飯塚病院 麻酔科

文字サイズ

飯塚病院

スタッフ紹介

当科について

スタッフ紹介

尾崎 実展

尾崎 実展(オザキ ミノブ)

 当院が臨床研修を開始した平成元年に研修医として飯塚病院勤務が始まり、研修終了後は麻酔科スタッフとして働いています。いつの間にか研修医のお父さん的年齢に達している自分にいささか驚いてしまいますが、日々新鮮に麻酔業務を行っています。
 現在、術後鎮痛を充実すべくPOPS(postoperative pain service)チームづくりに励んでいます。将来的にはAPS(acute pain service)として術後に限らず、急性痛に幅広く対応出来るよう拡充したいと思っています。
 手術麻酔のみならず病棟にも麻酔科医の力が必要です。若い皆さんの力をお待ちしています。
 また、ビデオスタイレット挿管では第一人者の自負がありますので、技を伝授します(笑)!
 趣味はスキーですが、ライフワークバランスも当院麻酔科は良いと思います。今シーズン滑走日数27日(予定)!

田平 暢恵

田平 暢恵(タヒラ ノブエ)

 予定症例だけでなく、救命救急センターから脳神経外科・心臓血管外科・外傷などなど、その他緊急手術症例も多く大変ですがやりがいもあります。
 難しい症例にもどんどんチャレンジさせてもらえる環境ですので、一緒に頑張っていただける方、大歓迎です。

内藤 智孝

内藤 智孝(ナイトウ トモタカ)

 平成16年に九州大学を卒業し、当院研修医を経て、平成20年より麻酔科スタッフとして働いています。
 日本麻酔科学会専門医、JB-POT認定試験合格、日本DMAT隊員、新生児から100歳超の高齢者麻酔、心臓麻酔や超緊急帝王切開、ショックバイタルの急患手術など、幅広く、奥深い麻酔を経験できます。それを指導するスタッフも充実、熱い指導が待っています。それだけではありません。手術はチーム医療です。外科医、麻酔科医、コメディカルのコミュニケーションが大事です。発言できる環境の中で、議論を尽くして、手術に臨みます。
 ソフトに加え、ハードも充実しており、エコーガイド下での血管穿刺、末梢神経ブロックなど積極的に取り入れ、3D経食道心エコーも早くから導入しています。快適な環境で修練を積むことができます。

濱井 優輔

濵井 優輔(ハマイ ユウスケ)

 2019年4月より飯塚病院で働かせて頂いている濵井と申します。
元々福岡県出身ですが、一度関西に出てからそろそろ地元に戻ろうとした際に飯塚病院を見学させて頂きました。その際に症例の幅広さもですが、自分の思ったことをさせて頂ける環境と感じました。
 実際に入職してからも、やりたいことを色々とさせて頂きながら、それに対する事前計画やその後の経過などについて議論を重ねられる環境で楽しく働いております。
 また症例や患者層の幅が広いことや、硬膜外麻酔や神経ブロックなど術後鎮痛にも力を入れていることから、改めて麻酔管理の難しさや面白さを感じながら勉強しております。
 麻酔科として成長しながら、患者様に少しでも質の高い安心・安全・快適さを提供できるように精進して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

添田 亜友

添田 亜友(ソエダ アユ)

 私は佐賀大学を卒業後に小倉の市中病院で初期研修を行い、2022年4月より飯塚病院麻酔科で後期研修をさせて頂いています。飯塚病院には数多くの診療科があり、幅広く症例を経験できます。
  また、手術麻酔だけではなく、ICU管理やペインクリニック、緩和ケアなど、興味がある分野への将来に向けての選択肢が用意されていることも魅力的でした。さらに、女性として不安に感じていた、出産や子育て等のライフイベント関しても、気軽に相談できる温かさがあります。
 実際に飯塚病院で働いてみて、様々なことに挑戦でき、熱心な指導を受けることができる環境が整っており、非常に充実した毎日を過ごしております。
 患者さんに寄り添い安全で安心な麻酔を提供できるよう、日々勉強し成長して参りたいと思います。
 麻酔に少しでも興味がある方は是非一度見学にお越しください、お待ちしております!

添田 浩史

添田 浩史(ソエダ ヒロフミ)

 2020年に佐賀大学を卒業して他院で初期研修を修了したのち、2022年より飯塚病院に勤務させていただいている添田浩史と申します。豊富で幅広い症例を経験できること、そして地元での医療に貢献できることからこの病院を志望しました。
 実際に働いてみると、麻酔関連機器が非常に充実していることや、安全に対して組織全体で取り組む空気が印象的です。
 また麻酔科内でのサポートが充実していたり、麻酔科スタッフだけでなく、外科、コメディカルの方々とコミュニケーションがとりやすいなど外からではわからない色々な魅力に気づきました。日々の業務は忙しいですが、オン、オフがしっかりしており毎日新たな気持ちで勤務に臨んでいます。
 まだまだ勉強することも多いですが、患者さんにとって安心安全な医療を提供するため若さを生かして頑張ります!

ページの先頭へ戻る