飯塚病院 心臓血管外科・大動脈疾患治療センター

心臓血管外科・大動脈疾患治療センター > 当科について > トピックス

トピックス

心臓弁膜症における新しい術式(MICS)のご紹介

 2016年より、当科では新規術式として1)MICS僧帽弁手術、2)自己心膜(心臓を包む膜)を用いた大動脈弁形成術、3)皮下植込み型除細動器手術の導入を行っています。今回はこの内、1)MICS僧帽弁手術についてご紹介いたします。
 MICS僧帽弁手術は心臓弁膜症、特に僧帽弁疾患に対する術式の改良として主に右側胸部の小切開で行うもので、小さな創で行い、胸骨も切らないため回復も早い術式です。もちろん手術の際に十分な視野は必要ですので、他の外科領域では広く普及している内視鏡を併用して行います。

MICS(Minimally Invasive Cardiac Surger y ; 低侵襲心臓手術)について

 通常、心臓手術は胸の真ん中の皮膚、胸板(胸骨)を切開し(図1)、心臓を露出して行います。この胸骨を全く切らずにあるいは半分だけ切って行う手術がMICSです(図2)。
 この手術では創が目立たない、身体への負担が小さい、早期の退院や社会復帰が可能といった利点があります。このため創が目立たないようにしたい方、早く職場へ復帰したい方、身体を動かす仕事をしている方などには向いている手術です。

 もちろん、心臓手術はもとより周術期の死亡リスクを伴う手術であり、そのリスクを下げること、無事に完遂することが第一条件のため、小さな創であっても死亡率が上がるというようなことがないよう、万全の体制で手術を行っています。

このページの一番上へ