飯塚病院 栄養部

栄養部 > 栄養スタッフの一押しニュース

栄養スタッフの一押しニュース

>> 一押しニュースバックナンバーへ

ひな祭りの行事食

 3月3日 ぽかぽか陽気のひなまつりを無事迎えることができました♪
 飯塚病院では、常食の方にちらし寿司を提供いたしました!

 病院ではちらし寿司はなかなかでないと思います。普段提供できないものがこういった行事で行事食として提供でき患者さんの反応がとても気になりました。

ちなみになぜひな祭りには定番の華やかな料理が並ぶのでしょうか?

 それにはちゃんと意味がありました!
 女の子の成長を願うひな祭りで主に有名な料理といえば
ちらし寿司

  • ハマグリのお吸い物
  • ひなあられ
  • ちらし寿司
 をすぐ想像することができると思います。

 まずハマグリのお吸い物から説明します。
 ハマグリの貝殻はぴったりと対になっています。この事から仲の良い夫婦を表し、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた料理です。
 次にひなあられは餅に砂糖を絡めて炒った、ひな祭りの節句の代表的な和菓子のひとつです。ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表していると言われています。でんぷんが多く健康に良いことから「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。
 最後にちらし寿司はそのものにいわれはありませんが、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具が祝いの席にふさわしく、三つ葉、卵、人参などの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなったようです。

 ひな祭りの行事食を調べてみて料理一つ一つに親が我が子を大切に思う素敵な由来がありとても愛情のこもった行事なんだなと実感できました♪

文献:食生活について
文責:吉田 美咲

このページの一番上へ