飯塚病院 外科

外科 > ご利用のみなさんへ > 各疾患のご説明と当科の取り組み > 肝胆膵外科について

各疾患のご説明と当科の取り組み

肝胆膵外科について

肝胆膵外科とは

日本肝胆膵外科学会の認定制度 肝臓・胆道・膵臓に関する外科手術を担当する領域です。肝臓・胆道・膵臓の外科手術は、消化器外科手術の中で、特に難易度が高いといわれています。この難しい手術を安全に、かつ確実に行うことのできる外科医と病院を日本肝胆膵外科学会が認定しています。

【日本肝胆膵外科学会:市民向けホームページ】
http://www.jshbps.jp/modules/public/index.php?content_id=1

当科での肝胆膵外科について

■ 当科は「日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設(A)」です。

 日本肝胆膵外科学会では、各施設で行われる「高難度肝胆膵外科手術(※)」の年間症例数に基づき、設定した基準値を上回る実績を残している施設に対して、「日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設」の認定を行っています。

【認定基準】
高難度肝胆膵外科手術を
  年間50例以上行っている施設を修練施設(A) 全国111施設  
  年間30例以上行っている施設を修練施設(B) 全国106施設 (2016年12月現在)
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設(A)認定証 高度技能修練施設(福岡県内)
【施設A】
久留米大学病院
九州医療センター
九州大学病院
飯塚病院
新古賀病院
【施設B】
北九州市立医療センター
福岡大学病院
福岡市民病院
九州がんセンター
JCHO九州病院
小倉記念病院
(2016年12月現在)

※「高難度肝胆膵外科手術」とは、膵頭十二指腸切除・膵体尾部切除術・肝葉切除・肝区域切除 など、日本肝胆膵外科学会が指定した手術のこと

■ 当科には「肝胆膵高度技能指導医」が2名在籍しています(全国に640名)。
梶山 潔 副院長 兼 外科統括部長
梶山 潔
副院長 兼 外科統括部長
皆川亮介 肝胆膵外科部長
皆川亮介
肝胆膵外科部長
(2016年12月現在)
■ 当科は9年連続、膵頭十二指腸切除術(PD)のHigh volume center(年間20例以上)です。
■ 当科は日本胆道学会指導施設です。

2018年3月
文責:梶山 潔

診療実績

■ 肝切除術数(疾患別) 推移
肝切除術数(疾患別) 推移
■ 膵切除症例数(術式別) 推移
膵切除症例数(術式別) 推移
■ 当科の位置づけ

肝胆膵がん手術 九州・沖縄ランキング

※2015年の手術数『手術数でわかるいい病院2017』
(週刊朝日MOOK)より引用改変

肝胆膵がん手術 九州・沖縄ランキング:第5位
その他の実績についてはコチラをご覧ください

このページの一番上へ