飯塚病院 中央放射線部

中央放射線部 > ご利用の皆様へ > 血管造影検査

血管造影検査

血管造影とは

 カテーテルから、血管内に造影剤を注入し、X線画像上に血管を表示させる方法です。主に血管の形状や血液の流れを調べます。
 当院の血管造影検査は主に血管造影検査室心臓カテーテル検査室手術室(心臓血管外科)の3ヶ所で行われています。

血管造影検査室

 血管造影検査室では腹部血管、頭部血管、胸部血管等の造影検査、腫瘍部位へ抗腫瘍剤を注入し、腫瘍に栄養を送る血管を塞ぐ血管化学塞栓術(TACE)、動脈出血の止血塞栓や動脈瘤、動静脈奇形への塞栓術等の治療が行われています。
 緊急を要する治療も行うため、診療放射線技師が24時間待機して対応しています。

IVR装置:Infinix Celeve-i /INFX-8000C(東芝社製) 設置年月H27.6
CT装置:Aquilion LB(東芝社製) 設置年月H27.6

心臓カテーテル検査室

 心臓カテーテル検査では、心臓疾患の確定診断や重症度診断を行うために、カテーテルを用いて、心臓内腔の心圧測定や心拍出量測定、心臓の血管造影が行われています。
 冠状動脈カテーテル治療(PCI)、上肢動脈や下肢動脈の末梢血管治療(EVT)、頻脈性不整脈を治療するカテーテルアブレーション、ペースメーカー植込み術等が行われています。
 急性心筋梗塞等、緊急検査・緊急治療も行われるので、診療放射線技師は、24時間待機して対応しています。


第1心カテ室:Trinias B8 MiX package(島津製作所製) 設置年月H28.6
第2心カテ室:Trinias F12 MiX package(島津製作所製) 設置年月H28.9

手術室(心臓血管外科)

 手術室では、心臓血管外科の医師が大動脈瘤や大動脈解離に対してステントグラフト内挿術という手術を行っています。そこで、移動型DSA装置を用いて大動脈造影検査を行いながら手術をしていきます。


DSAポータブル装置:Cios Alpha(SIEMENS社製) 設置年月H28.4

このページの一番上へ