飯塚病院 外科

外科 > ご利用のみなさんへ > 各疾患のご説明と当科の取り組み > 肝臓がん

各疾患のご説明と当科の取り組み

肝臓がん

肝臓がんとは

 肝臓は病気になっても自覚症状が出にくいことから「沈黙の臓器」と言われています。そのため、肝臓がんを発症した場合も全く症状が出ないことが多く、発見から5年後の生存率が最も低いグループに含まれるがんです。また、他の臓器への転移は比較的少ないのですが、治療しても時間が経つと肝臓の中に再発する確率が非常に高いことが挙げられます。
 肝臓がんは、その6割くらいがB型かC型肝炎ウイルスに持続感染している方に発症しており、肝臓がんの予防には、B型とC型肝炎の検査を受けることが重要です。
 近年、新しい薬や治療法の確立により、肝炎ウイルスの治療や病状コントロールが可能になり、発癌の確率を下げることができるようになりました。一方で、肝炎ウイルスに感染していないのに肝臓がん(非B非Cの肝臓がん)になる方が増えている現状があります。その背景には、他のがん疾患同様、飲酒・糖尿病・肥満などの生活習慣に関係する要因や高齢化などがあります。

当院での肝臓がん治療

 肝臓がんの治療法には、外科的治療として肝移植と肝切除が、内科的治療としてラジオ波焼灼術、血管塞栓術、動注療法、分子標的薬投与などがあります。しかし肝臓がんの進行状態、肝臓の予備能力により選択できる治療法が異なってきます。
 例えば切除を行うとしても、肝臓は生命維持に不可欠な臓器であり、全摘することはできません。どれだけの容量の肝臓を切除できるのか(どれだけ残さないと生きていけないか)が肝臓の予備能力であり、一方でがんの大きさ、個数、場所が腫瘍側の因子となり、この2つのバランスで治療法を選択します。
 最も治療成績が高いのは肝移植です。しかし、国内の臓器移植を取り巻く状況を鑑みると、治療の第一選択とするのは困難です。
 地域がん診療連携拠点病院である飯塚病院では、治療経験豊かなスタッフを中心に、内科的治療・外科的手術に加え、放射線治療・緩和ケアといった治療を行っています。

  • 内科的治療
    がんの勢いを抑えていくための治療として「肝動注閉塞療法」、外科的手術のように見つかったがんを残さない治療として、電極針を刺してがんを焼く「ラジオ波焼灼療法」があり、進行状態に応じて、この二つを組み合わせて実施することもよくあります。
    当院では、国内のガイドラインに沿った基準・方法を用いて、肝臓内科が治療を担当しており、2015年度の肝がんラジオ波焼灼術の治療実績は全国35位でした(手術数でわかるいい病院2016 朝日新聞出版)。
  • 外科的手術
    がんを含めた肝臓の一部を切り取るもので、移植を除くと最も確実な治療法です。肝臓の機能が良く、がんの数が少ない場合、癌が大きい場合に適応となります。
    当科では毎年100例近くの肝臓がん手術を行っています。その中で3割弱を、体への負担が少ない腹腔鏡手術で行っています。傷が小さく手術後の回復も早いため、今後ますますの普及が望まれますが、一方で肝臓の手術は危険と隣り合わせであり、安全性の確保は重要な課題であります。
    確実かつ安全にがんを取り除くことが手術の目指すところであり、各学会のガイドラインを尊守しつつ、徐々に腹腔鏡手術の適応を広げているところであります。
    当科は、日本肝胆膵外科学会の高度技能専門医修練施設A(福岡県下に5施設、全国に111施設※)に指定されており、同学会が認定する「肝胆膵高度技能指導医」が2名(全国に642名※)在籍しています。年間100例前後の手術実績を持つハイボリュームセンターとして、質の高い外科治療を提供しています(肝胆膵外科手術全国36位:手術数でわかるいい病院2016 朝日新聞出版)。

※ いずれも2017年2月現在

 肝臓がんは、がんの発生母地となる基礎疾患(ウイルス性肝炎や生活習慣病など)への治療、がんの再発率の高さ、がん治療法の選択、肝硬変に合併する他の疾患(食道静脈瘤や腹水など)への治療など、他の臓器のがんと比べると複数の診療科と連携したより横断的な治療が必要とされます。
 当科では、まずは確実かつ安全な手術を、そして、できる限り患者さんにやさしい低侵襲治療(体への負担が少ない治療)を心がけています。
 また進行した状態にあっても、技術、経験を駆使し、延命につながる可能性がある限りは積極的治療へ挑戦します。

2017年6月
文責:皆川 亮介

診療実績

■ 肝がん切除症例数 推移
肝がん切除症例数 推移
■ 当科の位置づけ

肝がん手術 九州ランキング

※2015年の手術数『病院の実力 2017総合編』
(読売新聞社)より引用改変

肝がん手術 九州ランキング:第5位
その他の実績についてはコチラをご覧ください

このページの一番上へ