当科について

各チームの1日をご紹介しています。ぜひご覧ください。




当科の働き方改革

当科では働き方改革の目標を明確化しています!

題して「働いている時間内の質・生産性の向上」

当院の理念「Patient first」を実現するためにも、医療者がいきいきと、元気に働いていることがとても重要です。プライベートの充足もおろそかにはできません。
実際に、睡眠遮断は臨床能力に影響を及ぼし、患者安全面で重要な因子である可能性があるとの報告もあり、当直明けの正常の判断が不能といえます。
そこで、科としてやらないといけないと考えました。それが

  • 業務の効率化
  • ムダの削減
  • 必須でない業務の見直し

以前から、若手スタッフを中心に、IT(Slackなど)を取り入れ、これまでの常識にとらわれることなく、効率・生産性をあげる取り組みを行いました。
その結果、時間外を減らせ、仕事の効率も上がり、プライベートな時間もしっかり持てることで、遠方や子育て中のスタッフも働きやすくなりました。

その他、私たちがやめること、これから大事にしたいことを決めました。

  • 「昨日●時まで残って仕事した」などの武勇伝禁止
  • 「俺の頃は・・・」など過去の自分と比べるのは禁止
  • 教育という名の残業指導の禁止
  • 業務と自己研鑽を区別化
  • 最前線に立つレジデントの意見を重視
  • 全体が言いたいことが言える場作り
  • 臨床以外の興味深い分野の紹介
  • 休むときは休む。そして働くときは時間を決めて精一杯しっかり働く!!!
私たちは、引き続き「日本一働きやすい(働きたい)総合内科」を目指していきます。

働き方改革 具体例

より多くの仲間を集めるために、持続可能な発展のために常に働き方を見つめ直します。人を救うには、まず自分が健康でなければなりません。以下が実際に行った働き方改革アクションプランです。

年休取得

当科では有給取得を推奨しています。全員が最低有給1日/月 もしくは 半休2回/月が取れるようにしています。なるべく希望日に取れるように調整していますが、複数名同一日があった場合には必要に応じて担当者が調整をし、病棟業務に支障が出ないように調整しています。

時間外カンファレンスを日勤帯へ移行

当科はスタッフ中心のスタッフミーティングや、レジデント主体で開催するシニアカンファレンス等複数のカンファレンスがありますが、そのうち科として参加必須と考える、カンファレンスは日勤勤務時間帯への移行を実施しています。2019年度は始業前の病棟チームスタッフミーティング、終業後2週に1回行なっていた全スタッフミーティングを日勤帯へ移行しました。他にも研修医に科として必須と考える週1で終業後に行なっていたジャーナルクラブも日勤帯へ移行を試みております。
これらにより、家族の時間の確保や、福岡市内から通勤勤務もしやすくなっています。

当直明け

深夜帯に働く当直明けは"Patient first"の観点から、業務フリーとしています。少なくとも12時半までにはPHSをマネージャーもしくはフロート(当直明けの人の業務カバーをするのを職務とした医師)が預かり、業務からは開放されます。帰宅して休んだり家族と過ごしてもよいし、自己研鑽をしても良い時間に充てられるようにしています。

長期休暇

年に5日間病院指定の"リフレッシュ休暇"があります。年度始めに科全員のスケジュールを調整し、全員が月曜日〜金曜日までの平日5日間連続休みが与えられます。前後の土日を含めて、7~9日間の休暇があります。その間のカバーはもちろん他のメンバーで全てするため完全業務フリーです。