むくみで困っていませんか?
漢方から考えるむくみと解消法

むくみで困っていませんか?漢方から考えるむくみと解消法

  • 2016.02.26
このエントリーをはてなブックマークに追加

むくみはどうして起こるの?その原因は?

 女性でむくみに悩む方は多いですよね。むくみとはどのように起こるのでしょう。漢方では人の体は「気・血(けつ)・水(すい)」から成り立つものと考えていて、むくみは「水」が滞っている状態を指します。
 むくみの原因は不規則な生活、睡眠不足、塩分や糖分の多い食生活やストレス、冷えが挙げられます。
 なお、むくみは心不全、腎臓や肝臓の病気、下肢の静脈血栓症などでも起きますので、むくみがひどい場合や心配な場合は医療機関を受診してください。

漢方での診断はこのようにします

 漢方の診察方法は以下の4つがあります。

●望診(ぼうしん)-顔色や皮膚の色、舌の様子、動作や歩き方も観察します
【水毒の特徴】舌が腫れぼったくて、舌の縁に歯形が見られることがあります
●聞診(ぶんしん)-声の大きさやにおいをチェックします
●問診(もんしん)-現病歴や既往歴、そして患者さんの体質について尋ねます
【水毒の特徴】特に雨や台風の日の頭痛、口の渇きやめまい、乗り物酔い、汗や尿の量などを重要視します
●切診(せっしん)-手首の動脈の状態をみたり、お腹に触れて温度や抵抗感や圧痛の有無などを観察します
【水毒の特徴】脈が細く、胃のところを軽くたたくと「チャプン」と音がするといった特徴があります

 以上から患者さんの体の状態をみて、「水」が滞る「水毒・水滞」という状態になっていればそれに合わせた漢方を処方します。

体質によって漢方薬も変わります

胃がん検診ってどんな検査?

 むくみが考えられる時、体質の違いで処方される漢方薬も変わります。以下にむくみの漢方薬を一部ご紹介しますね。

●のどが渇いて尿量が少ない。汗をかきやすく、雨の前は症状が悪化する-五苓散(ごれいさん)
●膝より下の冷え、腰痛など、下半身の不調があり、切診でへそより下の腹部の力が弱い-八味地黄丸(はちみじおうがん)
●虚弱で疲れやすく、冷え性でめまいがある-真武湯(しんぶとう)
●顔色が悪く、冷え性で月経不順や月経痛がある-当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

これら以外にもさまざま漢方が処方されます。
詳細は飯塚病院 漢方診療科 浮腫のページをご覧ください
https://aih-net.com/medical/depart/kanpo/iryou/konnatoki/024.html

女性に起こりやすいむくみ、うまくケアしてスッキリしましょう

 現代は交通機関の発達、運動する機会の減少、デスクワークの増加などで体を使う機会が減っています。ですから体を動かして血流を良くし、食生活を始め、生活習慣を見直してむくみケアをしましょう。むくみ解消法にはこのようなものがあります。

●足のマッサージをする
●ゆっくり入浴し、体を温める
●長時間同じ姿勢をとらず、ストレッチなどで体を動かす
●定期的に運動する
●足を高くして休む
●水分、アルコール、塩分の取りすぎに注意する

編集者より

漢方薬は、症状の改善だけでなく体質改善もできるのが魅力的ですよね。漢方でむくみを解消し、体の調子が良くなれば、心も安定します。心身ともに健康になれますね。

関連記事