飯塚病院 栄養部

栄養部 > 栄養まめ知識

栄養まめ知識

>> 栄養まめ知識バックナンバーへ

ひな祭り

 3月3日は、ひな祭り♪
 ひな祭りに食べる食べ物と言われて思い浮かぶのは、一体どのような物でしょうか。ちらし寿司に、はまぐりのお吸い物、それにひなあられや菱餅あたりでしょうか?しかし、これらの食べ物をひな祭りに食べる理由や由来について、詳しく知っているという方は意外と少ないのではないかと思います。ひな祭りに食べる食べ物の由来や意味について調べてみました。

ちらし寿司

 諸説ある様ですが、平安時代より桃の節句には現在のお寿司の起源とも言われている「なれ寿司」に、海老や菜の花を載せて彩をよくして食べられていたようです。それが現代に受け継がれていくうちにより豪華でより見栄えのするものを求めるようになり、ちらし寿司へ変化していったと言われています。ちらし寿司の具にも意味があり、海老には「腰が曲がるまで長生きしますように」蓮根には「先が見通せるように」豆には「健康でマメに働く」といった具合です。


はまぐりのお吸い物

 はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。このことから、仲の良い夫婦を表し、「一生一緒の運命の人と出会って夫婦仲良く過ごせるように」という願いが込められた縁起物です。


ひなあられ

 ピンク・緑・黄・白の4色でそれぞれの四季を表していると言われています。でんぷんが多く健康に良いことから「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。


菱餅

 3色にはそれぞれ、赤は魔除け、白は清浄、緑は健康という意味があり、さらに「雪が溶け(白)大地に草が芽生え(緑)、桃の花が咲く(赤)」という意味が込められています。
 ひな祭りならではの縁起のいいメニューを取り入れて、末永い健康と幸せを願ってみてはいかがでしょうか?


文責 渡邉 美穂

参考文献:やずやの食と健康研究所
http://yazuken.com/eating/hina/no002.html
http://sk-imedia.com/hinamatsuritabemono-5923.html

このページの一番上へ