては、絶食が必要な場合があります。(このような場合、特に卵類や乳製品は控えていただきます。)また、検査のために、尿を溜めていただくこともあります。

絶食が必要な理由
 絶食は、基本的に腹部を検査するときに必要です。特に、胆道系を検査するときは必ず絶食の必要があります。食事を摂ることで胆嚢は胆汁を出し萎縮してしまうため、超音波検査による観察が困難になります。さらに、萎縮している状態が食事の影響であるのか、病的な状態であるのかの鑑別が困難となり、再検査しなければならなくなります。また、食後は胃の中にたくさんの食物残渣があるため、胃の周辺にある臓器(膵臓など)の観察が絶食時よりも困難となります。腹部の検査の場合でも腎臓のみなどの場合や血管、甲状腺、乳腺、心臓の際は絶食の必要はありません。
尿溜めが必要な理由
 “尿溜め”とは膀胱の中に尿を溜めることです。膀胱の状態を詳しく観察するときや女性は婦人科付属器、男性は前立腺を観察するときに必要となります。尿が全く溜まっていないと、膀胱は超音波検査での観察が困難になります。尿を溜めることではじめて膀胱内の状態が超音波検査で観察できるようになります。
 また、婦人科付属器や前立腺は、膀胱の後ろに存在しているため、膀胱に尿が溜まっていないと周囲の腸管のガスにより描出が困難となってしまいます。超音波は、腸管ガスのような気体は伝わりにくく、尿などの液体は伝わりやすいという特性を持っているため、前立腺や婦人科付属器の前面に尿の溜まった膀胱があれば、より観察しやすくなります。

このページの一番上へ