飯塚病院 中央放射線部

中央放射線部 > ご利用の皆様へ > マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査

 当院のマンモグラフィ検査はすべて女性診療放射線技師が対応しております。
 また、乳がん検診と診療(主に外科)において、マンモグラフィ検査を実施しています。

 2013年3月に更新した装置(富士フィルムメディカル社製“AMULET”)により、マンモグラフィだけではなく、マンモトーム生検も行うことが出来るようになりました。

マンモグラフィとは?

 乳房のX線撮影のことをいいます。乳房は柔らかい組織でできているため、専用の装置を使って撮影します。乳房を上下・斜め上下方向から板で挟んで、圧迫し、乳房を薄くして写真を撮ります。圧迫するときに、人によっては痛みを伴うことがありますが、痛すぎて我慢できなかったり気分が悪くなったりしたときには、ご遠慮なく技師にお伝えください。

マンモグラフィ検査の様子

マンモグラフィに関して詳しく知りたい方は、こちらのホームページをご覧ください。

マンモグラフィ画像(CC頭尾方向撮影)
マンモグラフィ画像(MLO内外斜位方向撮影)

マンモトーム生検とは?

マンモトーム生検で採取した
組織のX線画像

当院では、富士フィルムメディカル社“AMULET”の装置を使用して、マンモトーム生検を行っています。
 マンモトーム生検とは、マンモグラフィで写った石灰化(白い粒状のもの)が良性か悪性か識別するために、マンモグラフィで石灰化の位置を確認しながら針を刺し入れ、針の側面にある吸引口で組織を採取する検査のことです。

乳がん検診のすすめ

 現在、日本において乳がんの罹患率(一年間で乳がんにかかる人の割合)が非常に高く、年々増加傾向にあります。乳がんによって亡くなる方の数を減少させるには、早期発見をすることが重要となります。早期発見のためには、乳がん検診を受けることが望ましいです。
 当院の予防医学センターにおいて、乳がんドック(マンモグラフィ、超音波検査など)を行っております。乳がんドックの対応スタッフはすべて女性です。お申し込み方法や内容などの詳細は、予防医学センターのホームページをご参照ください。

>> 飯塚病院 乳がんドックのご紹介 <<

検査におけるお願い

  • 撮影する範囲は、乳房から脇の下を含めた範囲になります。検査前に上半身の衣類を脱いで専用のケープを着ていただきます。そのため、検査当日はセパレートの(上下が分かれた)洋服を着て来られることをおすすめします。
  • ペースメーカーやICD、V-Pシャント(脳室腹腔シャント)、CVポートなどの埋込み式の医療機器が体内にある場合は検査ができないことがありますので、スタッフまでお知らせください。
  • 体に貼る薬剤や湿布などを胸に貼られていましたら、別の場所に貼り換えてください。
  • 豊胸・再建手術をされている方はスタッフまでお知らせください(内容物破損の可能性があります)。
  • 妊娠中の方および授乳中の方はスタッフまでお知らせください。
  • 制汗剤スプレーやボディクリームは検査前に拭き取っていただくことがあります。

当院のマンモグラフィ撮影装置

 当院では、乳がん検診用に予防医学センターに一台、診療(主に外科)用に一台、合計二台のマンモグラフィ撮影装置があります。
 以前は一台のみの運用でしたが、予防医学センターの移設に伴い増設いたしました。
 診療(主に外科)用に使用しているマンモグラフィ撮影装置(富士フィルムメディカル社製“AMULET”)は、2013年3月より使用しています。こちらの装置は、マンモグラフィ撮影だけではなく、マンモトーム生検も行うことが出来ます。

富士フィルムメディカル社製
“AMULET”

このページの一番上へ