ご利用の皆様へ

主な疾患・治療について

間質性肺炎

間質性肺炎とは

 間質性肺炎とは何かしらの原因で肺が硬くなっていき、次第に呼吸がしづらくなったり、咳が出たりする病気です。

症状・原因・経過について

 細菌やウイルスが肺に感染して起こる肺炎では、熱や咳、痰を伴うことが多いですが、間質性肺炎ではそういった症状はあまりありません。肺の傷がゆっくりと(数ヶ月から年単位で)拡がり傷が固まっていくため、無症状か軽い息切れ、痰を伴わない乾いた咳を生じたりします。 特に初期の頃は「歳のせい」「タバコを吸っているせい」と思われがちで、病院受診が遅れ、進行した状態で診断される方もいらっしゃいます。
 この病気は、背中側の肺から拡がっていくため、初期にはレントゲン検査でも分かりづらく、背中の聴診をしたとき、傷のある肺が膨らむときの「パチパチ」「パリパリ」とした音で気付かれることもあるため、気になる方は、レントゲン検査だけではなく、医師の診察を受けていただくことも大切です。

診療風景

 間質性肺炎が疑われた場合は、これまでの生活の様子(喫煙の有無、職業の内容、ご自宅の環境、ペット飼育の有無など)やこれまでに罹ったことがある病気や内服しているお薬など、さまざまな情報を収集させていただき、間質性肺炎になりうる原因がないか、確認させていただきます。筑豊地域では、以前炭鉱で働かれたり、粉塵を多く吸入されたことがある方に、この間質性肺炎が隠れていることがあります(「塵肺症」の中のひとつのタイプと考えられます)。
 ほかに、関節リウマチなどの膠原病に罹患している方、漢方薬を内服している方、さらに身内に間質性肺炎を患った方がいらっしゃる方の中に、この病気が隠れていることがあります。

 さまざまな情報を収集させていただいてもなお、原因が同定(特定)できない方がいらっしゃいます。その場合は「特発性(原因不明)間質性肺炎」と診断され、国の指定難病に該当します。

 間質性肺炎は、進行してしまうと、日常生活でも酸素投与が必要になったり、急激に呼吸状態が悪化したり、肺がんを併発される方もいらっしゃいます。以前はこの病気に対する有効な治療方法はありませんでしたが、最近では、病気の進行を緩やかにすることが期待できるお薬が開発され、実際にその薬を内服され、効果を実感されている患者さんもいらっしゃいます。こういったお薬の適応があるか検討するために、あるいは呼吸状態や肺がんの定期チェックのために、呼吸器内科の定期的な受診が大切です。

 以下の項目に該当する方は、かかりつけの医師に相談するか、呼吸器内科を標榜している病院の受診を考えましょう。

びっくり
  • 40歳以上の方で、最近息切れや咳(特に痰を伴わない咳)が気になりだした方
  • 血縁関係のあるご家族の中に「間質性肺炎」を患った方がいらっしゃる方
  • 関節リウマチなどの膠原病を患っている方(かかりつけの先生に、間質性肺炎がないか確認してみてください)

 40歳以上の方で、最近健康診断や胸部レントゲン検査を受けていない方は、一度レントゲン検査を受けることをおすすめします。

 病気の詳細が知りたい方は、以下のリンクもご参照ください。

一般社団法人日本呼吸器学会ホームページ「呼吸器の病気 D-01 特発性間質性肺炎」
http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=20
難病情報センターホームページ「特発性間質性肺炎(指定難病85)」
http://www.nanbyou.or.jp/entry/156

~飯塚病院 呼吸器内科の取り組み~

間質性肺炎 専門外来

 当院では、間質性肺炎の患者さんを対象とした専門外来を設けており、病気に関しての詳しい説明、病状の確認、治療方針に関しての検討を行っています。以下のフローに則っています。

  • 問診、診察:情報収集、背中の聴診
  • 採血、画像検査:採血では膠原病などのチェックも。胸部レントゲンとCT検査を行います。
  • 間質性肺炎の状態の評価:呼吸機能検査(肺活量検査)、心臓検査、歩行検査、肺の硬さの検査、体脂肪や筋肉量の検査など

    ※肺のなかの細胞の状態をみるために、肺のカメラ(気管支鏡検査)を行うことがあります。

    ※手術で肺を一部切除して、切除した肺を顕微鏡で観察する病理検査を行うこともあります。

  • 治療の検討:[1]~[3]を定期的に行いながら、治療で得られるメリットとデメリットを考慮しつつ、そのときの病状に応じた治療方針を検討していきます。

(文責:飯塚病院 呼吸器内科 靏野 広介)

【外来日】
日時:毎週木曜日午後2時から
場所:呼吸器内科外来
完全予約制ですので、かかりつけの先生に「間質性肺炎専門外来」受診希望の意向をお伝えいただき、まず呼吸器内科外来を受診されてください。