飯塚病院TOP > 看護部 > 飯塚病院のナースの「リアル」 > 病棟 > 西3階病棟

飯塚病院のナースの「リアル」

病 棟

西3階病棟

病棟紹介
山下看護師長
看護師長
上川 重昭
病床数
50床
スタッフ数
看護師:33名、介護福祉士:4名、クラーク:2名、
ナースエイド:3名、ナースアシスタント:1名
勤務形態
日勤看護師数:12名、
準夜勤看護師数:4名、深夜勤看護師数:4名
病棟の特殊性は?
心身合併症センターは精神疾患(統合失調症、双極性障害、知的障害、認知症など)を抱える患者さんが、身体不調をきたし、入院診療が必要となった場合、また手術後の一時的せん妄などで、一般の専門病棟では対応が難しい患者さんなどを受け入れるなど、幅広い疾患に対応しています。
病棟スタッフは身体症状と精神症状がともに重症である患者さんをケアしており、鋭いアセスメント力や専門知識だけでなく、精神疾患を抱える患者さんの心を理解する態度が求められます。
病棟の現在の活動で紹介したいことや全体で取り組んでいることは?
精神的、身体的に不安定な状態の患者さんが多く、治療やケアの理解が得られない場面も多くありますが、その中でも患者さんの制限を最小限にし、合併症予防に努めながら介入しています。
看護師だけでなく介護福祉士・ナースエイド・アシスタントなど、スタッフ全体がチームとなって患者さんの回復過程を支えることに注力しています。
最後に一言!
急性期総合病院の医療現場は常に変化しており、高い技術と判断力、そしてスピードが求められます。
しかし、これらは1人の力では成し得ない事も多く、個々の強みを生かしたチーム医療を高い水準で保っていかなければなりません。
私たちは日々“患者さん第一(Patient First)”のケアを心がけながら、自分たちも経験と自己研鑽を積み重ね、「日本一のまごころ医療」を目指して全力で取り組んで参ります。