女性のこの症状、ストレスかも?!
ストレスチェックで早めに対策を

女性のこの症状、ストレスかも?!ストレスチェックで早めに対策を

  • 2016.12.09
このエントリーをはてなブックマークに追加

現代のストレス社会、女性は特に注意です

 厚生労働省が働く人に行った健康状況調査において、約60%が何らかのストレスを抱えているという結果が出ているほど、ストレスが多い現代社会。特に働く女性は結婚や出産、育児などで環境が変わりやすく、男性よりストレスを受ける機会が多くあります。

ストレスから現れる症状・病気とは?

 ストレスが上手に発散できないと、ストレスに対応するホルモンが過剰に分泌されてしまい、心や体に変調をきたします。例えば、睡眠障害、排便リズムの変調、頭痛など、たくさんの症状が現れます。これらの症状をそのままにしておくと、メンタル面の不調や身体の不調として頭痛や腰痛、胃腸の不調などの症状などが現れてしまうことも。また、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなり、不妊症になってしまうこともあります。

ストレスへの対策はお早めに!ストレスチェックで自分を知ろう

 2015年12月から、従業員数50人以上の事業所では、年1回ストレスチェックを行うことが義務化されました。職場で行われるストレスチェックは、詳しく調査するために多くのチェック項目が設けられています。しかし、状況に応じて変化する心の健康状態は、普段から定期的にセルフチェックし、知っておくことが大切です。
 そこで、簡単にできるストレスチェックの一例をご紹介します。

≪ストレスチェック一覧の例≫
=チェック方法=

 最近1ヶ月間の状態について、下表の9つの質問項目に関して「ほとんどいつもあった・4点」「しばしばあった・3点」「ときどきあった・2点」「ほとんどなかった・1点」のうち、自分に近いものを選び、分野毎の合計点を計算します。
女性のこの症状、ストレスかも?!ストレスチェックで早めに対策を
=チェック結果=
各分野の合計点がそれぞれの基準点を超えているかを判定します。
■「疲 労」分野:合計点が12点以上の方
■「不 安」分野:合計点が11点以上の方
■「抑うつ」分野:合計点が10点以上の方
 一つでも基準点を超えている場合は、産業医など専門家との面接が必要な状態かもしれません。早めに専門機関へ相談してみてはいかがでしょうか。

ストレスは早めの対策が肝心です

 例えば、あなたが上司との対人関係でストレスを抱えていたとします。そんな時、どうすればストレスを減らすことが出来るのでしょうか?
 まず、人間関係は割り切って付き合うのがポイントです。上司からいろいろ言われるのは自分が期待されているがゆえのこと、などとプラスに考えることも大切です。
 また、ストレスの原因から離れる時間を作ることが大切です。お風呂にゆっくり浸かったり、アロマオイルでリラクゼーションしたり、適度な運動などもいいでしょう。


編集者より
 女性はストレスを受けることで体調が変わりやすいもの。定期的にストレスチェックを行い、症状が出る前に対処していきましょう!忙しい中でも素敵な毎日を送りたいですね。

関連記事