飯塚病院TOP > 看護部 > 飯塚病院のナースの「リアル」 > 病棟 > 東4階病棟

飯塚病院のナースの「リアル」

病 棟

東4階病棟

病棟紹介
石飛看護師長
看護師長
上野理恵
病床数
38床
スタッフ数
看護師:28名、クラーク:2名、
ナースエイド:2名、メッセンジャー:1名
勤務形態
2交替制
日勤 8:30~17:00  ロング勤務 8:30~19:30
夜勤 19:00~8:30  遅出 11:00~19:30
病棟の特殊性は?
  • 消化器内科:主に胃がん・大腸がんに対する内視鏡的手術・膵がん・胆管がんなどによる胆管炎・胆石・総胆管結石に対する内視鏡的処置 ポリープ切除術・食道静脈瘤に対する硬化療法 消化管出血・憩室炎・潰瘍性大腸炎・クローン病等
  • 神経内科:脳梗塞回復期でのリハビリ・日常生活自立支援 神経難病の精査等
病棟の現在の活動で紹介したいことや全体で取り組んでいることは?
主に消化器内科的治療や処置後・また消化管出血等が招くショック時の対応のシミュレーションをACLS委員が中心となりスキルの向上に努めています。また、セル看護提供方式®を取り入れ、出来るだけ多くの時間、病室内で、患者さんの側で看護を実施し異常の早期発見や転倒予防に努めています。現在、認知症ケアにも力をいれ、レクレーションを実施し認知症の患者さんの寂しさや不安をなくし笑顔を取り戻す看護を実施しています。
常に患者さんにとっての価値は何かを考えながら看護の質を上げる事、また時間外を減らす、各科の医師やコメディカル・認定看護師・専門看護師・病棟看護師などによる勉強会も自部署で開催するなど意欲的に楽しく働ける環境構築にも取り組んでいます。
最後に一言!
毎年、「なりたいナースになるために」夢と希望を抱いて新人ナースがやってきます。しかし現実は、多くの苦しみ悲しみを抱えた患者さんのこと、また自分自身の無力さに直面したとき戸惑いが生まれつらい現実を叩き付けられる事でしょう。しかし私たち看護師はお互いを思い合い、助け合うことを知っています。一人じゃない事を実感できますし、くじけない心を仲間にもらいます。そのくじけない心はまた同じような現実に直面した仲間を助け、更に優しさを足して引き継がれていきます。そうして誇り高きなりたいナース達になって行くのだと思います。やさしく、元気いっぱいの病棟です!