TOP > 受診案内 > 患者さんへのお知らせ > 当院にて平成27年7月1日~平成27年12月31日までに、精神科外来を受診され、医師の診察前に薬剤師と面談をされた方へ

患者さんへのお知らせ

当院にて平成27年7月1日~平成27年12月31日までに、精神科外来を受診され、
医師の診察前に薬剤師と面談をされた方へ

 当研究に該当する方で、参加することを希望されない場合や疑問点などがありましたら、お手数ですが下記連絡先までご連絡ください。

【研究タイトル】

 精神科における薬剤師外来の導入と処方提案・検査オーダー提案を指標とした評価

【研究背景・目的】

  現在、薬物治療の有効性・安全性の向上や医師の負担軽減などの取り組みとして、薬剤師は精神科外来で患者さんへのお薬説明、効果や副作用の確認、医師への処方支援、他の医療スタッフへの薬剤情報提供などを行っています。近年、精神科疾患に対する薬物療法は進展し、以前に比べて外来で治療を行えることが多くなっています。そのため、今後も外来治療において、薬剤師が患者さんの薬物治療の有効性・安全性の向上に努めていくことは重要と考えられます。
 今回は、薬剤師が精神科外来においてチーム医療の一員として薬物治療に関わり、患者さんと面談して医師への処方提案や検査実施提案の支援を行うことで、患者さんに処方される薬剤に対する有効性・安全性の向上に貢献できているかを明らかにすることを目的とする研究です。

【研究期間】

 この研究期間は倫理委員会承認後~平成28年12月31日までです。

【研究対象】

  • 対象者数:約150名。
  • 対象期間:平成27年7月1日~平成27年12月31日。
  • 対 象 者:当院精神科外来を受診され、医師の診察前に薬剤師と面談をされた患者さん。
  • 取得情報:受診時に行われる薬剤師の処方提案・検査実施提案、患者さんの転帰(カルテの経過記録内容、処方歴、
           検査歴より)。

【研究方法】

 精神科外来において行われる薬剤師の処方提案、検査実施提案、また、患者さんの転帰を調査します。薬剤師の処方提案や検査実施提案の実施状況、また、患者さんの転帰を調査・検討することで、安全で適切な薬物治療が可能であるかについて検証します。使用する患者さんのデータは、カルテの経過記録内容、処方歴、検査歴です。

【研究対象となる患者さんへの利益・不利益】

 本研究の結果によって、利益・不利益はありません。

【利益相反について】

 特定の企業や団体との利益相反はありません。

【個人情報の取扱い】

 調査させていただいた患者さんの情報は、個人が特定できないコード番号等で取り扱い、統計的に処理されます。患者番号や患者さんのお名前などの個人的な情報は含まれず、また外部に漏れることは一切ありません。収集した情報は、この研究以外に使用することはありません。研究に使用する情報は院内のパソコンに保管し、外部には持ち出されません。研究データは、本研究結果が学術論文に掲載された後、紙媒体の資料はシュレッダーで破棄し、電子データは完全に消去されます。今回の調査結果は、学会発表や雑誌などに使用されることがありますが、患者さんの個人を特定できる情報は一切公開されません。個人情報管理責任者は薬剤部 牛島 悠一です。

【研究組織】

  • 研究責任者
  • 飯塚病院 薬剤部 薬剤師 牛島 悠一
  • 研究分担者
  • 飯塚病院 薬剤部 薬剤師 進 健司
  • 飯塚病院 薬剤部 薬剤師 梅田 勇一
  • 飯塚病院 薬剤部 薬剤師 草野 充裕
  • 飯塚病院 薬剤部 薬剤師 内田 守次
  • 飯塚病院 薬剤部 薬剤師 金澤 康範

【問い合わせ先】

〒820-8505
福岡県飯塚市芳雄町3-83
飯塚病院 薬剤部 牛島 悠一
TEL:0948-22-3800(代表)