飯塚病院 心臓血管外科・大動脈疾患治療センター

心臓血管外科・大動脈疾患治療センター > ご利用の皆様へ > 主な病気・治療について > 末梢動脈疾患

主な病気・治療について

末梢動脈疾患

 手足の血管に動脈硬化が起こることで、血管が狭くなったり詰まってしまうことで十分な血液を供給できなくなってしまう(虚血、循環障害)病気です。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病や肥満、喫煙などから動脈硬化は起こりますが、高齢化や食生活の欧米化などから近年閉塞性動脈硬化症にかかる方が増えてきています。動脈硬化は手足の血管だけでなく全身の血管に起こるため、脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクが高くなります。

症状は?

 初期には冷感やしびれがある程度ですが、進行すると歩行障害が出現してきます。この歩行障害は間欠性跛行と言い、ある距離を歩くと筋肉に痛みが出現するものの、しばらく休むと痛みがなくなってまた歩くことができるという典型的な症状です。階段や坂道を昇ると症状が出やすく、病気がすすめば歩ける距離も短くなっていきます。更に進行すればじっとしていても痛みが出現する安静時痛や手足の皮膚がただれて穴が開いてしまう(潰瘍)、皮膚や筋肉、骨などが血液不足のため死んでしまう壊疽などの症状が出現します。安静時痛や潰瘍・壊疽はまとめて重症虚血肢といわれ、適切な処置を施さなければ足を切断しなければならなくなる場合もあります。

検査は?

 まずは問診、患部の診察(皮膚や筋肉の状態の観察、触診や超音波血流計での動脈の拍動のチェック)を行い、必要に応じて以下の検査を追加します。

  1. 足関節上腕血圧比
    (ABI: ankle brachial perssure index)
    足関節と上腕の収縮期血圧の比で、この値が低い場合、閉塞性動脈硬化症をおこされている可能性が高いと思われます。また数値が低ければ低いほど、重症であると考えられます。
  2. 運動負荷試験(トレッドミル)
    回転するベルトの上を歩行してもらい、間欠性跛行の症状が出現するまでの時間や歩行距離、検査前後でのABI値の変化などを調べることで、重症度を判断します。
  3. 血管エコー
    超音波をあてて血管の性状や狭窄・閉塞部分の同定、その程度などを調べます。さらにカラードプラー法などを応用して、血流パターンなども検査することができます。
    超音波は体に無害で、痛みもないため、閉塞性動脈硬化症の診断だけでなく、経過観察や治療後の効果判定などのためよく行われます。
  4. 造影CT検査
    造影剤というお薬を点滴しながら体にX線をあてて、動脈の形態を画像化し、狭窄や閉塞部位を評価します。
    短時間で鮮明な画像が得られ、3DCTという3次元構築した画像処理も可能です。ただし、造影剤にアレルギーのある方や腎不全の方では、使用することができません。
  5. MRI 検査
    磁気を利用して血管を描出して画像化する検査です。
    X線を使用せず、造影剤を使用しなくても検査可能という利点がありますが、検査に時間がかかるのと、強い磁気を使用するためペースメーカーや除細動器等を体内に植え込まれている方は一部の方を除いて検査できません。
  6. 血管造影検査
    血管内にカテーテルという細い管を通して、患部の血管に直接造影剤を注入しながらX線をあてて血管の形態を評価します。血管に針を刺す必要がありますが、最も精密な画像が得られます。

治療は?

  1. リスクファクターの改善
    禁煙はもちろん、肥満や高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病をコントロールすることは治療の第一歩として推奨されています。
  2. 薬物療法
    血流を改善するために、抗血小板薬や血管拡張薬が用いられます。これでも症状が改善しない場合や悪化する場合、もしくはすでに重症虚血肢の状態になってしまっている場合には、血行再建術を検討します。
  3. 血行再建術(血管内治療、バイパス手術)
    重症虚血肢では、血行を良くして下肢の切断を回避する血行再建術を行う必要があります。血行再建の術式には、血管内治療とバイパス手術があります。血管内治療とは、血管内にカテーテルを通して狭いところや詰まっているところを内側からバルーンという風船で広げたり(図1)、ステント(図2)という金属で出来た筒の様なものをおいて再度狭窄や閉塞を起こさないようにします。一方、バイパス手術は足の静脈や人工血管を使って、流れの悪い血管の代わりになる新たな血液の迂回路(バイパス)をつくり血流を改善します(図3) 。
    血管内治療は皮膚を大きく切開することなく、局所麻酔下に行えるため体への負担が軽いですが、病変の部位や範囲などによってはバイパスの方が有効なこともあり、お一人お一人に最適な治療方法を選択する必要があります。複雑な病変によっては、血管内治療とバイパス手術を組み合わせたハイブリッド治療という選択肢もあります。当院では血管内治療は循環器内科が、バイパス手術は心臓血管外科が担当していますが、毎朝合同でカンファレンスを行い、適切な治療法を検討しています。

実際の治療症例

 66歳 男性 6ヶ月前にできた両足の潰瘍が治癒せず、当院に紹介されました。

 両足とも足趾に壊疽をきたしておられました。

 両足にいく動脈が根元から高度に狭窄しており、左は太ももの部分の血管にも狭い部分がありました。いずれもバルーンでの拡張とステントで良好な血流が得られました。

 血管内治療で血流は良好になりましたが、両下肢の膝下には狭窄・閉塞病変が残存しており、足趾の潰瘍も治癒が得られませんでした。そこで足の静脈を使用して、左右の太ももからくるぶしのあたりの血管にバイパスを作成しました。

最終的に両足ともかかとは残して、傷もなおり、歩いて自宅に退院することができました。

このページの一番上へ