WE DELIVER THE BEST -まごころ医療、まごころサービス それが私たちの目標です-

ドック・健診メニュー

膵臓がんドック

膵臓・胆嚢・胆管疾患の早期発見のために

予防医学センターでは、膵がん等の膵臓・胆嚢・胆管疾患の早期発見を目指した超音波内視鏡検査(EUS)を行っています。

膵臓がんは、日本全国で1年間に約41,000人が診断されます。男女別にみると男性では1年間に約21,200人、女性では約19,800人とやや男性に多い傾向があります。50歳ごろから増加しはじめます。血縁のある家族に膵臓がんになった人がいること、糖尿病や慢性膵炎、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)にかかっていること、喫煙などが、膵臓がんを発生するリスクを高めることがわかっています。がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。しかし、膵臓がんについては、現在、指針として定められている検診はありません。気になる症状がある場合には、医療機関を早めに受診することをお勧めします。(参考文献: 国立がん研究センターがん情報サービス 膵臓がん 基礎知識)

胃の変形や腹部手術等で超音波内視鏡検査(EUS)で観察困難な部位の検査も、磁気共鳴画像診断(MRI)※Gコースに含まれていますと組み合わせることで観察可能となり、より高い精度で検査が行えます。

膵臓がんドック(コース・料金表)

膵臓がんドック各コースは、「人間ドック」に追加できます。

詳しくはお問い合わせください。

検査項目 (スタンダード)
Sコース2
「人間ドック」と同時申し込みの場合
(スタンダード)
Sコース1
(ゴールド)
Gコース
(必須)超音波内視鏡検査(EUS)
(必須)腹部超音波検査
「人間ドック」に含まれています
磁気共鳴画像診断(MRI検査)※1
料金(税込み) 27,500円 33,000円 66,000円

※1 胃の変形や腹部手術による超音波内視鏡検査(EUS)観察困難部位を観察可能です。

膵臓がんドックGコースには、●胃内視鏡検査15,400円(税込み)●腫瘍マーカー(CA19-9)2,200円(税込み)を追加できます。

対象年齢:75才以下の方

以下の方は検査できない場合がありますので、必ず事前にお問い合わせください。

●超音波内視鏡検査(EUS):心臓疾患、脳血管障害、呼吸器疾患治療中の方

●てんかん治療中の方、抗てんかん薬内服中の方

●磁気共鳴胆管膵管撮影(MRI):動脈瘤クリップを装着されている方、心臓人工弁を装着されている方、人工骨頭を装着されている方、手術や事故などにより、体内に金属異物を有している方、妊娠中の方(可能性のある方)、狭いところが苦手な方、刺青(入れ墨)・刺青による眉・アイライナー(使用されている鉄粉に反応しやけどをすることがあります。)

  

「超音波内視鏡検査(EUS)」とは?

1)超音波内視鏡検査(EUS)とは先端に小型の高解像度超音波検査装置を取り付けた特殊な内視鏡を使い、内視鏡検査の手技を用い消化管内部より膵臓・胆嚢・胆管を観察する検査です。

2)CTや腹部エコーといった体外からの検査と違い、体内の胃や十二指腸といった膵臓、胆嚢、胆管と隣接する臓器から検査するため、それらの臓器が非常に良く観察できます。そのため小さな病変も発見可能です。

3)超音波検査ですのでX線の被爆が有りません。

4)内視鏡検査と同じように行います。鎮痛鎮静剤を使用した検査ですので、眠っているうちに検査が受けれます。

「超音波内視鏡検査(EUS)」で見つかる病気

膵臓

膵がん、慢性膵炎、膵のう胞性疾患など

胆嚢

胆のう腫瘍、胆のう結石、胆のうポリープなど

胆管

胆管がん、総胆管結石など

検査の流れ(人間ドックと同時にお申し込みの場合)

ご予約から検査前日まで
ご予約
お電話、ファックス、メール等でお問い合せください。
最終的な予約は電話にて確定させていただきます。
 
必要書類の送付・お受取
10日程前に必要書類をお送り致します。
 
問診票記入・採便(痰)
便はできるだけ前日または当日にお取りください。
特に夏場は検査日の前3日以内にお取りください。
喀痰細胞診をご希望の方は、前日までに痰をお取りください。
前日の食事は夜9時までにお済ませください。
詳細は事前にお送りする書類に記載しております。
大切なことが記載されていますので、よくお読みください。
検査当日
受付
検査当日は、薬剤の影響が残るため、自動車、バイク、自転車の運転はできません。
8時00分にお越しください
 
検診衣へお着替え
検診衣へ着替えていただきます。必要に応じて、カーディガンやソックスをお持ちください。
採尿・採血・身体測定
磁気共鳴画像診断(MRI)
検査がスタートします。(左図をご参照ください)
胸部X線撮影検査
※当日、検査の流れを記載した個人ファイルをお渡しいたしますのでご確認ください。
心電図検査・胸囲測定
※オプション検査は随時、検査担当者よりご案内いたします。(10時以降を予定しております)
※厚生労働省に提出する「特定健診問診票」がございますので、お手すきの際にご記入ください。
腹部超音波検査
医師の診察
検査データが揃いましたら、医師の診察を受けていただきます。※膵臓検査は後日結果郵送となります。
上部消化管検査
超音波内視鏡検査(EUS)
後日
結果のご通知(郵送)
検査結果に医師および保健師のコメントを記載して、ご自宅へお送り致します。
1週間から10日でお送りしておりますが、検査内容(病理検査等)によりましては、2~3週間程要します。
◆血液検査の異常値に関しては数値が赤字で表記されます。また、基準値を超える場合、H(High)のマークが記載され、基準値よりも低い場合にはL(Low)のマークが記載されます。
◆精密検査や治療が必要な方へは「紹介状」を同封いたします。
◆各検査項目の内容につきましては結果票と共に説明の書類を同封いたしますので、そちらをご参照ください。
また、結果の内容でご不明な点は、ご遠慮なくお尋ねください。

実施日・時間

  • 膵臓がんドック:月・水・木・金(平日)8:00~13:00

お申込先(事前のお申込が必要です)

電話:0948-29-8009(直通) 予約受付時間:平日10:00~16:30