飯塚病院 医学研究推進本部

医学研究推進本部 > 職員の紹介

職員の紹介

医学研究推進本部部長 (消化器内科部長)

赤星 和也 医師

自己紹介

Dr赤星

 医学研究推進本部の赤星和也です。
 専門は消化器病学で、特に内視鏡を使った診療とその研究に力をいれています。
 私は今まで新しいコンセプトの超音波内視鏡や内視鏡手術の新デバイスなどを内視鏡メーカーと共同開発し、それらを用いた当院独自の質の高い内視鏡診断や治療を患者さんに提供し、その臨床成績を論文にまとめ、国際的な医学雑誌に発表してきました。我々が日々行っている医療業務から生み出された新事実や有用な工夫も医学論文として報告しなければ、個人の知識として終わってしまいます。ぜひ論文化して、世界中の人々とその貴重な新知見をシェアし、社会に貢献すべきと考えています。
 私は医学研究推進本部の一員として、当院の皆さんが臨床研究や論文執筆活動がしやすくなる様、環境整備に微力ながら頑張りたいと思います。

略歴

1986年 鹿児島大学医学部卒業
1994~1997年 九州大学医学部第3内科助手
1997年~ 麻生飯塚病院消化器内科部長、現在に至る。

研究歴

1)医学博士(九州大学、1993年)

博士論文題名:Regional lymph node metastasis in gastric cancer: evaluation with endoscopic US.
Radiology 1992:182:559-564.

2)研究領域

内視鏡機器やデバイスの開発(ESD新デバイスClutch Cutterの考案者)
Clutch Cutterを用いた内視鏡治療に関する研究
GISTの早期診断に関する臨床研究
超音波内視鏡検査に関する臨床研究
新しい内視鏡治療法の考案とその臨床研究
EUS-FNAに関する臨床研究

3)学会活動

Strategy Associate Editor in Chief of "World Journal of Gastrointestinal Endoscopy (WJGE)"
日本消化器内視鏡学会学術評議員
日本消化器病学会評議員

このページの一番上へ

医学研究推進本部部員 (呼吸器外科部長)

大﨑 敏弘 医師

自己紹介

Dr大崎

 医学研究推進本部々員の大崎敏弘です。

 飯塚病院に勤務して5年目になりますが、この病院が他と大きく違う(良い意味で)と感じることは臨床研究に対する支援が充実していることです。

 やる気さえあれば、臨床研究も論文作成も、さらにはそれを指導する者に対しても病院から経済面も含めた十分な支援を得ることが可能です。

 医学研究推進本部の一員として、大学や公的病院、研究機関ではできない地域の基幹病院として独自の臨床研究に医師や職員の方が取り組める環境を充実させていきたいと思います。

略歴

1986年 産業医科大学卒業
その後、呼吸器外科医として
産業医科大学第2外科、北九州市立医療センター、済生会福岡総合病院を経て
2007年4月 飯塚病院勤務

研究歴

・大学:肺癌の遺伝子からみた悪性度の評価と微小転移の研究
・飯塚病院:臨床を中心として肺癌外科治療、低侵襲手術を臨床研究課題にしています。

このページの一番上へ

医学研究推進本部部員 (心臓血管外科部長)

内田 孝之 医師

自己紹介

Dr内田

 医学研究推進本部の内田孝之です。

 医師として20年以上、基本的なスタンスは常に一外科医としての技術追求が主体であった自分にとって、論文作成があまり得意ではなく、博士号、専門医、指導医と資格取得に何とか必要なハードルをやっとクリアしてきた程度ですので、研究部部員として勤まるのか半信半疑のままお手伝いをさせていただいている状態ではあります。

 しかしながら、いかにうまく手術をしようかと外科治療、手術手技を考え続ける内に、やはり外科分野での臨床研究の重要性を徐々により強く意識し始めた時期でもありましたので、飯塚病院全体の研究体制への貢献とともに自分自身を一つアップグレードすることができればと思っております。

略歴

1988年 九州大学医学部卒業
その後、国家公務員共済組合浜の町病院、
九州大学病院、福岡市立こども病院にて臨床研修を終了
九州大学心臓血管外科、松山赤十字病院、飯塚病院で勤務の後、
九州大学にて4年ほど研究生活を送り、その後、再度、松山赤十字病院を経て
2002年1月より飯塚病院へ勤務しております。

研究歴

 大学では心臓移植と関連してマウスモデルでの移植免疫、特に異種移植における急性拒絶反応を中心に研究を行いました。

 現在は臨床一本で、心臓血管外科全般の手術手技に関してまだまだ発展途上ですが、主には当院に多いハイリスク高齢者に対応すべく心臓大血管手術における低侵襲手術を臨床研究課題にしています。

このページの一番上へ

医学研究推進本部部員 (薬剤部

梅田 勇一 薬剤師

自己紹介

 薬剤部の梅田勇一です。

 私は現在、薬剤管理指導業務と医薬品情報室(DI室)を兼任しています。

 ベッドサイドで薬の効果・副作用の確認や医薬品に対する疑問や不安への対処、処方システムの医薬品マスタの管理や医薬品に関する種々の問い合わせへの対応等を行っています。また、平成22年より感染対策チーム(ICT)の一員として、薬剤部内での手指衛生に関する勉強会や看護師への消毒薬の勉強会等を行ってきました。

 医薬品は、患者さんの腎機能等に応じて投与量や投与間隔を細かく調節する必要があるものが多数あります。特に、抗MRSA薬については、血中濃度から適切な投与方法を推奨し、抗菌薬の適正使用の推進等、薬物治療に貢献できるよう努めています。

 今後も、臨床薬学全般、薬物治療関連の研究活動を行い医療技術の発展に貢献できるよう頑張りたいと思います。

略歴

2002年3月 徳島文理大学薬学部卒業
2004年3月 徳島文理大学大学院修士課程修了
2004年4月 飯塚病院薬剤部に勤務しています。

研究歴

 大学院では、愛媛大学医学部附属病院薬剤部にて研修を行いながら、主に糖尿病とうつ病の関連性に関して動物実験や処方動向を調査する研究を行っていました。
現在は主に感染対策と感染症治療分野の研究を行っています。

このページの一番上へ

医学研究推進本部部員 (診療情報管理室サブマネージャー)

古賀 秀信 検査技師

自己紹介

古賀検査技師

 診療情報管理室の古賀と申します。

 入社以来現場で臨床検査をする傍ら、疑問を研究・発表することをモチベーションに、現場の臨床検査技師として務めてきました。循環器疾患、生活習慣病やその関連検査(心電図・エコー・血管)が専門です。それ以外にも統計学・疫学や品質管理にも興味があり、大学院修了後は臨床と直結した臨床統計学、臨床疫学、医療の「質」の管理にも力を入れていきたいと思っています。

 今回、医学研究推進本部に在籍することになり身の引き締まる思いですが、飯塚病院から素晴らしいエビデンスが発信されるような研究が生まれることを願い、微力ながら貢献していきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

略歴

1995年3月 九州大学 医療技術短期大学部 衛生技術学科 卒業
1995年4月 (株)麻生 飯塚病院 入社 中央検査部へ配属
2008年4月 久留米大学大学院 医学研究科 修士課程 入学
2010年3月 久留米大学大学院 医学研究科 修士課程 修了

研究歴

 ■ 医科学修士  論文名:採血検査所見と在院日数・医療費との関連

 ■ 過去の主な研究・発表テーマ
    ・ 心電図診断・鑑別診断(特に急性心筋梗塞、心筋症)
    ・ 超音波検査(心・血管分野)
    ・ 心電図と心エコー所見との関連
    ・ 臨床検査値とその予後や診断精度(臨床疫学)

このページの一番上へ