飯塚病院 中央放射線部

飯塚病院TOP > 中央放射線部 > ご利用の皆様へ > 透視検査

透視検査

 透視検査とは、X線を利用して透視や撮影を行う検査です。X線透視では、造影剤を飲んだり注入したりして、X線写真を撮影していく検査です。皆さんがご存知の胃のバリウム検査をはじめ、食道、小腸、大腸などの消化管の検査を行います。また、内視鏡を使用した検査・治療の補助的役割や、骨折や脱臼の検査・治療などを行います。

検査内容

第一、 第二透視室
食道透視、胃透視、食道嚥下、瘻孔造影、PTCD、静脈造影、シャントPTAなどの検査を行っています。
予防医学センター
上部消化管X線検査(胃バリウム検査)を行っています。
内視鏡センター
食道、胃、十二指腸、大腸の精密検査。内視鏡を使用した食道・胃などの静脈瘤硬化療法、ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)、ダブルバルーン内視鏡を使用した小腸ファイバーなどを行っています。

 内視鏡センターの透視装置の内2台はpicture in picture が搭載されています。
 透視画像と内視鏡画像を同一画面に表示しリアルタイムで記録ができます。
 内視鏡画像の場所の同定ができ、大変有用です。


ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)
内視鏡を使用し、胆管・胆嚢・膵管などの検査や治療を行います。


硬化療法(食道.胃静脈瘤)

透視装置

島津社製 SONIALVISION Safire
第一透視、内視鏡センター(DSA可能)
予防医学センター  計3台設置
直接変換方式FPD搭載
C-VISION Safire
内視鏡センターに設置(Cアーム)
直接変換方式FPD搭載
DAR3000
第2透視室に設置(DSA可能)
I.I-DR方式 
FLEXAVISION F-3
内視鏡センターに設置
間接変換方式FPD搭載

このページの一番上へ