飯塚病院 栄養部

栄養部 > 栄養まめ知識

栄養まめ知識

>> 栄養まめ知識バックナンバーへ

旬の野菜、大根を食べるコツ

立派な大根 日に日に寒さが増し、スーパーには夏よりも立派なサイズの大根が
並ぶようになってきました。
 今月はその大根の栄養を、もれなく食べるコツをお伝えします。

選び方

 まずは選び方です。ハリがあって色がさえているもの、そして、葉がついているものを選ぶことがポイントです。
 葉が切り落とされて売られていることが多いですが、実は葉の部分に栄養が豊富に含まれています。
   大根の栄養

保存方法

 葉に栄養が吸い取られてしまうので、購入したらすぐに葉と根を切り離しましょう。

ビタミンを効率よく食べるには

食事 ビタミンには水に溶ける水溶性、油に溶ける脂溶性があります。水溶性ビタミンにはビタミンB郡・Cは水に長時間さらされることで、水にと溶けだしてしまいます。そのため、生で食べてもおいしい根の部分は、大根おろしやサラダにして食べることがおすすめです。
 そして栄養豊富な葉も、もれなく食べることがお勧めです。
 小松菜やほうれん草のように茹でておひたしに、細かく切って雑魚や鰹節と一緒にごま油で炒めてご飯のお供にするのはいかがでしょうか。
 3食の食事にビタミンを加えて、寒くなってくるこの季節を元気に過ごしましょう!

参考文献:健帛社 食品学Ⅱ

このページの一番上へ