TOP > 病院・診療科のご案内 > 診療実績

診療実績

2016年4月1日から2017年3月31日までの退院患者さんのDPCデータより集計しています。
10未満の数値につきましては、-(ハイフン)で表示しています。

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

2016年度 飯塚病院 病院指標

1. 年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分
10代未満
10代
20代
30代
40代
50代
60代
70代
80代
90代以上
患者数 1,393 418 484 721 1,031 1,495 4,056 4,146 3,562 864

当院では60歳以上がおよそ7割を占めています。高齢化社会に伴い、今後も高齢層の割合が増加していく傾向にあると思われます。当院は総合周産期母子医療センターを併設しており、小児医療にも力を注いでいることから新生児などの割合も増加傾向にあると思われます。

このページの一番上へ

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

■ 総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 164 15.7 12.4 15.2% 72.2
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 99 11.3 9.1 12.1% 70.2
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし 87 20.6 21.3 34.5% 78.7
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 60 26.3 34.9 38.3% 80.1
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 57 6.5 5.5 0.0% 43.9

総合診療科の症例で最も多いのは、急性腎盂腎炎を含む尿路感染症です。次いで腸閉塞、そして誤嚥性肺炎です。すべて高齢者に多く、高齢化が進むこの地域では、今後増加していくものと思われます。

■ 外 科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 8.4 7.6 1.3% 67.0
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 74 7.0 5.3 1.4% 68.8
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 64 5.7 5.6 0.0% 36.7
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 62 18.0 17.7 3.2% 69.5
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 62 15.3 15.9 6.5% 71.4

当科は「地域がん診療連携拠点病院」として、消化管(食道、胃、腸)、肝胆膵、乳腺等のがん診療の中心的役割を果たしています。
各種診療ガイドライン等に沿って、エビデンス(科学的根拠)に基づいた診療を行っています。
九州でも有数の診療実績を誇り、がんの患者さんを中心に年間1,200例以上の手術を行い、また、がん化学療法を年間のべ2,400件以上施行しています。

■ 呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病 なし 175 12.7 12.4 0.6% 70.4
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 125 4.1 3.7 1.6% 72.2
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 119 19.5 19.9 3.4% 72.1
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 100 22.1 21.3 32.0% 82.4
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし 75 15.6 14.8 9.3% 76.6

筑豊地区の超高齢化に伴いまして、肺炎などの呼吸器感染症と肺癌を主とする悪性腫瘍が増加の一途をたどっており、これらの疾患が入院診療の中心となっています。

■ 循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし 158 7.8 4.7 1.3% 70.1
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 152 3.5 3.1 2.6% 69.1
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 130 8.2 5.5 0.8% 66.0
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 92 14.1 13.0 6.5% 68.9
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 78 15.7 18.0 9.0% 80.8

診療の中心となる部分は、心臓カテーテル検査とその技術を利用して心疾患の治療を行う経皮的インターベンション療法です(冠動脈に対するPCIや末梢血管に対するEVT)。
近年、不整脈に対するアブレーション治療を積極的に行い、良好な成績を収めています。

■ 消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 477 3.2 2.7 0.2% 67.1
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 125 10.1 11.1 7.2% 75.7
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 83 9.8 9.0 2.4% 74.4
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 71 14.7 14.3 2.8% 61.2
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし 67 10.6 10.9 10.4% 72.1

消化器内科は内視鏡診療を中心とした消化器病の専門内科です。
入院で最も多い症例は、大腸のポリープ切除です。
胆管結石、胆管炎等では、ドレナージや砕石を内視鏡的に行っています。また、早期癌に対しては独自の技術による切除術を数多く実施しています。

このページの一番上へ

■ 小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 113 3.3 7.1 0.0% 5.5
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 110 6.2 6.0 0.0% 1.5
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 102 6.2 5.8 1.0% 3.4
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2 なし 82 4.2 4.0 1.2% 2.2
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 69 7.0 6.4 1.4% 4.5

小児科で最も多い症例は、てんかんです。次いで肺炎・急性気管支炎・急性細気管支炎などの呼吸器感染症です。
福岡県の筑豊地域の中核病院小児科(地域小児科センター)として、地域小児総合医療(4部門3事業)の更なる充実を目指します。

■ 産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病 なし 94 3.4 5.1 0.0% 66.3
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病 なし 80 3.8 4.9 0.0% 57.7
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 63 16.0 20.8 3.2% 28.4
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 62 6.2 6.4 0.0% 43.1
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 51 5.6 6.3 0.0% 44.9

産婦人科は、妊娠分娩を対象とする周産期領域、婦人科腫瘍(良性、悪性)を対象とする婦人科腫瘍領域、不妊症や内分泌異常を対象とする不妊内分泌領域の3つの領域に分かれています。
周産期領域においては、福岡県総合周産期母子医療センターに指定されおり、ハイリスク分娩に数多く対応しています。

■ 整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 171 26.9 27.6 76.6% 79.9
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 63 24.7 24.4 34.9% 68.6
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 63 3.8 5.5 3.2% 47.9
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 47 29.4 26.3 19.1% 74.4
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 33 4.5 5.3 0.0% 22.1

当科は筑豊地域の基幹病院として日夜診療にあたっており、救急外傷や変性疾患にも対処しています。
当院には救急救命センターが設けられているため、救急外傷の重症例が多く搬送されますが、関係各科と協力して対処しています。
また、従来から行ってきた膝関節の関節温存術に加え、股関節領域でも寛骨臼移動術、大腿骨頭回転骨切り術などの関節温存術を積極的に行っています。

■ 肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 150 12.0 11.7 1.3% 71.1
060300xx0100xx 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 食道・胃静脈瘤手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 89 4.3 14.2 5.6% 60.8
060050xx0310xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2なし 66 11.1 16.0 1.5% 72.5
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 57 11.3 11.1 7.0% 72.7
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 49 13.9 13.5 6.1% 70.1

診療対象の中心は、肝癌と肝炎-肝硬変です。これらの治療法は近年めざましく進歩し、患者さんの予後が大幅に改善されています。
肝癌治療においては、手術症例数と同時に経皮的ラジオ波焼灼療法(腫瘍を電極針で穿刺-焼灼する根治的治療)の症例数が全国的にも注目されています。

■ 神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病 なし 75 16.3 7.1 5.3% 61.5
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 72 22.7 16.5 45.8% 70.6
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 72 21.8 16.7 1.4% 73.8
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 28.2 18.8 51.6% 77.9
010060x2990200 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等22あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 3、4又は5 22 26.5 20.2 4.5% 78.9

神経内科は、入院患者数は約800人です。入院患者の8割以上が急患入院であり、神経救急の診療が主体です。特に脳卒中の急性期治療に力を入れています。
脳卒中のうち脳出血とクモ膜下出血は脳神経外科が担当し、神経内科が脳梗塞を担当します。病歴、診察所見、画像検査などにより正確な病型診断を行ったうえで適切な治療法を選択しています。
発症後4.5時間以内に搬送された患者さんには超急性期血栓溶解療法も行っています。
また、各種神経難病の診療にも取り組み、福岡県重症神経難病ネットワークの筑豊地区の基幹病院にもなっています。

このページの一番上へ

■ 泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 123 6.7 7.4 0.8% 74.0
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 106 2.2 2.7 0.0% 70.6
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 42 7.7 5.8 2.4% 60.5
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 34 13.5 12.5 0.0% 67.8
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病 なし 33 4.0 11.7 0.0% 77.4

手術例数は年間約300例で、副腎・腎・尿管の腫瘍性疾患に対しては、可能な限り鏡視下手術(腹腔鏡下手術、後腹膜鏡下手術、ハンドアシスト法)、腎温存手術などを導入し、minimum invasiveへ進めるよう努力しています。
前立腺疾患については、PSA上昇者に対しての前立腺癌精密検査としての積極的なエコー下生検を施行し、陽性者については手術的または画像診療科と協力した放射線療法(外照射、小線源治療)、ホルモン療法に加え抗癌剤治療(外来化学療法)も施行し、入院期間短縮も図っています。
膀胱腫瘍に関しては経尿道的切除術を施行し、治癒切除不能例についてはStaging後、根治を目指した膀胱全摘+尿路変向術を行っています。
また、最近では腎癌、前立腺癌の新規治療薬剤使用による治療例数は全国でも有数で、高い評価を受けています。

■ 脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 27.2 19.4 72.4% 69.9
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85 13.6 9.9 21.2% 77.4
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 30.6 22.1 80.4% 71.0
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 11.2 7.5 14.6% 62.2
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 6.5 7.1 4.8% 58.0

脳神経外科は、365日、24時間対応の診療体制をとり救急医療に対応しています。また、院内各科の協力の下、脳神経外科病棟、高度治療室(HCU)・集中治療室で入院対応しており、緊急検査・手術が迅速に行える体制をとっています。

■ 腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 103 14.2 12.8 2.9% 69.7
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし 87 2.4 3.4 1.1% 73.2
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等22あり 定義副傷病 なし 54 5.6 9.3 1.9% 69.0
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 31 39.0 37.1 16.1% 72.0
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 19.8 14.6 36.0% 73.5

当院では、慢性糸球体腎炎や糖尿病性腎症の初期段階から、腎障害は進行しても症状のない保存期腎不全期、さらに貧血や倦怠感が出現する高度の腎不全状態に至るまで、幅広く担当しています。

■ 血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病 なし 61 26.3 16.8 3.3% 66.2
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 33 48.9 42.0 6.1% 59.2
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 定義副傷病 なし 33 25.7 34.9 0.0% 65.8
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等25あり 20 26.5 25.1 0.0% 70.7
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 20.9 10.7 5.6% 75.7

日本血液学会認定研修施設であり、筑豊地域で唯一の血液疾患専門内科です。
血液内科の対象疾患は血液疾患全般ですが、特に白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍の治療に力を入れています。

■ 呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 165 14.1 12.7 2.4% 69.8
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病 なし 37 12.2 12.4 0.0% 68.3
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 31 8.9 10.1 0.0% 34.5
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 9.6 14.8 0.0% 75.9
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等28あり 13 9.6 12.0 0.0% 59.9

肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの腫瘍性疾患、膿胸、肺化膿症、肺結核などの炎症性疾患、自然気胸、胸部外傷、重症筋無力症など多岐にわたる呼吸器・胸部全般の外科治療を行っています。
最も多い手術は、肺がんに対する手術で九州でも有数の治療実績があります。

このページの一番上へ

■ 耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 71 6.1 5.5 0.0% 39.4
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 57 9.4 8.1 0.0% 17.4
030428xxxxxxxx 突発性難聴 31 10.7 9.4 0.0% 60.4
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 7.0 7.5 0.0% 45.9
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 21 7.4 9.4 0.0% 46.8

主な手術は、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術、慢性中耳炎・中耳真珠腫に対する鼓室形成術、声帯ポリープなどの声帯病変に対する喉頭微細手術、甲状腺や耳下腺などの腫瘍に対する頚部手術などです。
また当科では、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、頚部膿瘍、突発性難聴、顔面神経麻痺などの緊急入院にも対応しています。

■ 緩和ケア科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 36.3 14.8 0.0% 71.3
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 36.6 7.2 0.0% 75.0
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 19.2 11.2 10.0% 75.5
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 67.3 10.4 0.0% 74.9
060010xx99x0xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 なし
-
-
11.9
-
-

緩和ケアとは、主にがんの患者さんに対して、身体的、精神的、社会的、そしてスピリチュアルな苦痛・苦悩の軽減を図ろうとする医療やケアのことです。
当科では、緩和ケアはがん拠点病院の入院患者さんのみでなく、自宅、介護施設、その他医療機関においても、切れ目なく提供されるべきであると考えています。

■ 心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 49 17.7 12.7 10.2% 76.9
050163xx99000x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 4.8 8.8 6.3% 76.8
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 16 4.3 11.4 6.3% 83.9
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等21あり 定義副傷病 なし 16 23.2 24.7 12.5% 71.6
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 12 33.7 21.9 25.0% 71.3

当科での治療症例は、[1]弁膜症、虚血性心臓病を中心とした心臓外科領域、[2]胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、急性大動脈解離を中心とした大血管領域、[3]四肢末梢の閉塞性動脈硬化症、動脈瘤、静脈瘤といった末梢血管外科、[4]さらにペースメーカ、植え込み型除細動器植え込み、心房細動に対するメイズ手術といった不整脈外科まで心臓血管外科全般にわたっています。

■ 眼 科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 306 2.1 2.9 1.0% 75.3
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 37 6.1 7.7 0.0% 68.3
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 32 7.1 10.5 0.0% 55.9
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 23 6.4 8.3 0.0% 56.8
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 18 8.3 9.2 0.0% 69.8

白内障手術や緑内障手術、網膜剥離手術などの手術を行っています。結膜疾患、白内障・硝子体手術はご希望にあわせて日帰り手術、入院手術の両方を行っています。
近年の白内障手術に対する多様なニーズに対応するため、ご希望の患者さんには多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行っています。

■ 膠原病・リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
070470xx99x5xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等25あり 118 4.8 6.7 0.0% 74.9
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 53 19.9 17.8 3.8% 62.4
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等26あり 26 3.3 2.8 0.0% 61.5
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 なし 20 12.6 14.5 0.0% 71.6
070470xx99x2xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等22あり 10 35.8 25.2 20.0% 73.5

膠原病の中で、圧倒的に患者数が多いのが、関節リウマチ(RA)です。飯塚市を中心とした医療圏内には、約3,000人のRA患者さんがいて、毎年70~100人程度の新規患者さんの発生が推測されます。
リウマチ患者さんの予後は関節破壊をいかに防ぐかにかかっており、関節破壊が発症早期から急速に進むことを踏まえ、可能な限り早期に専門的治療を開始することが重要です。

このページの一番上へ

■ 内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病 なし 85歳未満 39 10.2 14.6 2.6% 62.0
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病 なし 85歳未満 23 10.4 14.9 4.3% 56.3
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 22 6.8 11.5 0.0% 59.9
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満 13 7.1 12.2 0.0% 60.4
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11 4.2 6.1 0.0% 58.9

内分泌・糖尿病内科の主な入院治療は糖尿病です。4日間のクリニカルパスによる糖尿病教育入院システムにより、標準化された医療が提供できるようにしています。
三大合併症に関しては、眼科や腎臓内科との強力な連携により、糖尿病性動脈硬化症を基盤とした脳血管障害や冠動脈疾患に対しては、神経内科、脳神経外科、循環器内科、心臓血管外科との強力な連携により、予防~介入~急性期治療~再発予防に努めています。

■ 皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 27 6.1 8.8 7.4% 74.7
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 27 10.9 12.0 11.1% 72.8
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 12 3.6 4.3 0.0% 52.8
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11 8.5 9.0 9.1% 64.7
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 10 17.2 12.6 10.0% 35.5

救命救急センターからの救急疾患(主に熱傷、壊死性筋膜炎、急性熱性発疹症、蜂窩織炎、帯状疱疹、マムシ咬傷など)に幅広く対応しています。

■ 形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 20 6.3 5.8 0.0% 23.1
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 19 6.6 5.1 0.0% 37.8
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 19 4.8 3.4 0.0% 75.2
140210xx01xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 先天性耳瘻管摘出術
-
-
3.9
-
-
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり
-
-
6.8
-
-

形成外科は特定の臓器を持たない外科です。形成外科単独で行う手術もたくさんありますが、総合病院における形成外科として、他科と連携しチーム医療を行うことでより良い医療を提供することができると考えています。

■ 小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 54 1.3 2.9 0.0% 3.7
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 19 4.5 5.6 0.0% 9.8
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 17 2.8 8.6 0.0% 4.6
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 10 2.2 3.3 0.0% 2.5
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等
-
-
9.9
-
-

小児全般の外科疾患に対して小児に特化したきめ細かい診療を行っています。
神経芽腫、ウィルムス腫瘍(腎芽腫)、肝芽腫などの集学的治療が必要な小児悪性固形腫瘍は、九州地区の小児悪性腫瘍センターである九州大学病院と連携を図り、最新の治療をスムーズかつ迅速に受けていただけるような体制を整えています。
なお、虫垂炎に対する虫垂切除術は全て腹腔鏡下で手術を行っています。

■ 漢方診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群
-
-
10.7
-
-
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし
-
-
7.7
-
-
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 85歳未満
-
-
11.5
-
-
070510xx99xxxx 痛風、関節の障害(その他) 手術なし
-
-
12.4
-
-
170040xxxxxxxx 気分[感情]障害
-
-
20.6
-
-

漢方薬を用いた診療が中心ですが、院内外の他科とも連携して東西医学を融和した医療を目指しています。
具体的には膠原病などの全身性炎症性疾患、生活習慣病、脳外科・耳鼻科疾患、慢性呼吸器疾患、アレルギー性疾患、婦人科疾患、難治性皮膚疾患・泌尿器科疾患、整形外科疾患、易感染性・冷え性・食欲不振・虚弱体質など体質に基づく不健康状態が対象になります。

■ 救急部
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等23あり 20 8.0 39.7 30.0% 76.5
160870xx97x1xx 頸椎頸髄損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 あり
-
-
51.5
-
-
160980xx9710xx 骨盤損傷 その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし
-
-
23.4
-
-
161020xxxxx11x 体温異常 手術・処置等2 あり 定義副傷病 あり
-
-
21.2
-
-
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり
-
-
34.9
-
-

当科の特色の一つに、病院車方式のドクターカーシステムがあります。医師、看護師が乗車し、現場から傷病者に対する診断、処置を開始させるシステムで、平成28年3月には出動累計は2,000件に達しました。

■ リエゾン精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院
日数(当院)
平均在院
日数(全国)
転院率 平均年齢
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし
-
-
19.2
-
-
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等
-
-
27.6
-
-
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし
-
-
21.3
-
-
010250xxxxxxxx アルコール依存症候群
-
-
9.7
-
-
010060x2990220 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等22あり 定義副傷病2あり 発症前Rankin Scale 3、4又は5
-
-
33.4
-
-

平成29年4月1日より飯塚病院の精神神経科はリエゾン精神科と名称を変更いたしました。
一般病棟での精神症状の相談に応じるコンサルテーション・リエゾン活動、心身合併症センター(西3階病棟)の入院患者さんの精神疾患の診療、および、精神科病棟(西1階)での急性期の精神疾患の診療を行っています。

このページの一番上へ

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準
版数
StageⅠ StageⅡ Stage Ⅲ Stage Ⅳ 不明
胃癌 126 24 35 43 15 63 1 7
大腸癌 77 70 53 135
105 1 7
乳癌 56 55 24 18
43 1 7
肺癌 177 57 131 225
193 1 7
肝癌 33 56 68 24
212 1 7

※ 病期分類基準 1:UICC TNM分類、2:癌取扱い規約


UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類です。
T(原発腫瘍の拡がり)、N(所属リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を表わすことができます。
当院は地域がん診療連携拠点病院であり、患者さん個々に合わせて集学的治療を行うとともに、リハビリ・栄養管理・口腔ケアメンタルケアなど多面的なケアにチーム医療で取り組んでいます。

このページの一番上へ

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 60 11.6 54.4
中等症 200 19.3 75.2
重症 39 25.1 83.7
超重症 16 28.1 82.8
不明

入院契機と最も医療資源を投入した傷病名がJ13~J18に限る。


市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎です。この指標では、細菌による市中肺炎を集計しており、ウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による誤嚥性肺炎、気管支炎などは集計対象外となっています。
重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。年齢(Age)、脱水(Dehydration)、呼吸(Respiration)、意識(Orientation)、血圧(Pressure)の5つを点数化して病気の重症度を評価します。

このページの一番上へ

5. 脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群
3日以内
23 10.1 72.9 8.7%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞
3日以内
381 29.3 76.3 48.7%
その他
32 31.6 74.9 4.8%
I65$

脳実質外動脈の閉塞および狭窄、脳梗塞に至らなかったもの

I66$ 脳動脈の閉塞および狭窄、脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患、詳細不明

10未満になることが多い場合、発症時期は分けずに合計した数値を記載する。


一過性脳虚血発作とは24時間以内に消失する一過性の麻痺や感覚異常などの循環障害のことで、繰り返し起こることで脳梗塞を併発する恐れがある重要な疾患です。
脳梗塞は脳を栄養とする血管の閉塞などにより、脳血流が不足し、壊死またはそれに近い状態になることで、閉塞部位によりさまざまな症状を呈します。
経過の中で側副行路が成長するケースは脳梗塞に至らない場合もあります。
もやもや病は50歳以下と若年層に好発し、脳梗塞や脳出血の原因となる疾患で、内頚動脈の終末部が原因不明で細くなり、それを代償するために発達した血管(もやもや血管)が形成される疾患です。
平成28年度において「脳梗塞」と診断された患者さんの9割が発症3日以内でした。ほとんどの患者さんは発症当日に救急搬送、または来院されます。
脳梗塞の急性期治療を終了した患者さんのうち、5割は提携医療機関などに転院し、リハビリテーションや長期療養に専念していただいています。

このページの一番上へ

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

■ 消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 473 0.4 1.9 0.2% 67.2
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 113 1.4 10.1 8.8% 72.5
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 96 1.0 7.3 1.0% 69.0
K654 内視鏡的消化管止血術 88 0.8 10.3 13.6% 73.8
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 等 87 1.3 7.9

2.3%

74.0

消化器内科で最も多い手術は内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術で、大腸(結腸)にできたポリープ(良性腫瘍)を細いワイヤーをかけてきりとる治療です。
内視鏡的胆道ステント留置術は胆管や膵臓にできた癌により胆管が狭窄や閉塞した場合に、ステントというチューブを入れて広げる治療です。
また、胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)では、当科で開発した把持型鋏鉗子(Clutch Cutter®)を用いた内視鏡的粘膜下層剥離術の経験が1,300例を超え、世界最多の実績があります。

治療成績も一括切除率98%、穿孔発生率0.8%という高い根治性と安全性が得られています。

■ 外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 155 2.9 6.3 1.9% 63.6
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 75 1.5 4.6 1.3% 68.9
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 68 4.2 11.4 4.4% 70.8
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 等 63 0.7 3.9 0.0% 36.9
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 48 1.4 6.3 4.2% 69.4

外科で最も多い手術は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。胆嚢摘出術は当科でも90%以上が腹腔鏡下にて行われています。
また、近年は、いわゆる“体に優しい[低侵襲](体への負担が少ない)”とされる内視鏡下手術も積極的に導入しています。

2016年は、胃がん手術の約68%、結腸がん手術の約65%を腹腔鏡下手術で行っており、増加傾向です。

■ 整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 等 155 1.3 22.5 66.5% 74.7
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 等 121 2.3 25.4 31.4% 71.3
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 等 81 1.7 15.7 25.9% 57.1
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 46 4.6 25.0 80.4% 79.8
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 等 44 0.6 3.8 0.0% 43.6

整形外科で最も多い手術は、高齢者の転倒に伴う大腿骨骨折に対する手術です。
大腿骨頚部骨折に対しては平成12年よりなるべく搬送されてから24時間以内に手術をする様に努めており、術後早期に理学療法士の指導の下に早期歩行訓練を開始しています。

変性疾患では特に股関節・膝関節に対する手術を積極的に行っており、人工関節置換術、骨切り術、鏡視下手術などを行っています。人工関節手術においては、設置精度を向上させ、侵襲を少なくするよう心掛けています。

■ 循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 141 6.0 4.7 4.3% 71.5
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 等 99 2.9 5.0 0.0% 67.6
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 等 77 0.0 14.9 10.4% 68.9
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 等 56 5.6 12.6 10.7% 82.6
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 49 0.1 10.1 8.2% 68.7

循環器内科で最も多い手術は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する経皮的冠動脈ステント留置術です。

緊急治療を要する急性心筋梗塞に対しては、当病院に併設されている救命救急センターと協力し、また地域の救急隊の方々と協力することにより、24時間体制で対応し、迅速かつ正確な診断に基づき、的確な治療を行うよう努力しています。

■ 眼科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 305 0.2 1.0 1.0% 74.7
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 等 116 1.4 4.6 0.0% 63.1
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの 等 17 1.1 2.1 0.0% 76.1
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 11 0.8 5.0 0.0% 74.8
K2682 緑内障手術 流出路再建術 等
-
-
-
-
-

眼科で最も多い手術は、白内障手術です。次に多いのは硝子体手術や緑内障手術、網膜剥離手術などの手術です。

結膜疾患、白内障・硝子体手術はご希望にあわせて日帰り手術、入院手術の両方を行っています。近年の白内障手術に対する多様なニーズに対応するため、ご希望の患者さんには多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行っています。

このページの一番上へ

■ 産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 78 1.1 4.1 0.0% 42.0
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 59 1.2 4.8 0.0% 49.1
K877 子宮全摘術 43 2.4 8.0 2.3% 50.3
K867 子宮頸部(腟部)切除術 39 0.0 1.0 0.0% 47.0
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 38 4.5 5.7 0.0% 74.2

婦人科で最も多い手術は、良性卵巣嚢腫や子宮筋腫などの良性腫瘍で、子宮鏡や腹腔鏡を用いた低侵襲手術を積極的に取り入れています。

現在では子宮摘出、筋腫核出、子宮体癌根治術などの手術も腹腔鏡で行うことが可能になりました。

■ 肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管)(その他のもの) 115 1.1 9.0 0.9% 70.2
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 85 1.2 3.9 5.9% 65.0
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートル以内のもの その他のもの 等 58 3.5 6.2 1.7% 72.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 51 1.4 15.1 5.9% 71.8
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートルを超えるもの その他のもの 等 33 3.3 5.4 0.0% 73.7

肝臓内科で最も多い手術(処置)は、血管塞栓術です。

手術やラジオ波などの根治的治療ができない進行肝癌に対するリザーバー動注療法、分子標的治療薬ソラフェニブ治療、放射線治療など、患者さんの病状および背景も考慮した方法で実施しています。

■ 泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 等 122 1.7 5.3 0.8% 74.0
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 38 2.3 10.6 0.0% 70.1
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 等 36 2.4 4.7 2.8% 61.2
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 23 0.4 8.4 4.3% 65.3
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術 15 0.4 18.1 6.7% 82.2

最も多い手術は膀胱腫瘍に対しての経尿道的切除術で、治癒切除不能例についてはStaging後、根治を目指した膀胱全摘+尿路変向術を行っています。

また、尿路結石の治療については、ガイドラインに沿って治療回数の減少と低侵襲を考え、積極的な内視鏡手術(TUL、PNL)を導入し、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を組み合わせる形で、トータルな治療を目指しています。

■ 呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 等 73 2.5 10.9 0.0% 69.1
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 等 53 2.5 9.5 3.8% 69.8
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 等 32 3.8 4.1 0.0% 34.3
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 24 2.0 10.1 4.2% 68.5
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの 等 14 2.8 10.4 7.1% 57.9

全体で年間約300例の手術(うち肺がん150例)を行っています。九州でも有数の手術数です。肺がんはガイドラインに準じ、基本的には病期1A期から3A期までの患者さんに手術を行います。
手術のアプローチ方法には胸腔鏡手術と開胸手術がありますが、個々の患者さんの状態(がんの進行度と全身状態)を慎重に検討して選択します。 8割以上が胸腔鏡手術です。
早期肺がんには根治的縮小手術(区域切除や部分切除)、また進行肺がんには拡大手術と抗がん剤治療をエビデンスに基づき積極的に行っています。

■ 総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 43 2.9 18.3 16.3% 75.9
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 27 2.3 23.1 25.9% 75.4
K654 内視鏡的消化管止血術 19 6.9 23.3 26.3% 77.7
K386 気管切開術 16 9.2 31.3 25.0% 73.5
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 等 10 5.5 14.8 20.0% 76.2

総合診療科の症例で最も多いのは、急性腎盂腎炎を含む尿路感染症で、この治療として尿管ステント留置術を多く行っています。
内視鏡的胆道ステント留置術は、胆管腫瘍や結石で胆汁の流れが障害され、黄疸や胆管炎になっている症例に対して、胆管の出口から内視鏡を用いてステントを挿入し、胆汁の流れをよくする処置です。

また、消化管出血患者も多く、内視鏡的止血術も数多く行われています。

このページの一番上へ

■ 心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 等 39 3.8 11.4 10.3% 77.2
K5611 ステントグラフト内挿術 胸部大動脈 27 5.6 15.3 18.5% 74.3
K597-2 ペースメーカー交換術 14 1.0 1.3 7.1% 84.4
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 等 13 4.9 17.2 0.0% 73.3
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 11 6.1 20.4 18.2% 72.5

心臓血管外科で最も多い手術は、胸部および腹部のステントグラフト内挿術です。

低侵襲である大動脈ステント治療法を導入し、著しい肺機能、心機能低下症例などでも手術適応が拡大しています。

■ 腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 78 0.2 1.3 1.3% 73.1
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 等 61 9.7 22.7 13.1% 69.2
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 16 10.7 41.4 0.0% 68.9
K3772 口蓋扁桃手術 摘出
-
-
-
-
-
K607-3 上腕動脈表在化法
-
-
-
-
-

腎臓内科では、慢性腎不全患者さんへの血液透析導入に際してのシャント作成術を行っています。
作成されたシャントの狭窄や閉塞に対して経皮的血管拡張やステント留置が必要になることがあります。

持続携行式腹膜透析とは、体内にある自分自身の腹膜を透析膜として使用し、からだの老廃物を除去する透析療法であり、在宅で行うことができる療法です。

■ 脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 81 0.9 11.9 22.2% 78.2
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 27 1.6 56.7 55.6% 68.0
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの 等 20 0.5 42.2 85.0% 69.1
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 等 14 7.0 24.3 28.6% 52.9
K145 穿頭脳室ドレナージ術 10 1.0 51.4 80.0% 67.3

脳神経外科での最も多い手術は、慢性硬膜下血腫に対する手術です。次いで動脈瘤破裂によるクモ膜下出血には動脈瘤クリッピングや血管内治療を行い、出血の部位にもよりますが31ml以上の血腫や小脳の出血については血腫除去手術を行います。

■ 耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 50 1.0 7.4 0.0% 20.4
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 24 1.0 4.9 0.0% 47.2
K319 鼓室形成手術 21 1.0 5.4 0.0% 46.8
K6261 リンパ節摘出術 長径3センチメートル未満 11 2.1 5.5 0.0% 64.9
K4571 耳下腺腫瘍摘出術 耳下腺浅葉摘出術 11 1.5 6.7 0.0% 61.1

主な手術は、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃摘出術、慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術、慢性中耳炎・中耳真珠腫に対する鼓室形成術、声帯ポリープなどの声帯病変に対する喉頭微細手術、甲状腺や耳下腺などの腫瘍に対する頚部手術などです。また当科では、扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、頚部膿瘍、突発性難聴、顔面神経麻痺などの緊急入院にも対応しております。


■ 小児外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 59 0.1 0.3 0.0% 4.4
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 18 0.5 3.1 0.0% 9.8
K6333 ヘルニア手術 臍ヘルニア 等 15 0.0 1.1 0.0% 4.3
K836 停留精巣固定術 10 0.2 1.0 0.0% 2.5
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 10 0.7 5.9 0.0% 9.4
小児外科で最も多い症例は、鼠径ヘルニアです。当科では、以前より一般的な小児外科疾患に対して日帰りまたは1泊2日といった短期入院で手術を行っています。

このページの一番上へ

■ 形成外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 等 16 0.1 4.2 0.0% 69.8
K333 鼻骨骨折整復固定術 12 0.9 1.9 0.0% 17.8
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満 等 11 0.9 6.6 9.1% 39.7
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 11 0.6 1.7 0.0% 24.7
K287 先天性耳瘻管摘出術
-
-
-
-
-

形成外科で最も多い手術は、眼瞼下垂手術です。2番目に多いのは鼻骨骨折に対する整復固定術です。

■ 小児科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの 等 20 0.0 52.9 5.0% 0.0
K7151 腸重積症整復術 非観血的なもの 等 19 0.0 2.0 0.0% 1.0
K300 鼓膜切開術 14 1.6 4.0 0.0% 0.9
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 等 11 0.0 33.6 0.0% 0.0
K2762 網膜光凝固術(その他特殊なもの)(一連につき)
-
-
-
-
-

手術ではありませんが、出生時に呼吸不全に陥っている状態を新生児仮死といい、全出産の約10%に起こります。口腔内の羊水を吸引し、刺激を行い呼吸しやすくします。

呼吸状態が安定しない場合は、マスクとバッグまたは気管内挿管をして人工呼吸を行います。また、重症新生児仮死では全身の臓器障害を合併するため、それに対して必要な治療を行います。

■ 皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 等 33 0.3 5.5 9.1% 75.1
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル以上6センチメートル未満
-
-
-
-
-
K0021 デブリードマン 100平方センチメートル未満
-
-
-
-
-
K0064 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径12センチメートル以上
-
-
-
-
-
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径3センチメートル未満
-
-
-
-
-

皮膚科入院患者さんで最も多い手術は、皮膚悪性腫瘍の切除術です。

■ 血液内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 11 20.7 5.2 0.0% 56.0
K7432 痔核手術(脱肛を含む。)(硬化療法(四段階注射法によるもの)
-
-
-
-
-
K654 内視鏡的消化管止血術
-
-
-
-
-
K758 腎周囲膿瘍切開術
-
-
-
-
-
K154-3 定位脳腫瘍生検術
-
-
-
-
-

ハイケア棟3階には7床(平成27年5月より1床増床)からなる無菌病棟があり、急性白血病や骨髄異形成症候群などへの強力化学療法、さらに悪性リンパ腫・多発性骨髄腫に対する自己末梢血幹細胞移植の安全な施行に威力を発揮しています。

このページの一番上へ

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群
同一
異なる
180010 敗血症
同一
172 0.9%
異なる
62 0.3%
180035 その他の真菌感染症
同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症
同一
160 0.9%
異なる
21 0.1%

感染症および合併症の発生率を示したものです。当院では、細菌感染が重症化した敗血症の緊急入院件数が多くなっています。
「手術・処置等の合併症」の多い症例としましては、透析患者さんに発生するシャントの狭窄・閉塞等などへの治療となっています。

このページの一番上へ

更新履歴

2017/09/29
指標 『年齢階級別退院患者数』を掲載
2017/09/29
指標 『診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)』を掲載
2017/09/29
指標 『初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数』を掲載
2017/09/29
指標 『成人市中肺炎の重症度別患者数等』を掲載
2017/09/29
指標 『脳梗塞のICD10別患者数等』を掲載
2017/09/29
指標 『診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)』を掲載
2017/09/29
指標 『その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)』を掲載

このページの一番上へ