飯塚病院 栄養部

栄養部 > 栄養スタッフの一押しニュース

栄養スタッフの一押しニュース

>> 一押しニュースバックナンバーへ

ミキサー食

 飯塚病院のミキサー食についてご紹介したいと思います。

 ミキサー食とは、咀嚼(かむ力)と嚥下(飲み込む力)が困難な患者さんを対象とし、やわらかめの食事をミキサーにかけたものを言います。
 食材をミキサーにかけるためには水分が必要な食材が多いため、その水分として当院では豆乳を使用し栄養価を落とさないように工夫しております。
 また、食材によっては、ミキサーにかけたままでは水分が多い状態のものもあり、そのまま食べると誤嚥の恐れがあります。そのような場合には、「増粘材」を使用しとろみを調整します。
 昼食時に提供される基本が下の写真です。


 また、クリスマスやお正月といった季節の行事に合わせて、ミキサー食の患者さんでも食べやすい手作りデザートを提供し、患者さんに季節を感じて頂くようにしています。
 3月は雛祭りの行事食として、ひしもちプリンを提供しました。


 このようにミキサー食は工夫されて患者さんに提供されています。

文責:仲島美穂・瀬戸山夏実

このページの一番上へ