飯塚病院 心臓血管外科・大動脈疾患治療センター

心臓血管外科・大動脈疾患治療センター > ご利用の皆様へ > 主な病気・治療について > 下肢静脈瘤

主な病気・治療について

下肢静脈瘤

 血液の流れには心臓から出て行く動脈と心臓に戻る静脈とがあります。動脈は心臓の拍動と血管の緊張によって作られる血圧という力によって流れます。これに対して静脈は血圧が極めて低いため、血液はこの静脈血圧だけでは重力に逆らって心臓に還ることができません(図1)。そのため静脈内には、逆流を防止する弁が逆流防止の役目をし、これで血液は一方通行になります(図2)。静脈瘤とは、この静脈弁不全による静脈圧の上昇により静脈が伸展・屈曲し、膨れ、肥厚したものです(図3)。下肢の静脈には、深部静脈、表在静脈、交通枝があり、静脈瘤の原因として、表在静脈の壁や弁の脆弱に起因するもの(一次静脈瘤)、深部静脈の還流障害が原因で起こるもの(二次静脈瘤)があります。

図1、図2、図3

傾向と要因

 男性と女性では、女性の方が多く、男性の2~4倍の頻度です。発症は女性では20~30歳代、男性は40~50歳代での発症が多いとされています。加齢とともに血管組織の老化によって逆流防止弁の機能不全がおこるため、年齢と共に頻度は増える傾向にあります。女性の場合、下肢静脈瘤の40~50%が妊娠を契機として発症し、出産回数が増えるほど発症するリスクが増すとされています。妊娠による体循環血液量増多、胎児にて下腹部が圧迫されることによる骨盤内静脈うっ血が原因とされ、また女性ホルモンのエストロゲン・プロゲステロンの血管平滑筋-弛緩作用が関与することも示唆されています。ある調査では、妊娠した女性の約1割に下肢静脈瘤が認められたとの報告もあります。女性特有のコルセットやガードルの締め付けが悪化因子とも言われています。また長時間立っているような仕事(医者や看護師・理容師・調理師・店員・教師など)の人が、この疾患に比較的かかりやすいといわれています。また遺伝的要因もあげられており、母親に静脈瘤がある方の場合はその子供、特に娘に静脈瘤ができやすいとも言われています。 

検査

 視診やドップラー血流計での逆流の確認に加えて、下肢静脈超音波カラー・パルスドプラー法等の画像診断を組み合わせて診断し、治療方針を決定します。

治療

下肢静脈瘤の治療方法としては、保存的治療と手術治療があります。

保存的治療

 弾性包帯や弾性ストッキングを着用して患肢を圧迫することで表在静脈の拡張が押さえられ、血液の逆流が減少し、症状の改善が得られます。メリットとしては、

  1. 低価格
  2. 履くだけなので、日常生活の中で続けられる
  3. 手術をする必要がない

こと等が挙げられます。しかしその反面、

  1. 保険がきかない
  2. 履いている間しか効き目がなく、中止すると症状が再発する
  3. あくまで静脈瘤の進行予防と症状コントロールのための方法であり、静脈瘤自体は治ることはない
  4. 履くのが大変で、夏場などは暑い

 弾性ストッキングに関しては、患者さんそれぞれの症状、状態に適する色々なタイプのものがありますので、 心臓血管外科医師または 弾性ストッキングコンダクター(福村看護師)にご相談ください。

手術治療

硬化療法、ストリッピング手術、レーザー手術があります。

1. 硬化療法

 硬化剤という薬剤を静脈瘤内に注入し、圧迫することで静脈を閉塞させる治療法です。網目状やくもの巣状などの比較的小さな静脈瘤や他の治療で残った静脈瘤等には有効ですが、伏在型等の大きな静脈瘤に対しては単独では再発率が高く、後述のストリッピングや結紮等の外科的処置と併用が必要です。術後、数か月間は色素沈着といって皮膚が黒ずんできたりすることがあります。

2. ストリッピング手術

 2箇所程度の切開で治療対象の静脈内を露出させて、ストリッパーというワイヤーを通し、血管を結びつけて抜去する手術です。 この術式は、下肢静脈瘤に対して根治性は高く、再発率は低いことが特徴です。しかしながら侵襲が大きいため通常は全身麻酔や下半身麻酔(腰椎麻酔)が必要で、入院が必要な事が多いです。手術の傷も残りますし、血管周囲の伏在神経障害を来たし下肢の軽いしびれや知覚鈍麻が残ることがあります。

3. 血管内レーザー焼灼術

 治療対象の静脈内にファイバーと呼ばれる細い管を通して、先端から照射されるレーザー光で静脈を凝固・閉塞させる治療法です。細い針を刺すだけなので傷口が小さく目立たず、全身麻酔も不要で、合併症も少なく、体のダメージが少ない低侵襲な手術です。入院も必要ありません。熱で焼灼するため術後に皮下出血や違和感や痛みを認めることがありますが、ストリッピング手術に比べると軽いものです。手術翌日の診察で問題なければ車の運転や事務仕事は可能ですし、家事などの日常生活であれば手術当日から、シャワー浴や立ち仕事も3日目から可能です。2011年から保険適応となったこともあり、当院では2012年1月からレーザー治療を、2014年9月からは日帰りでのレーザー治療も開始しております。さらに2015年度からは術後の痛みや皮下出血がさらに少ない1470nmレーザー装置での治療も開始しました。もちろん、お一人お一人で静脈瘤のタイプや程度は異なり、レーザー治療が不向きな方もおられますので正確な診断を行い適切な治療法を選択するのが重要です。

レーザー治療に向いている症例、向いていない症例

向いている
  • 抗凝固薬(ワーファリン(R) 、エリキュース(R)など)や抗血小板薬(バイアスピリン(R) 、パナルジン(R) 、プラビックス(R)など)を服用している方
  • 術後(高位結紮術)の再発の方 ・高度の肥満の方
向いていない
  • 対象静脈が太い方
  • 解剖学的制約がある方(対象静脈の蛇行や瘤状変化があるなど)

このページの一番上へ