TOP > 医療関係の方 > 地域医療連携 > 地域医療支援病院について

地域医療支援病院について

飯塚病院は平成17年4月1日付で、『地域医療支援病院』となりました。

地域医療支援病院とは

 地域の医療機関の医師(開業医など)によって、より詳しい検査や、入院・手術などの専門的な医療が必要と判断された患者さん(紹介患者さん)に対して、適切な医療を提供することを目的とした県知事の承認を受けた病院です。

 他にも、「24時間体制で救急医療を提供すること」、「地域の医療機関との連携を図り、高額医療機器・入院ベッド・手術室などを共同で利用できる体制をとること」、「地域の医療従事者の資質向上を目的とした研修を行うこと」なども地域医療支援病院の重要な役割となっています。

患者さんへ

  1. 初診の患者さんは、お近くの病院・診療所からの『紹介状』をご持参ください。 紹介状には、それまでの治療経過や使用している薬の内容などが書かれているため、紹介状の内容をもとに適切な治療を行うことができます。
  2. 地域の病院・診療所からの紹介患者さんが入院された場合、当院の担当医師と紹介医が、共同で診療にあたることができます。
  3. 急性期の治療が終わって病状が安定したら、お近くの病院・診療所をご紹介します。 ご遠慮なくご希望を担当医にお申し出ください。
  4. 休日や夜間、急病など緊急の場合は、24時間体制の救命救急センターで診療いたします。

地域医療連携の図

上記のように「紹介外来制」を基本としますが、救急の場合は、休日、夜間を問わず遠慮なくご来院下さい。

-飯塚病院ではこれを機会に、これまで以上に地域の医療機関との連携の強化に努め、また研修会の充実などによる医療の質の向上を図ることで地域の皆様へより良い医療を提供できるように努力して参ります。皆様方の今まで以上のご助言とご理解をお願い致します。-