飯塚病院 中央放射線部

飯塚病院TOP > 中央放射線部 > ご利用の皆様へ > MR検査

MR検査

MRI検査について

 MRI(magnetic resonance imaging)検査とは、強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して体の臓器や血管を撮影する検査です。検査している最中に大きな音がしますが、特に痛み等はありません。
 当院ではMR検査と呼んでいますが、これは他の放射線検査であるRI検査と混同しないようにするためです。

頭部
非造影MRアンギオグラフィー
腰椎
骨盤(女性)
MRCP(胆管膵管撮影)

 様々な病気の発見や診断の役に立つことができます。特に脳や脊椎、四肢、乳房、肝臓、また子宮、前立腺などの骨盤内に生じた病変の描出に優れています。

第1MR
Signa HDxt 1.5T (GE横河メディカル)
第2MR
Signa HDxt 1.5T(GE横河メディカル)

 当院では、SignaHDxt 1.5T(2009/5)、SignaHDxt 1.5T(CVからのヴァージョンアップ)(2009/03) (GE横河メディカル社製)の2台で検査に対応しています。

MRI検査中の注意事項について

  • 検査時間は約20分~1時間程度です。(検査部位・条件によって異なります)
  • 造影剤を使用する検査や検査内容によっては絶食、絶飲食が必要になります。
    (喘息がある場合は基本的に造影検査ができません)
  • 洋服などに金属がある場合、検査着に着替えていただくことがあります。
  • 検査室へは金属類、電子機器、磁気カード(キャッシュカード、駐車券など)の持込ができません。 (ロッカーに預けることができます)
  • 検査中に気分不良などの異常を感じた場合には、ブザーを押してお知らせください。

次のような方はMRI検査を受けられないことがあります。

次のような方はMRI検査を受けられないことがあります。

  • MRI対応しているかどうか不明の金属が体内に入っている方
  • 閉所恐怖症の方
  • 入れ墨のある方
  • 義歯に磁石を埋め込まれている方
  • 妊娠3ヶ月以内の方(または妊娠が疑わしい方)

※頭部、特に眼の周辺の検査の場合に、お化粧を落としていただくことがあります。
カラーコンタクトレンズは材質的に金属が使われている場合がありますので、検査前に外していただきます。

不明な点がございましたら、遠慮なくスタッフにお尋ねください。

このページの一番上へ