飯塚病院 外科

外科 > ご利用のみなさんへ > 各疾患のご説明と当科の取り組み > 胃がん

各疾患のご説明と当科の取り組み

胃がん

胃がんとは

 胃がんは、胃の壁の最も内側にある粘膜内の細胞が、何らかの原因でがん細胞になって無秩序に増殖を繰り返すことで生じます。
 胃がんの原因は未だ不明ですが、一般には“ヘリコバクターピロリ菌”・“過剰な塩分摂取”・“喫煙”の3つの要因が有力であると考えられています。
 早期の胃がんでは症状が無いことが多く、代表的な症状としては、胃の痛み・不快感・違和感、胸やけ、吐き気、食欲不振などがありますが、これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍(いかいよう)の場合でも起こります。嘔吐や貧血、食事がつかえる、体重が減るなどの症状は、多くの場合、進行がんとなった段階で現れます。しかも胃がんには確実な予防法は無く、早期診断・早期治療のみが最良の対処法です。
 胃がんの場合、転移の無い早期がんが発見されてから、近くにある大腸や膵臓などの周辺臓器への広がりや他臓器への転移を来し始めるがんに発育するまでの期間は、おおよそ3年と推測されています(がんの種類によりその速度は異なります)。この転移の無い早期がんの時期に発見し、適切な治療を行えば根治可能です。定期的(年1回が理想)に人間ドック、中でも胃内視鏡検査を積極的に受け、早期診断・早期治療に繋げることで胃がんから身を守るよう努めましょう。

当院での胃がん治療

 胃がんの治療法には、内視鏡的治療・外科的手術・化学療法(抗癌剤治療)などがありますが、胃がんの進行状態により選択できる治療法が異なります。転移の可能性が極めて低い早期の胃がんでは、内視鏡による治療が可能です。一方、転移がある、またはその可能性がある場合の胃がんでは、外科的手術・化学療法といった治療が選択されることになります。
 地域がん診療連携拠点病院である飯塚病院では、治療経験豊かなスタッフを中心に、主に内視鏡的治療・外科的手術・化学療法に加え、緩和ケアといった治療を行っています。

  • 内視鏡的治療
    胃カメラを使用して、がんを体の中から取り去る治療法で、主に早期の胃がんに対して行われます。当院では、国内のガイドラインに沿った基準・方法を用いて、消化器内科が治療を担当しています。
  • 外科的手術
    内視鏡的治療の適応外で、他臓器への転移がない進行状態(主にstage I~IIIまで)の胃がんに対して行われます。当科では毎年100例以上の胃がん手術を行っています。
    当科で行っている外科的手術の4割前後は、体への負担が少ない内視鏡を使用しての手術(内視鏡手術)にて行っており、手術後の回復も早く、質の高い外科治療が実現できています。
    また、当科には、日本内視鏡外科学会が内視鏡手術に関する高い技術を持つ医師として認定する「技術認定医」が2名在籍しており、安全性の高い内視鏡手術を提供しています。
  • 化学療法
    多臓器に転移がある場合や、周囲臓器に広がりがあり手術で切除できないと判断された場合に行われます。ほとんどの場合、外来での通院治療が可能です。 現在では、抗癌剤治療にも複数の方法が開発・証明されるなど進化していますが、抗癌剤のみでがんを治癒させることは難しく、進行を緩やかにすることでの延命効果や外科的手術との併用などの目的としても適用されます。
    当科では、日本がん治療認定医機構が認定する「がん治療認定医」を中心に、他科の医師・看護師・がん薬物療法認定薬剤師などとチームとなり、がんの薬物治療においてもチーム医療の主体となって治療を行っています。
  • 緩和ケア
    末期症状に対する苦痛の緩和に限らず、がんと診断された時より精神的な苦痛の緩和も含めてケアを行うものです。
    当科を最初に受診された際には、がんであることを告知されていない方もおられるため、精神的な苦痛に関するケアから始まります。当科では緩和ケア科とともに患者さんやご家族へのケアを行っております。

 当科では、まずは早期発見、早期治療、そして、できる限り患者さんにやさしい低侵襲治療(体への負担が少ない治療)を心がけるとともに、進行した状態にある場合に関しても、集学的な治療を駆使して再発を防ぎ、さらに生活の質が維持できるような治療を行っていきたいと考えております。

2017年6月
文責:古賀 聡

診療実績

■ 胃がん切除症例数 推移
胃がん切除症例数 推移
■ 当科の位置づけ

胃がん手術 九州・沖縄ランキング

※2015年の手術数『手術数でわかるいい病院2017』
(週刊朝日MOOK)より引用改変

胃がん手術 九州・沖縄ランキング:第3位
その他の実績についてはコチラをご覧ください

このページの一番上へ