飯塚病院 心臓血管外科・大動脈疾患治療センター

心臓血管外科・大動脈疾患治療センター > 当科について > 外来・病棟の紹介 > 外来について

外来について

 心臓血管外科外来は、北棟4Fの14Aブロック内にあります。

 心臓血管外科外来では、大動脈瘤、下肢静脈瘤、虚血性心臓病・弁膜症手術前、ペースメーカ、術後再来などの外来を行っています。

 当科は、なるべくお待たせしないよう、また一人一人の患者さんへゆっくり話ができるよう状態に合わせた診察時間枠設定をしています。そのため、新患、再来も完全予約制で、事前予約をお願いしています。

 弁膜症、虚血性心臓病手術は、お一人お一人へ十分な説明を必要とするため、通常外来枠とは別に心臓手術外来として予約枠を設けています。

 動脈瘤患者さんは、かかりつけ医で偶然発見されて、受診するケースが多く、症状が無いため、受診に対して不安を抱えている方がいらっしゃいます。そのため、医師の診察前に、受診までの経緯を確認し、医師へ情報伝達しています。

 下肢静脈瘤では、日帰りレーザー手術も行っています。手術の有無に関わらず、治療用弾性ストッキング着用を勧めており、外来でサイズ合わせ、着用指導も行っています。手術までは考えていないという患者さんでも、ストッキングを着用するだけで、症状緩和はかなりの効果が期待できます。当科では看護師が弾性ストッキングのフィッティング、指導の資格を取得して適切なサイズ選択、着用の指導を心がけています。

 なお、当科では看護師も各疾患の診療治療ガイドラインを勉強し、患者さん一人一人に最適な診察予約の設定、看護を提供できるよう、またご質問に的確なお答えが出来るよう頑張っています。

 受診や当科疾患に関してのご質問、疑問があれば、まずはお気軽にお電話でお問い合わせください。

当科外来直通:0948-29-8819 または 0948-29-8024
(平日:9:00~17:00)

このページの一番上へ