飯塚病院TOP > 看護部 > 飯塚病院のナースの「リアル」 > 病棟 > 南2A病棟

飯塚病院のナースの「リアル」

病 棟

南2A病棟

病棟紹介

小松看護師長

看護師長
小松加寿子
病床数
48床
スタッフ数
看護師:33名、クラーク:2名、
ナースエイド:2名、メッセンジャー:AMのみ 1名
勤務形態
病棟
2交替制 日勤:12名、準夜:3名、深夜:3名、遅出:1名
病棟透析室
日勤看護師:3名、遅出:1名(午後透析患者数により変動)
病棟の特殊性は?
腎臓内科、総合診療科、膠原病・リウマチ内科、漢方診療科からなる内科混合病棟です。
腎臓内科では透析療法を遅らせるために、患者自身の管理が重要となります。病棟では慢性腎臓病患者さんを対象に、看護師・栄養士・薬剤師と連携を図り腎臓病教室を開催しています。また腎代替療法である、血液透析・腹膜透析も行っています。
膠原病・リウマチ内科では、生物学的製剤の導入などの治療も行っています。
総合病院では漢方診療科は珍しく、全国各地から来られる患者さんもいます。漢方薬の調整や和漢食を主とした日常生活の改善に取り組んでいます。
病棟の現在の活動で紹介したいことや全体で取り組んでいることは?
他病棟で腹膜透析患者さんや血液透析患者さんが入院した場合は当部署と関わることになりますので、よろしくお願いします。
最後に一言!
患者さんにこの病棟に入院してよかったと感じていただけるような、看護を提供できるようスタッフと協力しております。