飯塚病院 心臓血管外科・大動脈疾患治療センター

心臓血管外科・大動脈疾患治療センター > ご利用の皆様へ > 主な病気・治療について > 虚血性心臓病

主な病気・治療について

虚血性心臓病

 心臓は24時間休みなく動く臓器ですが、筋肉組織であり、心臓自身も血液の供給を受ける必要があります。このために心臓表面に冠動脈という血管が張り巡らされています。
 この冠動脈が動脈硬化などのため狭窄あるいは閉塞をきたし、心臓の筋肉(心筋)に十分血液が流れない(虚血)状態が虚血性心臓病です。
 主に高度狭窄、一時的閉塞が原因で一時的な虚血が生じる状態が「狭心症」で、発作は5分程度が多く、長くても30分以内でニトログリセリンが有効です。
 これに対し、主に冠動脈の持続的完全閉塞が原因で心筋の壊死が進行する状態が「心筋梗塞」で30分以上続く激しい痛み、さらに冷汗、嘔吐を伴うことも多くニトログリセリンは効果がありません。

心筋梗塞の合併症

 心筋梗塞は以下に示すようなさまざまな合併症を伴う可能際があり、一刻も早い治療が必要です。また合併症が発生した場合には、それぞれに対して手術を含めた治療を検討・施行することとなります。

  1. 不整脈
  2. 重症心不全(心臓機能低下)
  3. 心破裂
  4. 心室中隔穿孔
  5. 急性僧帽弁閉鎖不全
  6. 心室瘤

虚血性心臓病の治療

 狭窄、閉塞した冠動脈による冠血流低下の改善には、カテーテル治療、冠動脈バイパス術があります。

 カテーテル治療は循環器内科が担当していますが、近年のデバイスの進歩から、治療成績は向上し、カテーテル治療の割合も増加しています。
 しかし、複雑病変、多枝病変、糖尿病症例、さらにカテーテル手術では術後必須の投薬治療が困難な症例においては、バイパス手術の方が有効性が高いことが報告されております。
 さらに弁膜症、大動脈疾患、不整脈(心房細動)合併の虚血性心臓病の場合、合併疾患まで含めた根治性の高さでバイパス手術に利点があることも多くなります。
 現在当院及び他院循環器科の判断でご紹介頂いた症例に対応していますが、個々の症例の細かな手術法に関してより退院後長期間を見据えた、質の高い術式選択を心がけています。
 また、上述した心筋梗塞合併症に対しては弁膜症手術、左室修復術が必要なこともありその場合には当科で手術を担当させていただいています。

冠動脈バイパス術

 天皇陛下が受けられた心臓の手術として一躍有名になった手術です。
 虚血性心臓病の治療として、冠動脈の狭窄あるいは閉塞病変の先に血管をつないで血液を流し、心筋への血瘤を改善する治療です。
 冠動脈バイパス術に用いる血管(グラフト血管)は以下のとおりです。

  1. 内胸動脈(胸の内側の動脈)
  2. 胃大網動脈(胃の周囲の動脈のひとつ)
  3. 橈骨動脈(前腕の動脈)
  4. 大伏在静脈(下肢の静脈)

 当科では可能な限り、術後に投薬不要な動脈グラフトを用いていますが、静脈グラフトを用いる場合は採取時に極力傷を小さくするために内視鏡による静脈採取術を行っています。

 冠動脈バイパス術は、従来、人工心肺という、自己の心臓の肩代わりをする装置を取り付け機械による全身循環の維持を行い、心臓を止めて吻合していました。
 しかし人工心肺使用による全身ダメージや合併症を回避低減するために、当科では極力、特殊な道具を用いて心臓は拍動したまま、吻合部分のみ心臓の動きを制限し吻合を行う、心拍動下冠動脈バイパス手術を導入しています。最近は単独冠動脈バイパス術では80%以上の患者さんに対して心臓を止めないバイパス術を施行しています。

このページの一番上へ