飯塚病院 栄養部

栄養部 > 栄養まめ知識

栄養まめ知識

>> 栄養まめ知識バックナンバーへ

甘味料について

 最近「カロリーゼロ」や「糖質0」、「糖質Off」と標記されている食品が増えてきたように感じます。糖尿病・肥満・虫歯などの予防のために、砂糖の代替品として添加物(甘味料)が使用されています。甘味料には下記の様な種類があります。表示を見て、どのようなものが使用されているか確認してみましょう。

アスパルテーム

 アスパラギン酸とフェニルアラニンという2種類のアミノ酸が結合してできたものです。甘さは砂糖の約200倍で、さわやかな甘さが特徴です。
 使用対象食品:ダイエット食品、清涼飲料水、菓子など

アセスルファムカリウム

 酢酸由来のジケテンを原料として製造されます。砂糖の約200倍の甘味があり、生体内で利用されないためノンカロリー甘味料として使用されています。
 使用対象食品:砂糖代替食品、菓子、清涼飲料水、漬物、つくだ煮など

カンゾウ抽出物(カンゾウエキス、グリチルリチン、リコリス抽出物)

 マメ科カンゾウや同属植物の根や根茎を粉砕又は水で抽出したもので、さらにそれを精製したものがグリチルリチンです。甘さは砂糖の約200倍で、塩味を和らげる塩なれ効果や旨味出し効果があります。
 使用対象食品:しょう油、みそ、漬物、つくだ煮、清涼飲料水、魚肉ねり製品、氷菓、乳製品など、広範囲に使われています。

キシリトール

 樹木などから抽出したキシランを加水分解して得られたキシロースに水素添加して得られます。甘味度、カロリーとも、ショ糖と同程度の甘味料です。虫歯にならず歯を丈夫にする機能を持つことから、特定保健用食品(チューインガムなど)に使用されています。
 使用対象食品:チューインガム、キャンデー、ジャム、焼き菓子など

サッカリン、サッカリンナトリウム

 砂糖の500倍という、極めて強い甘味が特徴です。
 使用対象食品:漬物、粉末清涼飲料、魚介加工品、しょう油、つくだ煮、煮豆、ビン詰、缶詰など

ステビア(ステビア抽出物、ステビア末、ステビオサイド、レバウディオサイド)

 南米原産のキク科ステビアの葉を粉砕又は水で抽出したもので、さらにそれを精製したものがステビオサイドまたはレバウディオサイドです。甘味は砂糖に近く、甘さは砂糖の約250~350倍です。
 使用対象食品:ダイエット食品、清涼飲料水、菓子など

D-ソルビトール(ソルビトール、ソルビット)

 ブドウ糖を還元して作られます。甘さは砂糖の約60%です。
 使用対象食品:保湿性や安定性などの特性を持つため、煮豆、つくだ煮、生菓子、冷凍すり身などに使われます。

文責 石原 希予美

参考文献:東京都福祉保健局ホームページ
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/shokuten/kanmiryo.html

このページの一番上へ