TOP > 受診案内 > 患者さんへのお知らせ > 当院にて平成24年4月1日~平成27年9月30日までに、出産を行った妊婦さん方へ

患者さんへのお知らせ

当院にて平成24年4月1日~平成27年9月30日までに、出産を行った妊婦さん方へ

 当研究の対象者として該当される方にお知らせ致します。対象とされることを希望されない場合や疑問点などがありましたら、お手数ですが下記連絡先までご連絡ください。

【研究タイトル】

 当院で出産した特定妊婦およびその出生児の転帰調査

【研究背景・目的】

 女性にとって妊娠・出産は最も大きなイベントであるといっても過言ではありません。妊娠・出産から子育ての一連の過程において本人はもとより周囲のサポートを要します。また一方で経済や社会情勢の変化に伴って妊婦さんを取り巻く環境も変化しており、妊娠や子育てのあり方も変化しています。近年、特定妊婦という妊娠中から更なる積極的な養育サポートが必要とされる妊婦さんがいるとされていますが、その実態報告は皆無に等しい状況です。
 本研究では当院で過去に出産された方を対象に、妊婦さんの年齢・健康状態や検診の受診状況と、出生後の妊婦さんと健康状態ならびに出生児の来院状況について調査を行います。

【研究期間】

 この研究期間は平成27年12月倫理員会承認後から、平成28年12月31日までです。

【研究対象】

  • 対象期間:平成24年4月1日から平成27年9月30日までに出産をした妊婦さん。
  • 対 象 者 :当院にて出産を行った妊婦さんと、その出生されたお子さん。
  • 取得情報:診療録から母体の妊娠・分娩状況と、出産後の妊婦さんの経過ならびに出生されたお子さんの出生時の状況や
           来院状況についての情報を抽出 。

【研究方法】

 妊婦さんや出生したお子さんのデータ(年齢・妊婦健診の受診状況・出生状況・健康状態・生活習慣・保険種別・医療ソーシャルワーカーの介入状況)を診療録に基づいて検討します。
 さらに特定妊婦にあたる妊婦さんとそうでない妊婦さんそれぞれでエジンバラ産後うつスケール・健診の受 診状況・予防接種の受診状況・地域保健師の訪問状況・救急外来受診状況・養育状況を比較検討します。

【研究対象となる患者さんへの利益・不利益】

 過去のデータを利用しますので、直接患者さんの利益・不利益となることはありません。

【利益相反について】

 外部からの資金提供はありませんので、利益相反はありません。

【個人情報の取扱い】

 研究の際の個人情報の取り扱いは、研究チームの個人情報管理者により厳重に管理され、外部への研究発表の際には患者さん個人を特定する情報は含まないようにして行います。研究の対象となることを望まない旨の申し出があった場合には、ただちに研究対象から除外します。

【研究組織】

  • 研究責任者:飯塚病院 小児科 部長 岩元 二郎
  • 研究分担者:飯塚病院 小児科 酒井 さやか、栁 忠宏、冨田 舞、八戸 由佳子、向井 純平、海野 光昭、大矢 崇志、
                        後藤 麻木、辻岡 寛、神田 洋

【問い合わせ先】

〒820-8505
福岡県飯塚市芳雄町3-83
飯塚病院 小児科 医師 酒井 さやか
TEL:0948-22-3800(代表)